ひな祭り

雛人形の処分の方法は?供養の必要性とその方法について

更新日:

雛人形を購入することがあれば、いずれ御役目御免となり処分する日も来ますよね。しかし、いざ処分するとなるとどうすればいいのかすごく悩みますよね。人形を処分する時は供養をしなければならないとよく聞きますが、本当に必要なのか、またその方法も分からないことがたくさんあるでしょう。

今回の記事では、

・雛人形の処分の方法
・雛人形の供養は必要?
・雛人形の供養の方法

についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

雛人形の処分の方法

雛人形の処分の方法はたくさんあります。また、雛人形に限らずその他の人型の人形やぬいぐるみなども同様です。ここでは処分方法の一例をいくつかご紹介します。

一般のゴミとして処分する

小さな雛人形であれば可燃ゴミ、大きなものであれば粗大ゴミとして処分することが出来ます。どれくらいの大きさから粗大ゴミ扱いになるのか、また回収費用はいくらかなどは地方自治体の規定によって違いますので、一度お住いの地域のホームページなどをチェックしましょう。

お寺や神社で供養する

お寺や神社に持っていくと雛人形を供養して処分して貰えます。雛人形は女の子に降りかかる厄を払う身代わりのような存在です。その雛人形が請け負ってくれた厄を浄化して貰い、感謝の念を込めて供養するといった考えの方も多いでしょう。
どこのお寺や神社でも雛人形を供養してくれるわけではないので、まず最寄りのお寺や神社に問い合わせてみましょう。

寄付する

雛人形を寄付する場所は意外にも多くあります。例えば、保育園や学校、障害者施設、NPO法人など様々です。近隣の施設で寄付の募集をしていなくても問い合わせてみて、寄付を志願してみるのもいいかもしれませんね。あなたが不要と感じている雛人形も必要としてくれる人がきっといます。また、一般の人から雛人形を募集して巨大ピラミッドとして飾るイベントなんかもあります。(鴻巣びっくりひな祭り公式HP http://kounosubina.main.jp/

ネットショップなどで売る

オークションやフリーマーケットで売る方法もあります。ただ、雛人形は有名な作者の物で尚且つ、保存状態のかなり良い物以外は高く売ることは期待しない方がいいですね。あくまで雛人形の処分代として雛人形を売るという程度に考えておきましょう。

スポンサーリンク

雛人形の供養は必要?

雛人形を処分する時の供養は必ずしもする必要はないと言えます。供養するかしないかはあなた自身の気持ちや信仰上どうするか、どうしたいのかということが大切です。日本では古来より「万物に精霊が宿る」という考えであったり、雛人形に限らず人形には魂が宿ると言われてきました。そして前項目の一部で述べたように雛人形は言わば、人間(女の子)に災いする厄を身代わりしてくれる物でしたね。

ですから「役目を終えた雛人形にその感謝の意を表して供養する」というのが供養する意味でもあります。もちろんお寺や神社で供養せずとも、「今までありがとう」という感謝の気持ちを人形に込めて、一般ゴミとして処分するのも問題ありません。雛人形のようにお祝いなどで使用した物を自分で処分する際には、白い紙に包んで塩で清めて捨てるという考えもありますがこれをするかしないかも当然自由です。

雛人形の供養の方法

前項目で述べたように雛人形の供養はお寺や神社で行ってくれます。しかし、供養を受け付けていない場所もあるので、まずは近隣のお寺や神社に問い合わせてみましょう。供養は基本的に有料で3,000円~5,000円程度で行ってくれます。人形の数や大きさなどによって料金が違うことが多いです。段ボールなどに雛人形を詰めて持っていきましょう。

近隣に供養して貰えるお寺や神社がない場合、郵送で供養を受け付けてくれるサービスを利用するのもいいですね。「一般社団法人日本人形協会」ではゆうパックで郵送すると、毎年10月頃に行われる東京大神宮の「人形感謝祭」で供養の代行をしてくれます。

ウェブから申し込むと郵送するための梱包する箱を送ってくれます。大きさは縦+横+高さが170cm以内で、尚且つ重量が30kg以内であれば一箱5,000円です。一箱で収まらない場合、追加料金として一箱2,000円かかります。

また、上記のサイズオーバーの物やガラスケース、ひな壇や人形以外の道具は受け付けていないので気を付けましょう。それらはご自身で粗大ゴミとして処分するようにしましょう。その他の詳細については一般社団法人日本人形協会の公式ホームページをご覧下さい。

(一般社団法人日本人形協会公式HPはこちら

まとめ

雛人形の処分方法は何も「捨てるだけ」が処分ではありません。誰かに譲ったり他の場所でまた使用して貰えればきっと雛人形も喜んでくれることでしょう。供養にするかしないかについて「はあなたの気持ち次第」です。供養しないことが間違いであるわけではないので、あまり深く考えなくても問題ないですよ。

ただ、一度はお世話になった雛人形なので感謝の気持ちを持って処分してあげるようにしたいですね。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-ひな祭り

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。