七五三

七五三の千歳飴の由来は?準備は誰がどこでする?食べ方は?

投稿日:

七五三で子どもが貰うものといえば「千歳飴」がその一つですね。。僕も当時は千歳飴を丸かじりしてボリボリ食べていた記憶があります。飴は「長く伸びる」ため千歳飴には文字通り千歳まで生きられるように、長寿を祈願したお菓子であることは何となくご存知の方は多いでしょう。しかし、それ以外の知識って意外と知らなかったりしませんか?結局誰がどこで準備するものなのでしょうか?

今回の記事では、

・七五三の千歳飴の由来
・七五三の千歳飴の準備
・七五三の千歳飴の食べ方

についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

七五三の千歳飴の由来

千歳飴は米と麦芽を糖化させて作る、紅白の棒状の飴で飴菓子の一種です。せんざい飴、千年飴、寿命飴ともいい、新生児や七五三のお宮参りの祝菓子として扱われてきました。また、千歳飴を入れる化粧袋にも松竹梅や鶴亀などのめでたい色絵をあしらっていて、健康長寿を表しています。

千歳飴が売り出されたのは江戸時代で、1615年(元和1年)に大坂の平野甚左衛門が江戸に出て売ったという説と、元禄・宝永年間(1688~1711年)江戸の浅草の飴売り七兵衛が売ったのが始まりとする説があります。

そして実は「長寿」と「千歳飴」という関係には、特別な故事来歴などは存在していないのです。つまり、どういうことかと言うと「長寿」=「千歳飴」というのは上記の商人が考えた「キャッチコピー」、つまり宣伝のための結びつけだったのです。

当時の甘いお菓子は非常に貴重な物だったので、それを子どもが貰えるとなると皆喜んで食べていました。そして、子どもの成長を祈る縁起物として親戚や近所にも配られる風習もありました。

この千歳飴の文化が現代まで引き継がれて今も尚、七五三では鉄板の祝菓子となっています。

七五三の千歳飴の準備

千歳飴は現代ではお宮参りの祈祷後に神社からの授与品として貰ったり、写真館での写真撮影で貰えることが多いですね。両親が買って子どもに与えるケースもあります。

また、昔から親戚や知人から七五三のお祝い(お金など)を貰ったお返しに千歳飴や赤飯を送るという風習もあります。七五三の時期になるとスーパーや和菓子店、神社の販売所などでも売っています。

せっかくの縁起物なので、是非お子さんに千歳飴を与えて七五三のお祝いをしたいですね。

スポンサーリンク

七五三の千歳飴の食べ方

千歳飴は一体どのようにして食べるべきなのか迷いますよね。ここでは三つの食べ方をご紹介します。

丸ごと食べる

縁起物なので折ったり、切ったりしたらダメ!と考える人の王道の食べ方ですね。舐めて食べてもいいですし、噛んで食べても構いません。ただ、千歳飴を丸ごと一本そのまま食べるのは子どもだけではなく、大人でも容易ではありませんよね。流石に神様も丸ごと食べれなかったからといって、怒ったりはしないでしょう(笑)

折って食べる

折ったり切ったりするのは縁起が悪いのでは?と思いますが、正直なところ丸ごと食べなければならないといった決まりはありません。親戚や知人に千歳飴を分け与えるという風習があったように、千歳飴を細かく分けて家族で分け合って食べるというのも一つの方法です。「福を分け与える」という意味合いもありますので、これはこれで縁起の良い食べ方でもあります。

料理で使う

料理では砂糖を使う機会も多いですから、千歳飴を溶かして砂糖として使用する方法もあります。丸かじりや、折って食べても余った時に再利用するのもいいでしょう。一般的な砂糖よりも千歳飴はコクが出て美味しく仕上がるので、一度試してみてはいかがでしょうか。また、これも「家族で分け合って食べられる」方法ですからおすすめです。

【注意点】

千歳飴を飴の形のまま子どもに与える場合は、歯磨きを徹底して行うようにしましょう。飴は唾液で自然と溶けますが、粘りの強い千歳飴は歯にくっつきやすく虫歯の原因にもなります。また、噛んだ拍子にグラついた歯が抜けてしまう可能性もありますので、その点は認識しておきましょう。千歳飴は冷蔵庫で保管するとベタつきにくくなります。

まとめ

千歳飴のあれこれをご紹介しましたがいかがだったでしょうか。子どもの今までの成長と、今後の長寿を祈念する幸のあるお菓子が千歳飴です。福を分け合う意味も込めて、是非この機会にお子さんだけではなく、親御さんも一緒に千歳飴を食べてみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-七五三

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。