成人式

成人式のお祝い金の相場 いつ渡す?祝儀袋の書き方をご紹介

投稿日:

成人式を迎えるに当たってお祝いとしてお金を贈ることもありますよね。大人になると何かと使うお金も増えてくるので、お小遣いと違って金額も少し多めの方がいいのでは?と考える方もいるでしょう。そこで成人式のお祝い金の相場っていくらなのか気になりますよね。

今回の記事では、

・成人式のお祝い金の相場
・成人式のお祝いはいつ渡す?
・成人式のお祝いの祝儀袋の書き方

についてご紹介します。

スポンサーリンク

成人式のお祝い金の相場

成人祝いの金額の相場は一般的に1万円から5万円程度です。ただ、お祝いをあげる立場によって金額も多少異なってきます。あなたが誰に対してあげるのか、それぞれのパターン別に見てみましょう。

【成人式のお祝い金額の相場】

お祝いをあげる相手 金額の相場
自分の子ども 1万~5万円
1万~10万円
姪・甥 1万~3万円
それ以外の親戚 5千~2万円
その他 5千~1万円

 
上記の相場はあくまで一例ですが、お祝いをあげる相手が身近な相手ほど金額が高い傾向があります。また、金額の上限は祖父母から孫にあげる場合が最も高いですね。特にお祝いをあげる相手が女性の場合は、振袖の準備や撮影などに多額の費用がかかっていますので、それらを賄う意味でも多めに包んであげるのもいかもしれません。

しかし、「これが正解」という金額はないので、最終的にはご自身のご都合に合わせて金額設定をしましょう。例え金額が少なくてもお祝いを貰えるだけで嬉しいものですからね。

スポンサーリンク

成人式のお祝いはいつ渡す?

お祝いを渡すのは成人式の当日、もしくはそれ以前に渡すのがマナーです。例えば誕生日や結婚祝いなど、その他のお祝い事でも基本的に当日、もしくはそれ以前に渡すのが基本の形です。ですから成人式以降に渡すのはマナーの観点から見るとあまり良くないですね。

当日を過ぎると気持ちの切り替わりは早いものです。時期によってはお祝いを貰った本人も「これは何のお祝い?」と感じてしまうこともあるかもしれません。どうしてもお祝いを当日以降に渡すことになりそうな場合、電話でもいいのでお祝いの言葉を伝えて、後日お祝いを贈る折りを伝えておくといいでしょう。

成人式のお祝いの祝儀袋の書き方

祝儀袋は紅白の水引の熨斗を使用し、蝶結びのものを選びます。因みに祝儀袋が無いからといって現金を裸で渡すのは、成人祝いのみならず他のお祝い事でも大変失礼に当たるので気を付けたいですね。また書く時には黒の毛筆か筆ペンを使用します。鉛筆、ボールペン、サインペンは避けましょう。

【表書き】

蝶結びのある上段に、「祝成人」「祝御成人」「御成人御祝」「賀成人式」と書きます。どの言葉を選んでも構いません。

その下段にはあなたの氏名をフルネームで書きます。ここに相手の名前を書くのは間違いなので気を付けましょう。また、夫婦の連名で書くのは問題ありません。苗字の下の右側に夫の名前、左側に妻の名前を書けばOKです。

【中袋】

中袋がある場合は表側の真ん中に包む金額を「金○○円」と書きます。円の後ろに「也」と書く場合もあります。数字は大字という昔の漢数字を使用するのが一般的で、これは文字を書き換えられないという特徴があります。

漢数字と大字

一(壱)、二(弐)、三(参)、四、五、六、七、八、九、十(拾)、百、千(阡)、万(萬)

中袋の裏側の左半分の中間辺りから住所とあなたの氏名をフルネームで書きます。中袋にも相手の名前は書かない点には注意しましょう。

また、お札は新札を用意しましょう。これは「お祝いのために用意しました」という誠意を表し、マナーでもあります。人物が描かれた面が表側であり、封筒から右手で取り出した時に人物と金額が見える向きで入れるのも作法なので覚えておきたいですね。

まとめ

成人式のお祝いの金額は比較的身近な相手ほど金額の相場が高いのが一般的でしたね。しかし、ご自身の経済面を考慮して金額を決めるのがいいでしょう。成人式のお祝いとして渡す場合、当日かそれ以前に渡すことが大切ですから早めに準備しておきましょう。

また、大人として社会に認められる節目の年でもあるので、メッセージカードや手紙を添えると相手にも気持ちが伝わりやすいですね。是非あなたの言葉をプラスしてみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-成人式

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。