鏡餅

鏡餅の飾りの意味は?正月に向けての飾り方といつ飾るのか

投稿日:

クリスマスが終われば今度は正月の準備と忙しくなりますね。クリスマスと同じように正月にも飾り付けがあり、鏡餅を想像する方も多いのではないでしょうか。

鏡餅にはたくさん飾りがありますが、それぞれちゃんとした意味合いがあります。本格的に飾り付けをするのは大変ですが、縁起物なので少し手を加えて見栄えを良くしてみるのもいいでしょう。

今回の記事では、

・鏡餅の飾りの意味
・正月に向けての鏡餅の飾り方
・鏡餅はいつ飾る?

についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

鏡餅の飾りの意味

正月に鏡餅を飾るのは1年の始まりや無病息災を祝って年神という穀物の神様に感謝する意味合いがあります。米は清らかな生命力の源であるとされていて、餅としてお供えした後に皆で福を分け合って食べるといった考えがあるのが鏡餅です。江戸時代の武家社会では正月に武具(鎧や兜)を飾って、そこに「具足餅」という名で鏡餅をお供えしていました。

では、伝統的なの飾りの種類と意味についてご紹介します。

餅(鏡餅)
米には神が宿るというように幸の多い穀物です。餅が丸い形をしているのは昔の青銅の「鏡」が丸かったため、それを現わしていています。鏡にも清らかな力があるとされていて、神事で使用される三種の神器の1つの「八咫鏡(やたのかがみ)」を意味するのがこの餅です。餅は飾りというよりも「主役」ですね。

橙(だいだい)
ミカン科の柑橘類で、木から落ちずに大きく育つため、代々大きくなって落ちないという意味合いがあります。三種の神器の1つの「八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)」を模しているのがこの橙です。

串柿(干し柿)
串に7~8個程の干し柿を刺したもので、財(たから)が串で刺したように集まるとも言われます。三種の神器の1つである「天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)」を表現しています。

昆布
昔は昆布を広い布と書いて「広布(ひろめ)」と呼んでいて、「喜びが広がるように」という意味を込めたようです。また、「よろこぶ」の語呂合わせであったりもします。

海老
海老の様に腰が曲がる=長寿を祈るという意味合いがあります。祝い事の席で海老はよく見かけますよね。

裏白(うらじろ)
シダ植物の一種で葉の裏側が白くみえることから、「白髪が生えるまで」という解釈があるようです。また、葉が左右対象なので「夫婦の良い相性」の意味も含んでいます。

譲葉(ゆずりは)
ユズリ科の常緑の植物で新しい葉が大きくなってから古い葉が落ちるため、「親が子を育てて家が代々続いていく」という意味があります。

搗栗(かちぐり)
茹でた後に干した栗の事で、「勝ち」という意味で縁起が良いとされています。

鶴・亀
多くの方がご存知の通り、鶴は千年、亀は万年というように長寿のシンボルですね。

スポンサーリンク

正月に向けての鏡餅の飾り方

実は飾り付けの仕方は地域によっても違いますし、飾りの種類も違います。ここでは一般的な一例をご紹介します。

参照画像:http://www.kagamimochi.jp/kazaru/index.html

1.三方(さんぼう)

まず、「三方」という神前で物を供える時に使う台座を用意します。ヒノキで出来ていて、正面と左右に穴が三ヵ所空いているものを三方といいます。Amazonなどの通販サイトでも1,000円程度で売っています。少し強度が心配ですが、段ボールで作るのもありかもしれません。

2.四方紅(しほうべに)

三方の上に「四方紅」という紙を敷きます。名前の通り白い紙の四方を赤で縁取ったもので、四方からの災いを払う意味合いがあります。用意できない場合は奉書紙というシワのない和紙で代用します。こだわらないのであれば、画用紙や折り紙を使うのもいいですね。

3.裏白(うらじろ)

「裏白」を正面の左右に垂れるように配置します。ホームセンターや花屋、造園で売っています。正月前ならば置いている店も多いでしょう。Amazonならドライフラワーや造花として売っている所もあります。

4.下段の餅(大)

「下段の餅(大)」を乗せます。本物の餅を使用するならばご自身で餅をついて作るか、中には和菓子屋さんで作ってくれる所もあるようです。それが面倒であればスーパーで売っているような、プラスチックなどで鏡餅を模している容器を使うしかないかもしれません(汗)

5.上段の餅(小)

「上段の餅(小)」を乗せます。餅を2段に重ねるのは陰と陽(月と太陽)であったり、幸が重なるという意味もあるようです。

6.御幣(ごへい)

「御幣」を正面の左右に垂れるように上段の餅の上に配置します。御幣も神具の1つで通常2枚の白い紙垂れを使いますが、お祝い事などでは紅白で使うこともあります。神社でのお祓いなどでは白一色なのをよく目にしますね。

7.橙(だいだい)

「橙」を一番上に置いて完成です。近年では手軽に手に入るミカンで代用することも多いです。

餅の下に昆布を正面に垂れるように敷いたり、上段の餅と橙の間に串柿を挟んだり、橙の上に小さい扇子状の物を置いたりと鏡餅の飾り付けは本当に多種多様です。お住いの地域のご年配の方に聞いてみると、その地の特色も分かるかもしれませんね。

鏡餅はいつ飾る?

12月28日に飾るのが縁起が良いとされています。「八」という字には「末広がり」という意味合いが昔からあります。逆に29日は「九」=「苦」であったり、30日や31日の元旦直前の飾り付けは「一夜飾り」として葬式を連想させるため忌み嫌われています。

もし飾り付けにこだわるのであれば、12月28日以前から飾り物の道具は揃えておきたいですね。

まとめ

鏡餅の飾りそれぞれに幸の深い意味が込められていたんですね。

鏡餅は門松ほど大きな物ではないので、比較的用意しやすいのではないでしょうか。是非、鏡餅を準備して新年をお祝いしましょう。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-鏡餅

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。