バレンタインデー

バレンタイン起源や由来 日本の始まりとチョコレートの理由

投稿日:

現在の日本でのバレンタインは2月14日のイベントとして馴染みのあるものとなりました。そして「バレンタインにはチョコレート」といった連想をする方が多いのではないでしょうか?バレンタインは海外から取り入れたイベントではありますが、その詳しい起源って意外と知らないこともあるでしょう。また、チョコレートをあげるようになった理由も気になりますね。

今回の記事では、

・バレンタインの起源や由来
・バレンタインの日本での始まりはいつ?
・バレンタインでチョコレートをあげる理由

についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

バレンタインの起源や由来

バレンタインである2月14日は何の日かというと、キリスト教の司祭であるウァレンティヌス(バレンタイン)の命日です。この日はキリスト教の祭日と呼ばれ、世界的に見ても「愛の誓いの日」として認識されています。

バレンタインの起源は3世紀のローマ帝国の時代にあります。イタリアのローマ近郊のテルニーにウァレンティヌスというキリスト教の司祭がいました。当時のローマ皇帝であるクラウディウス2世は、戦いで遠征するローマ兵士の士気を下げないために、兵士の結婚を禁じていました。

しかし、結婚の禁止に反対意見を持つウァレンティヌスは兵士をかくまい、内密で結婚式を挙げさせていました。やがて、この行為が皇帝に知られてウァレンティヌスは警告を受けます。それでもウァレンティヌスはその行為を止めなかったため、269年頃の2月14日に処刑されてしまいました。

当時のローマでの2月14日は、ユーノーという家庭や結婚を司る女神の祝日でもありました。ウァレンティヌスの処刑日にこの日が選ばれたのは、彼へのせめてもの情けだったのでしょう。また、2月15日はルペルカリア祭という豊作を祝う清めの祭日でもあったため、ウァレンティヌスはその祭りの生贄にされたという説もあります。

その後キリスト教徒の中でウァレンティヌスを敬い、世界的に「バレンタインデー」として広まって行きました。

スポンサーリンク

バレンタインの日本での始まりはいつ?

日本でのバレンタインの始まりは1936年(昭和11年)で、流行し出したのは1950年代(昭和30年代)からです。世界的に見るとバレンタインデーの歴史は古いものの、日本で始まったのは比較的新しいものですね。

この理由は日本の宗教は仏教や神道の信仰が圧倒的に多かったためであると考えられます。1549年(天文18年)にフランシスコ・ザビエルが日本にキリスト教を伝えたことは有名な話ですが、現代の人口比率で見ても日本のキリスト教信者は少数です。

現在の日本のバレンタインはごく一般的なイベントとなっていますが、バレンタインデーをあまり良く思わない人も少なくありません。これは「バレンタインはキリスト教の日なのに、信仰をしていない人間がその日を行事として取り入れるのはおかしい。」という考えがあるからです。バレンタインだけでなく、ハロウィンやクリスマスも同様ですね。

ただこの考え方が正しい、間違いであるといったことは個人的に無いと思います。信仰の自由があるように考え方も当然自由です。そういったイベントを楽しみたい人は楽しめばいいですし、嫌いな人はしなければいい問題ではないでしょうか。しかし、日本で行うバレンタインデーにはキリスト教との関連意識はほとんど無いと言えます。

バレンタインでチョコレートをあげる理由

実はバレンタインにチョコレートをあげるのは日本特有であり、世界的にはそのような習慣はありません。海外ではバレンタインにプレゼントやカードを交換するのが一般的です。中には相手に香水を振りまいたりする習慣もあるようです。

日本でバレンタインデーにチョコレートをあげるようになった理由は、製菓業界が販売促進のためにチョコを売るようになったのが事の発端です。前項目で述べた1936年(昭和11年)の2月12日に、神戸のモロゾフ製菓が「あなたのバレンタイン(愛しい方)にチョコレートを贈りましょう」という広告を出しました。これが日本の一番古いバレンタイン=チョコレートという考えのスタートだと言えます。

その後、1950年代(昭和30年代)に「女性から男性にチョコレートをあげる」という形で販売され始めました。実際に日本で流行り出したのは1958年(昭和33年)に、東京都内のデパートで開かれたバレンタイン・セールで、製菓会社のメリーチョコレートカムパニーがチョコを売り出したのが切っ掛けです。その後、森永製菓などの製菓会社もバレンタインのアイテムとしてチョコを販売するようになっていきました。

海外では男性から女性へプレゼントするのが一般的ですが、女性が男性にプレゼントするのは日本の特徴です。また、近年の日本ではバレンタインに男性から女性にあげるチョコを「逆チョコ」と言います。よく聞く「本命チョコ」や「義理チョコ」の他にも、女同士であげる「友チョコ」、男同士であげる「強敵(とも)チョコ」、自分で食べる「自己チョコ」などがあります。

もはやここまで来るとバレンタインは何でもありのイベントですね(笑)ただ、こういった変化はバレンタインというイベントを楽しむ要素としては良いのかもしれません。

まとめ

バレンタインデーである2月14日は、キリスト教の司祭であるウァレンティヌス(バレンタイン)の命日です。ただ日本でのバレンタインデーは宗教的な意味合いはほとんど含んでいないと言えます。また、チョコをあげるのは日本特有の風習であり、始まりは製菓会社の販売促進が目的だったのは意外ですよね。

バレンタインデーの日本の取り組みに賛成、反対意見はありますが、せっかくなので楽しんでみるのも悪くはないのではないでしょうか。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-バレンタインデー

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。