鏡餅

正月の鏡餅の意味は?いつから飾る?鏡開きはいつする?

更新日:

正月と言えば鏡餅を飾ったりお供えをする家庭も多いですね。今ではCMでも宣伝しているような、鏡餅を模した容器の中に小袋の餅が入った物もよく見かけます。

しかし鏡餅の意味や、いつ飾り、いつ鏡開きをするのか意外に知らないこともあるのではないでしょうか。今更聞けないこともここでスッキリ解決してしまいましょう。

今回の記事では、

・正月の鏡餅の意味とは
・正月の鏡餅はいつから飾る?
・正月の鏡開きはいつ?

についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

正月の鏡餅の意味とは

鏡餅は正月に年神(歳神)を迎えるためのお供えであり、日本の伝統行事です。鏡餅の「鏡」とは昔使用されていた青銅の鏡が丸い形をしていたため、それを模して鏡餅と呼ぶようになりました。鏡は人の心や魂を映す神様でもあるとされていて、清らかな縁起の良い物として扱われてきました。鏡は神事でも使われる「三種の神器」の1つとされていています。

【三種の神器】

・八咫鏡(やたのかがみ)

先ほど述べたようにこれを模しているのが鏡餅でいう「餅」の部分ですね。通常大小違うサイズの餅を2つ重ねにしています。これには「円満に年を重ねる」という意味合いもあります。

・八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)

これを模しているのが餅の上に乗っている、「橙(ダイダイ)」というミカン科ミカン属の果物です。別名ビターオレンジといいます。実は餅の上に乗っているのは元々は「みかん」ではなかったんですね。しかし、現在はみかんが代用されることも多いです。

・天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)

これを模しているのが「串柿(干し柿)」です。干し柿も縁起の良い物ということで、餅と橙の間に飾りますがあまり見かけませんね。因みに天叢雲剣は別名「草薙剣(くさなぎのつるぎ)」とも言います。

鏡餅の習慣は平安時代から始まっていたようですが、現在のような形で鏡餅が飾られるようになったのは、室町時代で家に「床の間」が作られるようになってからです。

スポンサーリンク

正月の鏡餅はいつから飾る?

12月28日に飾るのが一番最適な日です。「八」という文字は下に行くほど広がっている、つまり「末広がり」として縁起のいい数字なんですね。前項目の三種の神器の内の2つにも八という数字が使われていますね。

また、29日に飾るのは「九」が「苦」という悪い印象があるとされていますが、逆に29を「福」とする考えもあるようです。30日や31日などの元旦直前は「一夜飾り」といって葬式などの一夜限りの装飾を連想させるため避けられています。これらを考えるとやはり12月28日に飾るのが無難ですね。

因みに鏡餅は床の間や玄関に飾るのがいいとされています。少し小さいものは神棚や仏壇にお供えするといいでしょう。

正月の鏡開きはいつ?

松の内(門松を飾る期間)が終わった1月11日に鏡開きをする、というのが一般的ですが地域によって違いがあります。昔は全国的に1月20日に鏡開きをしていました。

しかし、徳川家康が亡くなったのが慶長4年の4月20日で、「20日」を命日としたため1月11日に変わったようです。この動きは関東でのみ行われていた風習であったため、関西での鏡開きは以前と変わらず1月20日のままとなったようです。ですから鏡開きは関東では1月11日、関西では1月20日と覚えておくといいでしょう。因みに京都では1月4日に行われるそうです。

上記のことから松の内の期間も地域によって違い、関東では1月7日まで、関西では1月15日までとなっています。混乱するので全国で統一にしてもらいたいものですね(笑)

また、鏡開きで餅を刃物で切るのは「切腹」を連想させるため良くない、というしきたりがあります。そのため手や木づちを使用するのですが、「割る」というのも縁起が悪いので「開く」という言葉を使うようになりました。

まとめ

鏡餅ひとつにしても色んな意味があるんですね。鏡餅の飾りの詳細については別記事にもまとめたいと思います。

鏡餅は12月28日に飾り、鏡開きは関東では1月11日、関西では1月20日に行うようにするといいでしょう。

鏡餅は縁起の良い物なので是非正月に向けて準備しておきたいですね。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-鏡餅

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。