節分

恵方巻きの中身に決まりは?切ると縁起悪い?節分での食べ方

投稿日:

節分では恵方巻きを食べる習慣がありますが、あなたは恵方巻きの具材は何を入れますか?本来何か決まりがあるのかな?と思うこともありますよね。また、切って食べると縁起が悪いと言われていることもありますが何故でしょうか?どんな食べ方があるのかも気になりますね。

今回の記事では、

・恵方巻きの中身に決まりはある?
・恵方巻きを切るのは縁起が悪い?
・節分の恵方巻きの食べ方

についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

恵方巻きの中身に決まりはある?

絶対にこれ!といった具材の決まりは正直ありません。ただ、恵方巻きには七種類の具材を使うという考えが昔からあります。これは七福神を表し、福を呼び込むという意味合いがあります。しかし、特定の七種類の種類の具材が決まっているわけではありません。

【恵方巻きの具材一例】

・キュウリ
・かんぴょう
・桜でんぶ
・シイタケ煮
・ショウガ
・伊達巻
・ウナギ(アナゴ)
・その他(ニンジン、レタス、高野豆腐など)

また、大正時代からは沢庵(たくあん)を具材としたり、2000年以降はイカ・サーモン・イクラ・マグロなどの海鮮を使用するようにもなりました。更には七種類の具材にこだわらず、七種類以下や七種類以上であったりと様々な具材を入れるように変わっていきました。

このように恵方巻きに使用される具材が変わっていったのは「縁起物」としての意味以上に「商売繁盛」のためでもあると言えます。どういうことかと言うと恵方巻きは元々、商業イベントの一貫として売り出された物です。つまり節分と恵方巻きは本来直接関係がないんですね。つまり、節分の恵方巻きはバレンタインのチョコと似たようなイベント商品なのです。

これは個人的に少し意外でしたが恵方巻きは縁起物だという意味合いもあるので、そういった節分などの行事を楽しむ上ではありだと思います。因みに「恵方巻き」という名前は実は近年付いた名前で、恵方巻きの認知度が上がったのはあることが切っ掛けなんです。それに関しては別の記事に書きましたのでよろしければこちらもご覧下さい。

スポンサーリンク

恵方巻きを切るのは縁起が悪い?

恵方巻きと言えば切らずに丸ごと食べるイメージが強いですが、絶対に切らずに食べなくてはいけないという決まりはありません。ただ、確かに恵方巻きを切らずに食べることで七福神との「縁を切らない」という意味合いは大正時代からあります。

それでも恵方巻きはちらし寿司などと違って大きく、量も多いですよね。ですから当然切って食べたいな、と思うこともあるでしょう。そんな時は「恵方巻きを切って分け合って食べることにより、福を分け合う」という捉え方もできます。また、丸かじりして食べきれない分を切って保存するのもいいでしょう。

節分の恵方巻きの食べ方

恵方巻きの食べ方は様々あり、地域や家庭などによって考え方が違うので好きな方法で食べても問題ないでしょう。

・恵方を向いて食べる
これはよく知られていますね。恵方とは陰陽道でその年の干支に因んだ方角のことで毎年変わります。その方角には歳神(歳徳神)という神様がいるとされています。
因みに2018年の恵方は南南東やや南です。

・一言も喋らずに食べる
喋りながら食べると頂いている福が逃げるという考えから来ています。全部食べ終わるまでは静かに食べるようにします。

・目を閉じて食べる
瞑想するように心を落ち着かせて食べます。この時何も考えずに無心で食べるという考えや、願い事を心で唱えながら食べるという考えもあります。

・笑いながら食べる
笑いは福を呼ぶと言われていることから、笑いながら食べるという考え方です。ただ、食べ物を喉に詰まらせないように気を付けましょう。

・一気に食べる
この方法も有名ですが「焦って食べる」という意味ではないので、落ち着いて食べるように注意しましょう。

まとめ

恵方巻きの具材や食べ方は、例はあってもこれといった決まりは無いようです。そのため恵方巻きのルールというのは節分というイベントを楽しむために色んな要素があり、好きな物を取り入れれば良いという考えで問題ないでしょう。

あなた独自の恵方巻きの決まり事を決めて食べてみるのも面白いかもしれませんね。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-節分

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。