バレンタインデー

バレンタイン渡すものの意味の違い・チョコの種類とそれ以外

更新日:

バレンタインといえば「チョコレート」というイメージが強いですね。しかし、中にはクッキーやマシュマロ、マカロンなどをあげる女性もいます。色んなバリエーションがあった方が、あげる側も貰う側も飽きなくていいですね。ところでバレンタインにあげる物の種類によって、意味が違うといった話を聞いたことがありますがその真相はどうなのでしょうか?

今回の記事では、

・バレンタインに渡すものの意味の違い
・バレンタインのチョコの種類と意味
・バレンタインのチョコ以外の意味

についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

バレンタインに渡すものの意味の違い

多かれ少なかれバレンタインに渡すものの種類によって意味が違うという考えはあると言えます。相手が甘い物が苦手だから甘さを抑えたクッキーを渡している、手作りのチョコは型崩れしやすいのでチョコ以外の物を作るなどの工夫をしている方もいるでしょう。ただ、お菓子の種類によって意味合いが違うことを知っている相手からすると、貰ってがっかりしている男性もいるかもしれません。

もちろんそれぞれのお菓子の意味ばかりを過敏に考える必要はありません。個人的にはあなたが相手にあげたい物を選ぶことを優先してもらいたいので、ここでは「お菓子の種類によっては、こういった意味合いが込められる場合もあるよ」という程度に覚えておくといいでしょう。また、渡す際に「これは本命だよ」などと言ってあげた方が相手も誤解しないで済むでしょう。

バレンタインのチョコの種類と意味

バレンタインのチョコにはいくつか種類がありますよね。これはあげる側であるあなたなら勿論考えていることでしょう。ではどんな種類があるのか改めて見てみましょう。

【本命チョコ】

大好きな相手にあげるチョコのことで、これこそがバレンタインにチョコをあげる本来の意味です。ただ、バレンタインにチョコレートをあげるのは日本独自の文化で、海外ではプレゼントや花を男性から女性にあげるのが一般的です。本命チョコは手作りであったり、メッセージカードが添えてあると本命チョコであることが伝わりやすいですね。

【義理チョコ】

恋愛感情を伴わない友情や義務的な意味であげるのが義理チョコです。もしも義理チョコをあなたがあげる場合、相手に「好意がある」と間違って捉われないように渡し方などには注意しましょう。近年では有楽製菓が「ブラックサンダー」というお菓子を「一目で義理とわかるチョコ」として販売しています。また、チロルチョコも義理チョコとしてよく使用されていますね。

【逆チョコ】

男性から女性にあげるチョコのことを指します。これはある種、「本命チョコ」でもあると言えます。バレンタインに男性からチョコを貰ったら好意がある可能性が高いでしょう。もしかするとそのまま告白されるかも?しかし、ただ単に「スイーツを作るのが好きだから」という男性のパターンもありますから期待は禁物ですね。

【友チョコ・強敵(とも)チョコ】

友チョコは主に女性同士、強敵チョコは男性同士であげ合うチョコのことです。学生の頃は女性同士でチョコをあげ合う光景をよく見かけましたが、男性同士は見たことがありませんでした。中には友達としてだけではなく、同性愛としての意味合いが込められている場合もあるかも?

【自己チョコ】

自分が食べるためのチョコのことです。チョコを貰えなかったから自分でチョコを買って食べる、作って食べるといった意味合いがあります。普段買って食べるチョコレートも全部「自己チョコ」とも言えますよね。

スポンサーリンク

バレンタインのチョコ以外の意味

チョコ以外のお菓子の意味にはどんなものがあるのでしょう。意外と知られていない物もあるようなので、一度頭に入れておくといいでしょう。

クッキー

「友達でいようね」といった意味が込められています。これは比較的知っている人は多いようで、海外でも同じ意味で捉えられています。クッキーはチョコレートに比べると手作りでの手間が少なく、大量に作れるから楽だといった考えがあります。

ただ僕自身も昔付き合っていた彼女に手作りのクッキーを焼いたことがありますが、「友達として」という意味は一切込めていません。ですから、既に恋人であったり夫婦であればクッキーのチョイスは特別問題ないでしょう。

マシュマロ

「あなたが嫌いです」という意味合いがあります。ただ、マシュマロの中にチョコが入っていると「純白の愛で包む」という別の意味になります。正直ややこしいですよね・・・皮肉の意味でわざと嫌いな相手にマシュマロをあげる人もいるようですが、衝撃的すぎて言葉がありません(笑)もしもあなたが好きな相手にあげるのであれば、マシュマロは避けた方が無難かもしれませんね。

キャンディ

「相手のことが好き」という意味です。飴は主にホワイトデーのお返しで、男性が女性にあげる時に使用されることが多いです。本命チョコを相手にあげて、お返しでキャンディを貰ったら脈ありかもしれませんね。ただ、バレンタインデーからホワイトデーまでの期間は丁度1ヵ月あるので、脈があればその間に相手が既に何かしらアクションを起こしてきているかもしれませんね。

キャラメル

「安心する存在」という意味があります。これはキャラメルを口の中に入れると溶けるような感覚があり、それでも確かに存在感があるといった部分から来ています。「好き」といった意味合いでも取れるかもしれませんが、キャンディのように「はっきりとした存在」と違い、似て否なる位置付けだと言えるかもしれません。

マカロン

「特別な存在」ということを表しています。マカロンは比較的最近になって人気になったお菓子ですね。他のお菓子に比べると「高級感のあるお菓子」といったイメージがあるため、マカロンには「特別」という意味合いがあると言われています。

バレンタイン男からプレゼントは変?チョコ以外と本命の渡し方

バレンタインの本命の見分け方と義理の違い 女性の心理は?

まとめ

チョコの種類やその他のお菓子の種類によって様々な意味合いがあることが分かりましたね。ただ、これらの意味を知らない人や気にしていない人も当然います。

相手に誤解を招きそうだとあなたが感じるのであれば、念のため知識として頭に入れておくと役立つかもしれませんね。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-バレンタインデー

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。