ひな祭り

ひな祭りの意味と由来 子供向けの説明と食べ物は何を食べる?

投稿日:

3月3日はひな祭りですね。この日を「桃の節句」と言い、女の子の日であるとされていますがその意味をご存知でしょうか?「子どもにひな祭りって何のためにするの?」と聞かれた時に直ぐに答えられるようにもしておきたいですね。また、ひな祭りに食べる物はどんなものがあるのかも改めて知っておきましょう。

今回の記事では、

・ひな祭りの意味と由来
・ひな祭りの意味を子供向けに説明するには?
・ひな祭りの食べ物の由来

についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

ひな祭りの意味と由来

ひな祭りは女の子の健康と成長を祈る意味合いのある五節句の1つであり、「桃の節句」または「上巳(じょうし)の節句」と言います。ひな祭り(3月3日)やこどもの日(5月5日)のように奇数が重なる日は厄を払うのに縁起が良いとされています。

どのように厄を払うのかと言うと、そこで登場するのがひな人形です。人形は人間の身代わりとして昔から使用されてきました。つまり、ひな人形は人間の女の子に降りかかる厄を身代わりしてくれるという意味でひな祭りに飾るわけですね。これが現代の日本のひな祭りをする意味であると言えます。

ひな祭りは中国と日本の文化が融合したものです。ただ、「ひな祭り」として始まった起源は諸説あると言われていて少し不明瞭な部分があります。古来の中国では上巳の日に川で身を清め、不浄を祓った後に宴を催す習慣がありました。これが平安時代に日本に伝わったとされています。

この頃の日本の京都では儀式ではなく、遊びの一種として「人形遊び」が行われていました。また、川へ紙で作った人形を流す「流し雛(ながしびな)」という習慣もあり、こちらは中国同様に身を清めたり厄を払う意味合いがあり、別名「雛流し」とも呼ばれ現在も各地で行われています。これらが合わさって「雛祭り」と呼ばれるようになり、日本中に広く伝わっていきました。

スポンサーリンク

ひな祭りの意味を子供向けに説明するには?

子どもの年齢にもよりますが、難しいワードを出すと子どもも理解し辛くなります。ですから簡潔に説明できるようにしたいですね。

子ども「ひな祭りって何?」

あなた「ひな祭りは3月3日にする、女の子が元気で健康に過ごせるようにお祝いする日だよ。」

子ども「どんなことをするの?」

あなた「ひな人形を飾ったりチラシ寿司を食べたりするよ。」

子ども「ひな人形は何のために飾るの?何でチラシ寿司を食べるの?」

あなた「ひな人形は○○ちゃんを病気や怪我から守ってくれるから飾るんだよ。昔はひな人形の代わりに紙の人形を川に流していたんだよ。
チラシ寿司は縁起の良い食べ物がいっぱい入っていて健康にも良いから食べるんだよ。」

子ども「そうなんだ。ひな祭り楽しみだね!」

あなた「うん、楽しい一日にしようね!」

ひな祭りの食べ物の由来

ひな祭りに食べる代表的な食べ物がいくつかご紹介します。

【チラシ寿司】

鮮やかな具材を使用する祝い事で使用される頻度の高い食べ物です。酢飯に多くの具材を「散らす」というのがチラシ寿司の語源です。具材には椎茸、人参、レンコン、タケノコ、海老、錦糸卵、海苔などが使用されます。

【ハマグリのお吸い物】

ひな人形には幸せな結婚を願う意味合いもあります。ハマグリの二枚貝はぴったりと合わさり、他の貝とは一致しないため結婚と縁のある食べ物とされています。

【雛あられ】

うるち米を炒る、または蒸した後に乾燥させた物や豆を炒った物に砂糖をかけた和菓子。桃色や緑色などで着色されることもあります。一般的に関東の雛あられは甘く、関西ではしょっぱい味付けになっています。

【菱餅(ひしもち)】

ひな祭りにお供えとしても使用されるひし形の餅のことです。紅(ピンク)・白・緑の3色の餅が重なっていて、上から順に紅・白・緑となっているのが一般的です。

それぞれの色に意味合いがあり、紅は「桃」、白は「雪」、緑は「大地」を表していて、「雪が溶けて、大地に草が生え、桃の花が咲く」という意味があります。

まとめ

ひな祭りは女の子が健やかに成長するのを祝う日であることが分かりましたね。また、ひな人形はその子どもの厄を身代わりするお守りのような存在だったんですね。

ひな祭りの代表的な縁起の良い食べ物もありますので、是非ひな祭りにお子さんと一緒に召し上がってみてはいかがでしょうか?

おすすめ記事とスポンサーリンク

-ひな祭り

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。