節分

節分の豆まきの意味と由来は何?鬼は本当に悪なのか?

投稿日:

節分の豆まきは鬼の格好をしている大人に向かって豆を投げますよね。幼稚園や学校などでも取り入れている行事なので、あなたも一度は体験したことがあるのではないでしょうか?豆まきの掛け声で「鬼は外!福は内!」と言うのは有名ですが、豆まきの意味や由来は意外と知らない場合もありますよね。

今回の記事では、

・節分の豆まきの意味
・節分の豆まきの由来
・節分の豆まきの鬼は悪?

についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

節分の豆まきの意味

「節分」とは季節の移り変わる前日のことを指します。そして豆まきをするのは立春の前日であり、2月3日を「節分の日」としています。

この節分である季節の変わり目には鬼(邪気)が発生すると昔から言われているため、悪魔祓いや無病息災を祈る意味合いで豆まきをします。

【節分は2月3日だけじゃない?】
実は「節分」は雑節(二十四節気・五節句など)の歴日の1つであり、立春だけでなく立夏・立秋・立冬の前日のことも「節分」といいます。一般的に節分と言えば2月3日を指しますが、そのように変化したのは江戸時代以降であるとされています。

節分の豆まきの由来

鬼を払うという行為は平安時代の平安京で、大晦日の夜に行われていた追儺(ついな)という儀式がルーツとされています。また、「鬼遣らい(おにやらい)」や「儺やらい(なやらい)」とも呼ばれています。

これは方相氏(ほうそうし)と呼ばれる鬼を払う役目の人間が、侲子(しんし)と呼ばれる仕様人20人を引き連れて平安宮の中で声を掛けながら練り歩く儀式です。方相氏は袍(ほう)という衣装を纏い、金色の4つ目のお面を身に付けて矛や大きな盾を持っていました。公卿は弓矢で、殿上人は振り鼓(でんでん太鼓)で方相氏を援護して厄を払ったとされています。

また、豆には生命力と魔除けの力が備わっているという信仰的な考えが昔からあり、これが節分で豆を使用する由来です。

日本の59代天皇とされている宇多天皇(うだてんのう)が、鞍馬山で都を荒らす鬼に対して、祈祷で鬼を穴の中に封じて大豆を投げて鬼の目を潰し、災厄を逃れたという伝説があります。そのことから「豆=魔目」という語呂合わせであるという説もあり、豆を鬼に投げて邪気を払うという理由で「豆」が使用されるようになったわけです。

スポンサーリンク

節分の豆まきの鬼は悪?

鬼とは冬の寒気、疫病などの目に見えない災いを鬼と呼んでいたのが事の始まりです。中国では生者を陽、死者を陰として死者の霊を鬼と呼ぶ陰陽五行説の考えもあります。その影響が大きく、特に日本では鬼は悪であるとする考えが強いようです。

しかし、中には良い鬼もいるという考え方もあり、ことわざの中にも鬼を善として扱っている言葉もあります。

【鬼を善とすることわざ】

・心を鬼にする
一般的に相手に対して厳しい態度を取ることですが、相手のことを思って怒るという意味でもあります。

・鬼の目にも涙
どんなに厳格な存在であっても時に感情的になり、慈悲の心で涙を流すこともあるという意味です。

・鬼も角折る
鬼のような悪とされる存在であっても、善人に改心することがあるという意味です。

節分では「鬼は外!福は内!」という掛け声がありますが、「鬼も角折る」ということわざがあるように「鬼は外!」は言わない風習もあります。特に仏教では悪人さえ救うという考え方もあるため、「福は内!」のみの掛け声にすることもあります。

このように見てみると全ての鬼が悪とは言い切れないのではないでしょうか?個人的にこういう考え方も子どもたちに伝えられたら、教育の面でも役に立つのではないかと思いますね。

まとめ

節分の豆まきは健康や無事を祈る意味合いで豆まきをするということが分かりましたね。また、豆などの穀物は生命の源でもあり、神が宿るとされている点も合わせて覚えておきましょう。

鬼に対するイメージも悪ばかりでなく、善である場合もあると知っておくと物の見方が変わってくるかもしれませんね。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-節分

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。