節分

節分で恵方巻きを食べる意味と由来 方角は2018年はどっち?

投稿日:

節分では昔から豆まきの他にも恵方巻きを食べる習慣がありますよね。僕は学校の給食でも献立に取り入れられていたのを今でも覚えています。あなたの地域ではどうでしたか?恵方巻きを食べるのは「縁起がいいから」という認識は多くの方が持っていることでしょう。では何故縁起がいいのでしょうか?また、食べる時の方角が決められているのは何故なのか気になりますよね。

今回の記事では、

・節分で恵方巻きを食べる意味
・節分の恵方巻きの由来
・節分の恵方巻きを食べる方角2018年

についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

節分で恵方巻きを食べる意味

恵方巻きを食べる意味は冒頭で述べたように「縁起がいいから」という理由ですが、一般的に恵方巻きは豆まきと同様に厄払いや無病息災の意味合いで食べられています。また、恵方巻きに七福神を見立てた七種類の具材を入れて福を頂く、切らずにそのまま丸かじりするのは神様との縁を切らないという意味もあります。

ただこれらの意味は地方によって違いがあったり、はっきりとした決まりがありません。意外と恵方巻きを食べる意味が知られていない理由はこのためであると言えます。

節分の恵方巻きの由来

【恵方巻きの始まり】

恵方巻きを食べる意味が曖昧になってしまっている理由は、恵方巻きの起源も諸説あるためだと考えられます。ただ恵方巻きの習慣は江戸時代から始まった可能性が非常に高いです。

諸説1:江戸時代の末期から大阪の商人が商売繁盛や厄払い、無病息災の意味で「幸運巻寿司」を立春の前日である節分に販売するようになったという説。

諸説2:江戸時代の末期から明治時代の初期にかけて、大阪の商人が商売繁盛の祈願として販売するようになった説。

諸説3:豊臣秀吉の家臣である堀尾吉晴(ほりおよしはる)が節分の前日に海苔巻きを食べて戦に向かい、勝利を収めたためという説。(この説は信憑性が薄いと言われています)

諸説4:1800年代の節分の日に大阪の申村(現在の此花区)で男女が集まり、巻き寿司を切る手間を省くために丸かじりしたという説。

大正時代初期には大阪で沢庵(たくあん)を具材とした海苔巻きを恵方に向かって食べる習慣が始まりました。この頃も恵方巻きはやはり販促や厄払いの意味で売られており、「巻壽司と福の神 節分の日に丸かぶり」というキャッチコピーの広告を配布していました。その習慣も戦後は一時的に無くなりましたが、1970年代からマスコミで取り上げられるようになり再び広まって行きました。

【近年の恵方巻】

近年ここまで恵方巻きが有名になったのは1998年にセブンイレブンが「丸かぶり寿司 恵方巻」という商品を販売したことが切っ掛けです。それと同時に「恵方巻き」という名前が定着していきました。2000年頃にはその認知度も上がり、多くの人が「恵方巻き」という言葉を知り、食べる習慣も増えていきました。

恵方巻きは厄払いや無病息災の意味もありますが、今も昔も変わらず商業イベントの1つとして取り入れていたんですね。バレンタインやクリスマスも同じことが言えますが少し意外ですよね。

スポンサーリンク

節分の恵方巻きを食べる方角2018年

恵方巻きは恵方を向いて食べるということも知られていますよね。恵方というのは陰陽道でその年の干支に因んだ方角のことです。恵方は歳徳神(としとくじん)がいる方角であると言われていて、その方角を向いて恵方巻きを食べることで「福を頂く」という意味合いがあります。

因みに歳徳神は歳神(年神)とも呼び、正月に鏡餅をお供えするのもこの歳神に無病息災を祈願するためです。さて、恵方の方向が毎年変わるのは干支が影響しているからだということが分かりましたね。

気になる2018年の恵方は南南東やや南です。

南南東やや南って何処だよ!って思いますが、真南から気持ち程度東を向いた方角です。多少アバウトでも問題ないでしょう。きっちりとした方角を知りたい場合はスマホでコンパスのアプリを使用するといいですね。

また、恵方巻きは「目を閉じて食べる」「一言も喋らずに食べる」「笑いながら食べる」などの方法があります。どれが正しいといったことはありませんので、あなたの好きな食べ方を選びましょう。

まとめ

恵方巻きは厄払いや無病息災の意味だけでなく、実は商売のために流行らせた行事でもある点は少し驚きですね。そうは言えどこういった昔からの行事が現代でも続いているのは良いことだと思います。

普段節分の日に恵方巻きを食べない人もこれを機会に是非食べてみてはいかがでしょうか?

おすすめ記事とスポンサーリンク

-節分

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。