風邪

あなたの風邪が長引く原因はこれかも?風邪を早く治す方法

更新日:

多くの方が人生で一度は経験したことがあるのが「風邪」という症状ですね。夏場や冬場のエアコンなどによる、室内と外の温度変化が激しい時期によく風邪になりやすいですよね。中には風邪を引くと1週間以上、または1ヵ月以上長引く人もいるのではないでしょうか。昔はもっと早く風邪が治っていたのに何で?と思う方もいるでしょう。

今回の記事では、

・風邪が長引く原因はこれかも?
・風邪を早く治す方法は?

についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

風邪が長引く原因はこれかも?

風邪が長引く人には特徴があり、風邪薬をずっと飲み続けている人ほど風邪が長引く傾向があります。これは市販の風邪薬も病院で処方される風邪薬も同様です。え、だって風邪を治すための風邪薬でしょ?と思いますよね。実は風邪薬では風邪は治らないというのが医学会の真実であり常識でもあるんです。

風邪の90%はウィルス性と言われていて、この90%に風邪薬は効きません。風邪の症状には鼻水や咳、発熱などがありますが、風邪薬はウィルスを抑制する物ではなく、これらの「症状」を抑える薬なんです。

これらの症状はウィルスを身体の外に排出しようとする身体の防衛的な働きです。そしてこの症状というのは風邪のウィルスに唯一対抗できる力であり、いわゆる免疫力というものです。免疫力の現れである症状を風邪薬で抑制してしまうとどうなるでしょうか?一時的に鼻水などの症状を抑えられたとしても、ウィルスは体内に潜伏したままになり、長引いたりぶり返したり悪化することもあります。これが風邪がなかなか治らない原因に繋がるんですね。

現代の医学ではウィルスを消し去る風邪薬は無いと言われていて、もしもこれが発明されればノーベル賞ものだと言われています。風邪で病院に行くと必ずと言っていい程「抗生物質」を処方されますが、これも風邪のウィルスには全く効果がないことが立証されています。病院でそういった薬を処方されるのは風邪薬の真実を知らなかったり、そういった状況であった昔からの流れがあるためだと言えます。

もしも全ての国民が風邪薬は風邪には効かない、治らないから必要無いというのが常識として認知されれば、製薬会社は潰れてしまう大きな社会問題ともなり得ます。世界の医学によって僕たちは助けられていますが、こういった少しグレーな部分があるのは事実なんですね。

今や、「風邪を引いたら風邪薬」という考えが一般的であり、多くの人の考えに染み付いてしまっていますが、これ自体がそもそも間違いだったんですね。冬の時期になると必ずCMでも数多くの風邪薬を宣伝していますが、僕自身も風邪薬は風邪を根本から治すものではないと知った時は衝撃でした。

風邪を引いた時に大切なのは風邪薬を飲むよりも免疫力を上げて、鼻水や発熱などの症状を利用し、一早く体内からウィルスを追い出すことだと言えますね。

スポンサーリンク

風邪を早く治す方法は?

身体を温める

風邪に限らずウィルスは熱に弱いと言われています。体温が1度上がると免疫力が数倍に上がります。お風呂にしっかり浸かって体温を上げて汗をかき、湯冷めする前に布団に入りもう一度汗をかくと効果的です。お風呂や汗をかいた後は水分補給をしっかり行うのを忘れないようにしましょう。スポーツドリンクは糖分と塩分も含み、身体への吸収が早いのでオススメです。

また、汗をかいたらタオルでよく拭き、場合によっては服も着替えるようにしましょう。汗で濡れたままでいると今度はどんどん体温が下がってしまうので気を付けましょう。

またクビや胸、背中をカイロで温めるのも効果的です。首に使用する場合はカイロをタオルで巻いて使用するといいでしょう。カイロを使用する場合は低温やけどには気を付けましょう。

無理に食事をしない

「風邪の時には栄養のある物を食べる」とよく言いますが、食欲がない時は無理して食べる必要はありません。風邪の時には胃腸が弱っていて、食べ物の消化には普段以上にかなりのエネルギーを消費します。それによって風邪に対抗する力が上手く働かない場合があり、結果的に風邪の治りが遅くなることもあります。

風邪の時にお粥を食べるというイメージが強いのは、水分を多く含み吸収が早いからです。お粥が嫌いな人もネギとショウガを入れて、梅干しで味付けするのが食べやすく風邪にも効果的です。また、葛根湯は胃腸の状態を良くする効果もあり、これは風邪薬ではなく漢方なのでこちらもオススメです。特に風邪の引き始めには早く治りやすくなります。

睡眠をしっかり取る

最も身体が休まる時が睡眠であり、風邪を早く治す重要な要素の1つです。可能な限り7~8時間は寝るようにして、睡眠時は湿度に気を付けましょう。

特に冬場は乾燥しやすく、湿度の低い状況下でウィルスは繁殖しやすくなります。湿度は40~50%前後は最低限キープ出来るように加湿器を使用すると良いでしょう。加湿器を使用する際はこまめな手入れをして、カビが生えないようにすることも大切ですね。

禁酒・禁煙する

お酒やタバコは毎日飲んだり吸ったりする人にとっては苦行かもしれませんが、風邪の間だけでも控えましょう。お酒は風邪で弱った胃腸に悪影響ですし、タバコは100%乾燥した煙なので咳や痰が出たりもします。風邪を引いているとお酒もタバコも美味しく無いですよね。風邪を早く治すためにも少しの間だけ我慢することを推奨します。

マスクをする

予防の意味だけでなく、風邪を引いてしまってからもマスクを使用するのは効果的です。今以上にウィルスを体内に入れないと共に、鼻と口をマスクで覆うので加湿効果もあります。少し寝苦しくなりますが、加湿器が無い場合マスクをして寝るのもいいでしょう。マスクは出来れば毎日新しい物に変えて、清潔な状態を保ちましょう。

まとめ

風邪薬の真実を知ってみてあなたはどう感じたでしょうか?もちろん風邪薬を飲むか飲まないかは自由ですが、少し考え方が変わった方もいるかもしれませんね。風邪薬よりも大切なのは免疫力を上げて、風邪を治しやすい環境を作ることだと言えます。

風邪は予防も大切で、最低限手洗いうがいは徹底して行いましょう。風邪を引いたら治すことに集中して、一日でも早く元気な身体を取り戻しましょう。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-風邪

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。