年賀状

年賀状は会社の社員に送る必要はある?上司へのマナーと例文

投稿日:

新年の挨拶として手軽に行えるのが年賀状です。年賀状を送る相手は様々ですが、「会社の社員にも送るべきなのだろうか?」と考えることもあるでしょう。友人や知人であればそこまで気を遣う必要は無いでしょうが、同じ会社のスタッフに対しては少し勝手が違いますよね。

今回の記事では、

・年賀状は会社の社員に送る必要はある?
・会社の上司への年賀状のマナー
・年賀状の上司への例文

についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

年賀状は会社の社員に送る必要はある?

根本的な部分ではありますが、大切なのはあなたが「送りたい」と考えるか、「送らないといけない」と考えるかです。後者の場合は形式的なやりとりとなるため、これを一般的に「虚礼」といって逆に相手に対して失礼に当たります。もしもあなたが「送らないといけない」と考えている相手から年賀状を貰ったらどう感じるでしょうか。年賀状は貰ったら返事を返すのがマナーですから、煩わしく感じませんか?ですからまずあなた自身の気持ちを今一度よく考えてみて下さい。

また、特に大きな会社では年賀状のやりとりを禁止していることもあります。これは個人情報の漏洩や、上記の虚礼を防ぐためでもあります。ですから独断で年賀状を書く前に会社での年賀状事情を確認しておきましょう。普段からお世話になっている上司で、あなたが年賀状を書く予定の相手に相談してみるのもいいでしょう。

仮に大きな会社で数百人という規模の年賀状を書く、となると流石に骨が折れますよね。その場合あなたが所属している部署の社員や上司にだけ送る形でも問題ないでしょう。もしも少人数で運営している会社であれば全員に送るのもありです。

会社によっては社員の住所などが記載された名簿が社内で回ってくることもあります。これは会社の方針が、「年賀状を出すのは礼儀だぞ」という考えのパターンでしょう。この場合、「虚礼」として送る相手もいるでしょうが、会社の流れに従った方がいいケースもあります。

【年賀状の本来の意味】
年賀状は本来、「なかなか会うことが出来ない相手に対しての新年の挨拶」として活用されてきました。ですから、「年末年始の数日間会わない程度の相手に送るものではない」とする考えもあり、これも間違いではありません。

会社の上司への年賀状のマナー

一番のマナーは1月1日の元旦に年賀状が届くようにすることです。年賀状は12月15日から12月25日の間に出せば元旦に届きます。26日から28日の間に出した場合でも、日本郵便は元旦に届くよう努力してくれますが確実性はありません。ですから年賀状は余裕を持って準備しましょう。

もしもあなたが年賀状を出していない相手から届いた場合は、早急に返事を書きましょう。年賀はがきを年賀状として扱ってくれるのは1月7日までです。それを過ぎると年賀はがきは10円切手をプラスして貼らないと送れなくなる点にも注意しましょう。また、日本郵便は2017年以降1月2日は配送休日となりましたので合わせて覚えておきましょう。

また、近年では年賀状を印刷で済ませる方が多いですが、必ず手書きで一言添えるようにします。可能であれば上司に対しては全文手書きで丁寧に書いた方がいいです。手書きの方があなたの気持ちが年賀状の文面に現れますからね。

宛名に関しては基本的に部署名や役職名は必要ありません。確かに会社の人間に対しての年賀状ではありますが、これらを加えることによって更に形式的なものに感じてしまいます。「社員」として送る以前にあなた「個人」が送るという意識を持っておくと相手からも喜ばれるでしょう。

スポンサーリンク

年賀状の上司への例文

【文章の構成】
・新年の挨拶の言葉
・昨年のお礼の言葉
・相手に対する無事や健康を祈る言葉
・新年のお付き合いのお願いの言葉

【相手が目上の場合】
・「謹賀新年」や「恭賀新年」などの4文字の祝詞
・謹んで新春のご祝詞を申し上げます
・謹んで初春のお慶びを申し上げます

これらを意識して文章を決めていきましょう。

【例文】

謹賀新年

昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。

皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

本年もご支援ご指導の程、宜しくお願い申し上げます。

謹んで新春のご祝詞を申し上げます

旧年中は大変お世話になり、誠に有難うございました。

貴社の益々のご発展を祈念いたします。

本年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます。

まとめ

年賀状は基本的に「送らなければいけないもの」ではなく、相手を思い「送りたいから送るもの」です。あなたが年賀状を「面倒だな・・・」と感じれば、それはきっと相手にも見透かされます。ですから気持ちを大切にしていきたいですね。

目上の人に対しては言葉遣いや、元旦に年賀状が届くように心掛けていきましょう。新年の挨拶は気持ちのいいものにしたいですね。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-年賀状

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。