ひな祭り

ひな祭りの雛人形の意味は?名前と配置には決まりがある?

投稿日:

ひな祭りに雛人形を飾るのは一般的によく知られていますが、何故飾るのかはご存知でしょうか?雛人形のそれぞれの名前やどういった役があるのか、配置にはどういった決まりがあるのか色々と気になることもありますよね。子どもに雛人形について質問攻めされてもサッと答えられるようにしておくのもいいですね。

今回の記事では、

・ひな祭りの雛人形の意味
・ひな祭りの雛人形の名前
・ひな祭りの雛人形の配置

についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

ひな祭りの雛人形の意味

ひな祭りは女の子の無事や健康をお祝いする桃の節句という伝統行事であり、雛人形を飾るのは女の子に降りかかる厄を身代わりしてくれるという意味合いがあります。

雛人形は元々京都の平安貴族が人形で遊んでいたことが始まりで、その頃から紙で作った人形を川に流す「流し雛(ながしびな)」という習慣がありました。これは古来の中国で上巳の日(じょうしのひ 別名:桃の節句)に川で身を清め、不浄を祓った後に宴を催す風習から取り入れたものだとも言われています。

これらが合わさって江戸時代から明治時代の間に現代のような雛人形を「遊び」としてではなく、厄を払う「儀式」に近い形で飾るようになりました。

因みに雛人形の「雛」は小さくて可愛らしいという意味で、鳥の幼い子どもを「雛」と呼ぶのもこのことから来ています。雛人形には人間の女の子を雛に見立てている意味合いもあり、雛は古語で「ひいな」と言い、「ひいな人形」とも呼ばれていました。

ひな祭りの雛人形の名前

雛人形にはご存知の通り名前や身分などを表す役が決まっています。ではどのようになっているのか見てみましょう。

【内裏雛(だいりびな)】

親王と新王妃であり、天皇を表しているとも言われています。男性を男雛(おびな)、女性を女雛(めびな)と呼び、男女一対で「内裏雛」と言います。内裏雛の下には繧繝縁(うんげんべり)の分厚い畳が敷かれていて、男雛は立纓(りゅうえい)という日本の冠を被っているのが一般的です。

【三人官女(さんにんかんじょ)】

宮中に仕える女官(にょかん)三人のことを指します。よく見ると一人だけ眉毛が無く、お歯黒(歯を黒く塗る化粧)になっています。これは昔の既婚者の習わしであり、この女官が三人の中で年長者であることが分かります。また、1人だけ既婚者の設定にしている理由は、未婚者も既婚者も雛人形を飾っても良いとする表れでもあると言われています。

それぞれ手にもっている物は提子(ひさげ:酒を注ぐ物)・三方(さんぽう:供え物を乗せる台)・長柄(ながえ:酒を注ぐ物)と言い、婚礼の儀式で交わす盃(さかずき)に使用する道具です。

【五人囃子(ごにんばやし)】

日本の伝統文化である「能」の演奏者を表している五人です。それぞれ、謡(うたい)・笛(ふえ)・小鼓(こつづみ)・大鼓(おおつづみ)・太鼓(たいこ)の役割を持ち、で歌や楽器で宴を盛り上げる役です。

【隋身(ずいじん)】

内裏雛を警護する二人の武官です。それぞれ右大臣(うだいじん)と左大臣(さだいじん)言い、右大臣は若者であり男雛を護衛し、左大臣は年配者であり女雛を護衛します。左大臣が女雛の護衛を担当するのには理由があり、年配の男性であれば男女間の過ちを心配せずに、安心して役を任せられるからといった意味があります。

【仕丁(しちょう)】

宮中の雑務を務める三人一組の従者であり、衛士(えじ)とも呼ばれます。手には箒(ほうき)・塵取(ちりとり)・熊手(くまで)を持っています。京都風の雛人形では道具の内容が違い、立傘(たてがさ:日傘)・沓台(くつだい:靴を置く台)・台傘(だいがさ:頭に乗せる傘)を持っています。

また、三人とも違った表情をしていて怒り、泣き、笑いの喜怒哀楽を表しています。これは昔の仕丁は各地から宮中に集められた者であり、それぞれ違った心境があったからです。

スポンサーリンク

ひな祭りの雛人形の配置

雛人形の配置の場所は上段から前項目の様に順に並んでいます。

【最上段】

最上段に内裏雛を並べます。右側が男雛(向かって左側)、左側が女雛(向かって右側)の配置です。この配置は昔からの習わしでもあり、現在の婚礼の場でも同じですね。内裏雛の左右に雪洞(ぼんぼり)、二人の間に桃の花と桃花酒(とうかしゅ)を置き、二人の背後には金の屏風(びょうぶ)を立てます。

【上から二段目】

三人官女を向かって右側から提子・三方・長柄の順番に並べます。三人の間に高坏(たかつき)という食べ物を乗せる脚付きの台を配置し、その上に丸餅を乗せます。

【上から三段目】

五人囃子を向かって右側から謡・笛・小鼓・大鼓・太鼓の順番に並べます。右から見ると楽器の小さいもの順に配置する形になります。

【上から四段目】

隋身の二人を並べます。右大臣を男雛側(向かって左側)、左大臣を女雛側(向かって右側)に配置します。その他にもお膳の上に菱餅(ひしもち)を乗せて飾ります。

【上から五段目】

仕丁の三人を並べます。向かって右側から箒・塵取・熊手の順で配置し、京風の場合は同じく向かって右側から立傘・沓台・台傘の順番になります。その左右に右近の橘(うこんのたちばな)と左近の桜(さこんのさくら)を飾ります。右近の橘は向かって左側、左近の桜は向かって左側です。

【その他】

他の段や空いている場所にその他の道具を並べますが、ここでは例をご紹介します。

上から六段目は向かって右側から茶道具(昔の嫁入り道具)、丸火鉢、針箱、鏡台、挟箱と長持、箪笥(たんす)の順に配置します。

上から七段目は向かって右側から御所車(ごしょぐるま)、重箱、駕籠(かご)を配置して完成です。

雛段の段数や雛人形のセットによって道具や配置が違う場合もあります。雛人形の説明書があればそれを参考にしてみて下さい。

まとめ

雛人形のあれこれを見てきましたがいかがだったでしょうか。雛人形は女の子の厄を身代わりしてくれる存在でしたね。雛人形の準備は何かと大変ですが人形にもそれぞれ意味もあるので、お子さんと一緒にたくさんお話をしながら飾るのも楽しいですね。

段数の少ない物でも構いませんので縁起物なので雛人形を飾って、女の子の健やかな成長をお祝いしてみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-ひな祭り

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。