節分

節分でいわしを使用する地域は?食べる意味と柊鰯の飾り方

投稿日:

節分での豆まきや恵方巻きはよく聞きますが、節分にイワシを食べたり飾ったりする習慣をご存知でしょうか?馴染みがなく、「何それ?」と思う方も中にはいることでしょう。

今回の記事では、

・節分でいわしを使用する地域は?
・節分でいわしを食べる意味
・節分の柊鰯の飾り方

についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

節分でいわしを使用する地域は?

節分でイワシを使用するのは地域による特色が強く、特に西日本で行われている風習です。この流れは広く伝わってはいますが、現在では地域というよりも家庭環境に左右されて認知度はまちまちです。

因みに僕自身も関西に実家がありますが、「節分にイワシ」というのは馴染みが無く、特別この日に食べた記憶はありません。

節分でのイワシは食べる以外にも飾るということも行われていますが、「食べる」、「飾る」について以下の項目で別々に詳しく見てみましょう。

節分でいわしを食べる意味

節分でイワシを食べるのは厄払いの効果があると昔から言われているからです。イワシは陸から揚げると直ぐに「弱る」ことや、「卑しい(いやしい)」魚という意味で名前が付けられました。また、「弱い」「魚」と漢字で書いて「鰯」と表します。

何故そんな弱々しい魚に厄払いの効果があるの?と思いますよね。その理由はイワシには多くの脂が含まれていて、焼くと煙や臭いが強く出るからです。そして災厄の象徴とされる鬼はこのイワシを焼いた時に出る煙を嫌って逃げていくと言われています。

また、イワシを食べる事で「陰の気」を消す、つまり身体の中の「悪い気」を弱らせるという意味合いもあります。更には意味合いだけではなく、イワシにはDHAやEPAなどの栄養成分も豊富で健康にも良い食材でもあります。

節分のイワシは縁起物ですし、健康的にも最適な食材なのでお住いの地域に関係なく、次回の節分でイワシを食べてみるのもいいですね。ただ、プリン体も多量に含むので多量摂取には気を付けましょう。

【イワシのことわざ】
・鰯の頭も信心から
つまらないものであっても、信心の対象となれば有り難いと思えるようになるという例え。
スポンサーリンク

節分の柊鰯の飾り方

地域によっては節分に柊鰯(ひいらぎいわし)としてイワシを飾る風習があります。別名、節分イワシとも呼び、これは柊の枝の先に焼いたイワシの頭だけを刺して、玄関の外に飾る方法です。この記事のトップ画像のような非常に奇妙な見た目になります(汗)まるでモズが木の枝に獲物を刺しているかのような光景ですね。

この柊鰯は前項目で述べたように焼いたイワシの煙で鬼を払うという意味に加え、柊の刺々しい葉っぱで鬼の目を突くという効果があるとして古くから行われてきました。詳しい起源は分かっていませんが、平安時代から似たような風習でもあり、当時は正月の門に飾るしめ縄と一緒に、柊の枝の先に「ボラ」の頭を刺して飾っていたと言われています。

現在ではこの風習は比較的少なくなりましたが、奈良県奈良市では今でもごく一般的に行われています。更に臭いを強くさせるために、ニンニクやラッキョウなどを使用することもあります。都会でやると近隣に迷惑になりそうでちょっと不安ですね(笑)

因みにこの柊鰯を飾っておく期間は節分の日(2月3日)から立春(2月4日)までが一般的ですが、地域によっては小正月(1月15日)から飾る地域もあります。飾りを外しても流石にこのイワシの頭は食べないことがほとんどで、使用後は紙に包んで塩で清め、焼いて灰にして処分することが多いです。

まとめ

節分にイワシを使用する習慣について述べてきましたが、いかがだったでしょうか。柊鰯を飾るのは少し抵抗があるかもしれませんが、節分にイワシを食べてみるのはいいかもしれませんね。機会があれば節分にイワシを取り入れて伝統行事を楽しんでみましょう。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-節分

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。