お年玉

お年玉の意味と由来を子供にどう伝える?お年玉の海外の習慣

投稿日:

お年玉はあなたも貰ったりあげたことが一度はあるのではないでしょうか。しかしお年玉は正月の1つの習慣ではありますが、意外とその意味や由来を知らない方も多いのではないでしょうか。子どもに「お年玉ってそもそも何?」と聞かれた時にサラッと答えられるようにしておけるといいですよね。

今回の記事では、

・お年玉の意味と由来
・お年玉の意味を子供に伝えるには
・お年玉の海外の習慣

についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

お年玉の意味と由来

昔は「お年玉」という名前は「御歳魂(おとしだま)」とも呼ばれていました。これは「歳神」という穀物の神様の魂を表していて、穀物は生命の源でもあるとされています。
これは鎌倉時代頃からの考え方であり、歳神を迎えるためのお供えが鏡餅です。この鏡餅を「餅玉」と言い、子どもや近隣の人物に分け与えることを「お年玉」と呼んでいたのが事の始まりです。

つまり、年頭に神様の魂を授かるという意味合いで行われていたのがお年玉の本来の意味なんですね。そして、目上の者が目下の者に分け与えるという流れがありました。例えば家長から家族へ、店の主人から使用人へといった形です。現在では基本的にお年玉は子どもに与えるもとして定着しています。

室町時代になると鏡餅ではなく金品を分け与えるようになり、当時は茶碗や扇子などを贈り物としていました。それが徐々にお金に変わっていったのがお年玉のルーツです。

お年玉の意味を子供に伝えるには

前項目のようにお年玉には歳神に感謝する意味合いがあります。これはその一年の無病息災を祈念する意味合いもあります。子どもがお年玉としてお金を貰って、そのことについてしっかりと感謝できるように伝えることがポイントです。決してお年玉を貰えることが当たり前なことだと思わせないようにすることが大切です。

【例】

子ども「お年玉って何?」
あなた「お年玉はお米の神様の魂を表していて、それを貰うことで一年間○○くんが無事に過ごせるようにするものだよ。」
子ども「へーじゃあ、お年玉いっぱい欲しい!」
あなた「大切なのは○○くんがお年玉を貰って、ありがとうと思う感謝の気持ちだよ。」
子ども「どうして?」
あなた「お年玉の量が多くても少なくても貰ったことに感謝しないと、来年から貰えなくなっちゃうかもしれないよ。」
子ども「そんなのやだ!」
あなた「そうだね。お年玉は貰えることに意味があるから、お礼をちゃんと言えるようにしないとね。」
子ども「分かった!感謝の気持ちを忘れないようにするよ。」

スポンサーリンク

お年玉の海外の習慣

実はお年玉の文化は日本だけではありません。アジア諸国でも日本と同じように正月に子どもにお金を分け与える習慣があります。中国では大人が子どもにお金を与えることで、子どもが無事に生活できるようにという信仰的な意味合いがあります。

日本のお年玉にも似ていますが、アジア間でのお年玉事情は少し違う部分もあります。因みに欧米ではお年玉の習慣はないと言われています。

中国の利是(ライシー)

利是(ライシー)は赤いポチ袋に入れられるお年玉のようなもので、中国本土では紅包(ホンバオ)とも呼ばれています。日本との違いは年齢に関係なく誰でもあげたり貰ったりするもので、上司から部下に対しては既婚者であっても与えるものでもあります。金額が少ないとケチだと言われることもあるようです。

また、台湾ではこの紅包(ホンバオ)は子どもが社会人として独立したら、子どもから親に与えるものとしても扱われています。因みに日本でもお年玉を子どもから大人へ与える地域もあります。

ベトナムのMung Tuoi(ムントゥオイ)

これも中国からの文化で赤色の封筒にお金を入れて渡します。赤色は祝い事で使う色とされているため、お札も赤色の1万ドン、5万ドン札を使用するのが一般的です。

1万ドンは為替にもよりますが、日本でいう約40円ほどです。ベトナムの平均年収は日本円で約30万円ほどなので1万ドン、5万ドンでも多くの相手に与える場合はなかなか大きな出費となります。

インドのカンジャク

インドでの正月は日本で言うところの10月後半から11月前半に行われます。カンジャクというのはラーマ王が信仰していた、ドゥルガー女神に因んで近所の女の子にお菓子や小遣いなどを与える習慣です。

まとめ

お年玉は歳神という神様へのお供えである鏡餅が形を変えて、お金として変化していったものなんですね。お年玉には健康や無事を祈る意味合いも含まれています。ですから貰う側は感謝の気持ちを大切にしていく必要があると言えます。子どもにもその習慣を身に付けさせたいものですね。また、お年玉の習慣は欧米ではありませんが、アジアでは一般的な行いであることも子どもに伝えられるといいですね。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-お年玉

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。