お年玉

喪中のマナーとしてお年玉はNG?ポチ袋の選び方と表書き

投稿日:

喪中というのは近親者の死を悲しみ、亡くなった方を思う期間のことです。喪中の間はお祝い事は禁止であるという認識が一般的ですね。特に正月の行事に関しては鏡餅や門松などのお祝いの意味合いがあるものが多いです。ではお年玉はどうなのでしょうか?例年通りあげてもいいのか、控えるべきか悩むこともあるでしょう。

今回の記事では、

・喪中のマナーとしてお年玉はNG?
・喪中の時のお年玉のポチ袋
・喪中の時のお年玉の表書き

についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

喪中のマナーとしてお年玉はNG?

結論から言うと喪中の時にお年玉を与えてはいけないという決まりはありません。そもそもお年玉はお金をあげるものではなく、鏡餅を餅玉として子どもや近隣の人に分け与えていたのが本来の形です。鏡餅は歳神という穀物の神様にお供えするものであり、それを食べる事で無病息災を祈り、歳神の魂を頂戴するという意味があります。ですから、喪中であってもお年玉をあげたり貰ったりすることは問題ないと言えます。

お年玉は基本的に目上の人から目下の相手に与えるものであり、大人が子どもに与えるのが一般的ですよね。毎年お年玉をあげているのに相手(子ども)が喪に服しているとはいえ、喪中の正月はお年玉が貰えないとなるとやはり子どもも残念に思うことでしょう。近親者の死を身近に感じたからこそ、子どもの無事や健康を祈る意味合いでもお年玉はあげるべきではないでしょうか。

どうしても喪中の期間にお年玉をあげるのは抵抗があるならば、お年玉ではなく「お小遣い」としてあげるのもいいでしょう。これならば祝い事の多い正月行事と関係なくなりますね。ただ、もしもあなたがあげようとしている子どもの親が、「喪中だからお年玉はあげないでくれ。」という考えがある場合はお年玉もお小遣いもあげない方が無難かもしれません。子どもがお年玉を貰えないのは可愛そうという思いもあるでしょうが、考え方の違いによるトラブルの原因にも繋がる可能性もありますから注意が必要です。

喪中の時のお年玉のポチ袋

喪中にお年玉はOKという考えであっても、ポチ袋には気を配るようにしましょう。祝儀袋と同じように紅白や金銀などの派手な水引などは避けましょう。最近ではキャラクター物のポチ袋も多いのでそれを使用するのもいいですが、あからさまな正月感のあるデザインは避けた方が無難ですね。極端に言えば白無地のポチ袋や封筒でも十分です。

喪中の間のポチ袋のチョイスは「こだわる」のではなくて、あくまで「喪中を気遣う」配慮が必要です。謹賀新年や明けましておめでとうなどと書かれたポチ袋は当然タブーです。お年玉ではなくお小遣いとしてあげる場合は、「お年玉」と書いてない物を選びましょう。

スポンサーリンク

喪中の時のお年玉の表書き

黒の濃い筆ペンで表書きには「お年玉」あるいは「心ばかり」、「ほんの気持ちです」などと書くといいでしょう。その下段に相手の名前(○○くん、○○ちゃん)を書くと誰宛か分かりやすいですね。ポチ袋の裏面にはあなたの名前を書いておきます。

ポチ袋によっては裏面に金額を書く欄があることもありますが、個人的にここは書かない方がいいように感じます。理由は金額が直ぐに分かってしまうのはいやらしさを感じることがありますし、お年玉は結婚の祝儀のように大々的にあげる物ではないからです。因みに僕は今まで両親や親戚から貰ったお年玉の袋に、金額が書いてあったことはほぼ無かった記憶があります。

また、前項目で触れたように新年を祝う「おめでとう」などの言葉は書かないようにしましょう。逆に「勉強頑張ってね」や「また遊びに行くね」などの一言メッセージを添えてあげるのはいいですね。

まとめ

喪中でも基本的にお年玉をあげたり貰うのは問題ありませんでしたね。ただ、考え方は人それぞれなので「喪中の間はお年玉は禁止」としている家庭もあるでしょう。その場合、「なるほど、そういう考え方もあるんだな」程度に考えておきましょう。

お年玉をあげる場合はポチ袋や書き方にも気を配る点には注意しましょう。お年玉で大切なのはあなた自身の気持ちですからね。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-お年玉

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。