ひな祭り

ひな祭りのちらし寿司の意味と献立と苦手な場合のアレンジ

投稿日:

ひな祭りに食べる物と言えばちらし寿司ですね。名前の通り具材を「散らし」て酢飯に混ぜるだけで比較的簡単に作れますね。では、ひな祭りにちらし寿司を食べる理由をご存知でしょうか。また、ひな祭りの日の献立やちらし寿司が苦手な人でも食べやすい方法も合わせて見てみましょう。

今回の記事では、

・ひな祭りのちらし寿司の意味
・ひな祭りのちらし寿司の献立
・ひな祭りのちらし寿司が苦手な場合

についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

ひな祭りのちらし寿司の意味

ひな祭りは女の子の健康と無事を祈り、成長をお祝いする伝統行事です。そして、ちらし寿司はひな祭りに限らずお祝いの席でよく食べられる料理です。その理由は具材に縁起の良いとされる物がたくさん使用されているからなんです。例えば、海老は腰が曲がるほどの長寿を意味し、豆は健康でまめに働けるという意味、レンコンは先の見通しが効くなどの意味があります。

ちらし寿司には多くの具材を使用されていることから、成長しても食べる物に困らないといった意味合いも込められています。また、ひな祭りでは菜の花などの春らしさを表す具材も使用されます。

ちらし寿司の起源は少し曖昧な部分がありますが、平安時代に始まった「なれ寿司」が寿司の起源であり、「ちらし寿司」として一般に広まったのは江戸時代から明治時代と言われています。また、ちらし寿司にもいくつか種類があり、「江戸前ちらし」という海鮮丼に近いちらし寿司、生魚をランダムに配置する「ばらちらし」などがあります。ひな祭りでのちらし寿司は、五種類の具材を混ぜた「五目ちらし」を使用することが一般的です。

ひな祭りのちらし寿司の献立

ちらし寿司だけでなく、ハマグリのお吸い物や菜の花のお浸しもひな祭りでのオススメ料理です。春が旬の「桜鯛」も献立に加えると華やかになりますね。また、菱餅(ひしもち)を現した紅(ピンク)・白・緑の三層のゼリーやプリンもコンビニやスーパーで売っているので食後のデザートにいいかもしれません。

【ひな祭りの献立】

・ちらし寿司(海老、いくら、グリーンピース、椎茸、錦糸卵、ニンジン、レンコン、筍、油揚げ、そぼろ、海苔など)
・菜の花のお浸し
・ハマグリのお吸い物
・桜鯛のさわらのみそ漬など
・ひし餅プリン(ゼリー)

ちらし寿司は好きな具材を入れて、「五目ちらし」にしようと思って五種類の具材にこだわる必要はありません。菜の花のお浸しは正直子どもには好かれにくい料理かもしれません。結構苦みがあるので正直僕も好きではありません(汗)こういった場合は菜の花ではなく、ほうれん草のお浸しに変えてみるのもいいですね。ハマグリのお吸い物には人参や大根を星型やハート形にかたどって入れると子ども楽しんでくれるでしょう。

スポンサーリンク

ひな祭りのちらし寿司が苦手な場合

ちらし寿司が嫌いな理由を明確にしましょう。好き嫌いやアレルギーがある場合は迷わず別の具材に変更してしまうのが一番いいですね。特にちらし寿司を苦手とする理由には「酢飯」が嫌いという意見が比較的多いです。確かに酢飯にすると全体的に酸っぱい味付けになってしまいますよね。そんな時は酢の量を加減しながらご飯に混ぜ込むようにしましょう。一度で一気に酢飯を作るのではなく、少量ずつ酢を混ぜながら「味見をしながら」酢の量を増やすようにしましょう。

それでもやっぱり「酢はダメだ」という場合は、いっそ酢を入れない「海鮮丼」として作るのもいいですよ。酢飯では無いちらし寿司を一般的に海鮮丼と言いますが、酢が嫌いな子どものいる知り合いの家庭ではそれを「ちらし寿司」として子どもも喜んで食べていると言っていました。

こういった伝統的なちらし寿司のような食べ物であっても、必ずこうでなくてはならない!といった決まりはありませんので、ご家庭にあったアレンジをするのが良いですね。

まとめ

ちらし寿司はひな祭りだけでなく、たくさんのお祝い行事で食べられる物です。縁起の良い具材を加えて是非この機会に食べてみるのもいいでしょう。具材に関しては特別決まり事はありませんから、出来るだけ好んで食べやすい具材だけを選んで作ってみるのもありですね。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-ひな祭り

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。