鏡餅

年末と正月の餅つきは喪中の間は禁止?意味といつするのか

更新日:

正月と縁の深いお餅ですが、あなたは餅つきをする予定がありますか?臼(うす)と杵(きね)を使って餅をついて、出来立てのお餅を食べるのは楽しいものですね。

しかし、喪中の場合は餅つきや祝い事は控えないといけないから・・・と考えている方も中にはいるでしょう。果たして喪中の期間の餅つきはNGなのでしょうか?

今回の記事では、

・年末と正月の餅つきは喪中の間は禁止?
・年末と正月の餅つきの意味
・年末と正月の餅つきはいつする?

についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

年末と正月の餅つきは喪中の間は禁止?

結論から言うと、年末と正月の餅つきは喪中の間に行っても問題ありません。まず、一般的に喪中とは近親者が亡くなった時に一定の期間、死を悼んで祝い事から離れて過ごす期間のことを言います。故人が亡くなってからの四十九日を忌中、一年間を「喪中」とすることが多いのですが、何より大切なのは「あなたの気持ち」です。

例えば、あなたが何もする気が起きない程に気落ちしていれば、故人が亡くなってから一年経ったとしても「喪中」の期間は続いていると言えます。逆に、喪中の期間であってもあなたが悲しみを乗り越えて前に進もうという気持ちがあれば、それは既に「喪中」が終わったと言えます。

また、餅つきは「喪中の間は絶対に控えろ」というルールがあるわけでもありません。餅つきには楽しむという一種の目的もあります。それを禁止されるのであれば、最低限一年間は「テレビや音楽などの娯楽も一切控えろ」と言っているのと同じですよね(汗)

ただ、喪中期間に餅つきをしているあなたを見て、「あの人は喪中なのに餅つきなんかして不謹慎だな」と感じる人がいないとは言い切れません。喪中の間は餅やおせちなども、一切食べないようにしている家庭や地域も中にはあります。周りの目を気にするのであれば、一度ご家族や餅つきをするメンバーと相談して決めるのがいいでしょう。

年末と正月の餅つきの意味

古来からお餅はお祝い事でよく用いられており、節分・桃の節句・端午の節句などでも日本人の生活に深く関わっています。もちろん年末年始の餅つきも同じです。

年末の餅つきは「鏡餅を作るため」であり、正月の餅つきは「お雑煮などを作って、正月の料理の手間を省くため」といった意味があります。

餅の文化は縄文時代に東南アジアから伝来し、平安時代には「鏡餅」という形で神へのお供え物とするようになりました。鏡というのは当時使用されていた丸い形をした青銅の鏡のことを指します。

鏡は姿や魂を映す神聖な物として扱われていたため、それを表現するために餅を丸く固めて「鏡餅」と呼ぶようになりました。それ以来餅は神様の食べ物として、感謝の意を現した食べ物となったのです。餅はお米から出来ていますが、現代でもお米には神が宿るとも言われていますね。

餅はお祝いだけではなくお供えや感謝の意味合いも込められていますから、喪中であっても餅を食べることや餅つきを控える必要は無いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

年末と正月の餅つきはいつする?

年末の餅つきは12月28日にするのが最適だと言われていて、鏡餅を飾るのもこの日が望ましいです。「八」という文字は「末広がり」といって縁起のいい数字です。文字の下に行くほど広がっている、つまり年の暮れに行くほど幸が広がっていくという意味があります。古代の日本では8を聖数と言い漠然と大きな数字の表現で使っていました。八重桜や八百万、八重歯などもそうですね。

逆に餅つきを避けた方がいい日は、12月29日、30日、31日です。29日は「九」=「苦」という考えや、30日と31日は元旦直前のため、鏡餅を飾るのも「一夜飾り」と言って葬式を連想させるため縁起が悪いとされています。

一方、正月に行う餅つきは特別な日はありませんが、もし気にするならば「4」や「9」などの語呂の悪い日だけを除いて、都合の良い日に行えば問題ないでしょう。因みに昔はお餅を「お年玉」として皆に分け与えていた風習がありました。その頃の様に餅つきで作ったお餅を近所にお裾分けするのもいいですね。

まとめ

喪中に餅つきは絶対にNGということはありません。寧ろ亡くなった故人に餅つきをする習慣があったなら、餅つきをしてお餅をお供えしてあげる方がきっと喜びますよ。一度周りの人の意見を聞いてからどうするか決めてもいいでしょう。

昔からの風習を見習うのであれば、年末の餅つきは12月28日に行うのがベストですね。正月の餅つきはいつ行ってもOKです。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-鏡餅

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。