目の悩み

ブルーライト眼鏡の効果は?ディスプレイ設定とダメージ回復

更新日:

ブルーライトはパソコンやスマホなどのディスプレイから発せられる強い光で、人体に悪影響を与えるものであるという認識のある方が多いのではないでしょうか。

そこで登場したのが「ブルーライトカット眼鏡」ですが、これって正直効果があるの?と感じる方もいるでしょう。ブルーライトに関する真実も気になりますね。

今回の記事では、

・ブルーライトカット眼鏡の効果はある?
・ブルーライトをディスプレイの設定で軽減
・ブルーライトのダメージを回復する成分

についてご紹介します。

スポンサーリンク

ブルーライトカット眼鏡の効果はある?

ブルーライトカット眼鏡の効果については、はっきり言うと個人差があります。使用する本人だけではなく医療の学会での意見も様々なのが現状です。僕自身は毎日長時間パソコンを使用するのでブルーライトカット眼鏡を使用していますが、少なくともディスプレイの眩しさや眼の疲れは軽減できているように感じます。

実はブルーライトが人体に与える影響についても今尚研究中なのです。そもそもブルーライトはパソコンやスマホだけでなく、テレビや蛍光灯、太陽光にまでも含まれています。つまり、人間はディスプレイを見なくてもブルーライトの光をたくさん浴びていることになります。太陽光を浴びると身体の体内時計がリセットされると言いますが、これは太陽光のブルーライトの効果でもあるのです。

夜遅くまでディスプレイなどからのブルーライトを浴びていると、脳が覚醒したままになり寝付きが悪くなることもあります。ですから「ブルーライト自体」がそこまで眼に悪い影響を与えているわけではなく、生活環境に問題があるという医師の意見も出ています。しかし、ブルーライトは網膜まで直接届き、眼精疲労や眼の老化を加速させるというデータがあるのも事実です。

結局の所どうなの?という話ですが、現状ブルーライトは人体への危険性を秘めていると考えておいた方が無難です。医療の専門家の中でブルーライトは人体に有害であるとする意見が少しでもある以上、ブルーライトカット眼鏡を使用している方がいいでしょう。

ただ、ブルーライトカット眼鏡でブルーライトを50%カット!という数値も実はディスプレイから発する波長と一致していないことも多く、本当にカットできているのは半分程度だったりします。それでも眼鏡をかけないよりはマシですし、ディスプレイの表面に光沢があるパソコン、スマホを使っている方には室内灯の光の反射も抑えられるのでおすすめです。

ブルーライトをディスプレイの設定で軽減

実はディスプレイの設定を変更するだけで、ブルーライト眼鏡と同等の効果があります。手軽に出来るので眼の疲れを感じやすい方は一度試してみて下さい。

ディスプレイの輝度を下げる

あなたはディスプレイ全体の明るさをどれくらいに設定していますか?屋外ではある程度の明るさにしなければ画面が真っ暗で見えないと思いますが、室内であれば低めに設定しても十分見えますよね。屋外と室内で設定を変えなければいけませんが、まずはここを見直してみましょう。

ディスプレイの青色の明るさを下げる

ディスプレイは「赤」、「緑」、「青」の三色をベースとして作られていてます。パソコン、スマホ、テレビでも色の調整ができる物がほとんどです。あまり下げ過ぎると全体的に黄色っぽく見えます。ある程度使用してくると慣れてきますが、自分に合う明るさを見つけましょう。

背景色やテーマに黒っぽい色を使う

一般的に白の背景に黒い文字が見やすい印象がありますよね。しかし、白の背景にはブルーライトが強くなる傾向があります。Twitterなどにも「夜間モード」といった背景を黒っぽくする設定がありますが、それによってブルーライトを軽減できます。アプリやソフトウェアによって、全体的に黒っぽい色に設定出来るものもありますので試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

ブルーライトのダメージを回復する成分

人間は基本的に食べ物からしか栄養を吸収できません。眼や身体を健康に保つために、食べ物にも気を付けるように心掛けましょう。

ルテイン

ルテインは黄色い色素の成分で、眼から入ってくるブルーライト等の有害な光を吸収してくれる役割があります。加齢黄斑変性症という視力の低下する病気や、白内障などの予防にも効果があります。

緑黄色野菜や豆類、卵黄にも含まれています。

クロセチン

クロセチンには眼精疲労に効果があります。眼の中にはカメラのレンズのような役割をする水晶体があり、近くを見る時に厚くなり、遠くを見る時に薄くなります。この水晶体を調整するのが毛様体筋で、クロセチンは毛様体筋に直接働きかけて疲労を軽減してくれます。

クロセチンはクチナシの実やサフランに含まれていますが、なかなか食べませんよね(汗)このクロセチンの成分はサプリで摂取するのが効率的です。

アスタキサンチン

アスタキサンチンには抗酸化作用があり、クロセチンのように眼の細部にまで届いて眼精疲労を緩和します。近年では眼、肩、腰の痛みにも効果があると言われていて、美容にも効果的です。

アスタキサンチンはサケ、タイ、いくら、エビやカニにも含まれています。

まとめ

ブルーライトカットの眼鏡は効果の感じ方が人によって違いますが、何も対策をしないよりかは断然いいですね。眼鏡を使用したことがない方はまず、手軽にできるディスプレイの設定から始めてみてはいかがでしょうか。また、僕自身もそうですが、食べる物にも気を付けなければなりませんね。

今後ブルーライトに関して、もっと研究が進めば新たな対策方法が生まれるかもしれません。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-目の悩み

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。