七五三

七五三の初穂料の相場は?のしの書き方といつ渡すのか

投稿日:

七五三ではお宮参りに行く方が多いですが、そこで必要になってくるのが「初穂料」ですね。本来「初穂」とはその年の初めに収穫されたお米を神前にお供えするものでしたが、誰でも手軽に用意できる物ではありませんよね。

そのため代わりにお金をお供えするようになりました。七五三では子どもの今までの成長や今後の健康と長寿を祈念するため、それを形で現したものが「初穂料」です。しかし、七五三で始めて初穂料を渡す場合分からないことも多いですよね。

今回の記事では、

・七五三の初穂料の相場
・七五三の初穂料ののしの書き方
・七五三の初穂料はいつ渡すのか

についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

七五三の初穂料の相場

一般的に初穂料の相場は5,000円と言われています。しかし、これは全国的な平均額という意味であって、お宮参りする神社によっては金額が定められていることもあります。3,000円、5,000円、10,000円とコースを選べる神社や「お気持ち」として自分で金額を決める場合もあります。初穂料5,000円にプラスで菓子折りを渡している方も多いです。

二人以上同時に七五三を迎える場合はプラスいくらと決まっていることもありますので、まずはお宮参りする予定の神社のホームページを調べたり、電話でもいいので直接確認を取るのが確実ですね。また、受付期間や受付時間も決まっているので合わせて調べておきましょう。

金額の違いで何が変わるの?と疑問に思いますが、金額によってお返しで貰える授与品が違う場合があります。また、七五三のお宮参りは初参り(赤ちゃんの時のご祈念)をした神社を利用するのが一般的と言われています。因みに神社だけでなくお寺でも受け付けてくれる所もあります。僕の近隣のお寺では一人5,000円と決まっていて、授与品はお守り・千歳飴・絵馬・記念品となっています。

七五三の初穂料ののしの書き方

1.のしと水引

七五三では紅白の蝶結びの水引のしを使用します。蝶結びは、「結び直せる」=「繰り返し行われても嬉しい祝い事」で使われるので覚えておきましょう。逆に結婚や葬儀で蝶結びはタブーですから「知らなかった」とならないように気を付けたいですね。

2.外袋の書き方

濃い黒色の毛筆や筆ペンを使用します。ボールペンやサインペンは避けましょう。外袋の水引の上段に「初穂料」または「御初穂料」と書き、水引の下段には「子どものフルネーム」を書きます。子ども二人以上の初穂料をまとめる場合は連名で書いても問題ありません。

3.中袋の書き方

中袋は表側に初穂料の金額を真ん中に縦書きで、「金 ○○円」という形で書きます。初穂料が5,000円なら、「金 五千円」という感じですね。数字に関しては現代使われている漢数字でもいいですし、「大字」という壱、弐、参・・・のような漢数字を使っても構いません。因みに大字には線を書き足して文字を書き変えられないようにする意味合いがあります。

最後に中袋の裏側に住所と子どものフルネームを書けばOKです。必要であれば電話番号も書いておきましょう。

【補足】

お札は表側を上にして中袋に入れますが、人物が描かれている方が表になります。また、右手でお札を取り出した時に金額が読める向きにして入れましょう。

スポンサーリンク

七五三の初穂料はいつ渡すのか

神社に着いたらまず受付に向かい、そこで申込用紙を書きます。書く内容は、住所、保護者の名前、子どもの名前や続柄、子どもの生年月日、初穂料で渡す金額などです。申込用紙が書けたら受付の人に初穂料と一緒に渡しましょう。後は案内人の指示に従っていけば問題ありません。神社によっては申込用紙が必要ない場合もあるので、その時は受付の人に聞いてみましょう。

因みに初穂料を渡す時に祝儀袋を包むための、「ふくさ」があると便利です。ふくさは必須アイテムではありませんが、礼儀を重んじる意味合いや祝儀袋が汚れたり曲がったりしない実用性もあります。結婚祝いや香典の際など多くの場面でも使えるので一つ持っておくと役立ちます。ただ、葬儀の時は赤やピンクなど派手な色は避けましょう。

まとめ

初穂料は神社によっては規定金額が決まっていますが、5,000円が相場ということが分かりましたね。のしは繰り返し行われても嬉しい祝い事の時は、基本的に紅白の蝶結びの水引を使用すると認識しておきましょう。渡すタイミングは申込用紙と一緒に受付の人に渡せば後は大丈夫ですね。

また、予約しないとご祈祷して貰えない神社もあるので、事前に調べてから当日に備えましょう。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-七五三

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。