七五三

七五三の意味や由来 いつやるの?数え年か満年齢どっち?

投稿日:

七五三は子どものお祝い行事の一つです。文字の通り子どもが7歳、5歳、3歳の時にお祝いするものですが、七五三の意味や由来、いつするのかなど今更聞けないこともあるのではないでしょうか?

大人になって子どもが生まれてから改めて知りたいこともありますよね。なので基本的な部分をリサーチして簡潔にまとめてみました。

今回の記事では、

・七五三の意味と由来
・七五三はいつやるの?
・七五三は数え年か満年齢どっち?

についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

七五三の意味と由来

七五三の意味

七五三は冒頭で述べたように子どもの成長をお祝いする伝統行事です。男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳にそれぞれの意味合いを持ち、お祝いするしきたりです。

【3歳での意味合い】
男女ともに髪を伸ばし始める 「髪置(かみおき)

昔、幼児は頭髪を剃っていました。それを止めて髪の毛を伸ばし始める時の儀式を髪置と言います。この儀式は平安時代末期から行われていました。

【5歳での意味合い】
男の子の衣服である袴を着る 「袴着(はかまぎ)

幼児に初めて袴を履かせる儀式のことです。昔は男女関係なく平安時代から行われていたのが、江戸時代以降からは5歳の男児に対してのみ行うようになりました。

【7歳での意味合い】
女の子の着物帯の装い始め「帯解(おびとき)

昔は7歳まで付け紐のある着物を着ていました。大人と同じ本仕立ての着物に変わり、帯をつけるようになるのが7歳で行う帯解の儀式です。袴着と同じように室町時代では男女ともに行われていたのが、江戸時代以降からは7歳の女児、5歳の男児に対して行うようになりました。

七五三の由来

始まりは室町時代と言われていて、江戸時代の武家社会を中心に関東から全国へ広まったとされています。当時は乳幼児の死亡率が高かったため、生まれてから3~4年たってから現在の戸籍にあたる人別帳や氏子台帳に登録していました。

三歳で言葉を理解するようになり、五歳で知恵が生まれ、七歳で乳歯が生え代わるなど、発育していく上で病になりやすい時期でもあります。ですから、七五三のお祝いは子どもが無事に成長したことに対する感謝と、幼児から少年や少女期への節目にこれからの将来と長寿を願う意味を持っていたようです。

スポンサーリンク

そのような時代背景があり、明治時代には現在のような七五三の形になったと言われています。ただ、現代では子どもを思う両親の愛情表現の行事という意味合いが強くなっているようにも感じます。

これは子宝という言葉があるように、子どもを思う親の気持ちとしても良いことですね。しかし、それがエスカレートして過保護になり過ぎるのは問題ですが(笑)

七五三はいつやるの?

結論から言うと、10月から11月の間で都合の付きやすい日に行えば問題ありません。少しでも家族の集まりやすい日に行うのがベストでしょう。

ただ、元々の七五三のお祝い日は11月15日と言われています。何故この日なのかという理由は諸説あるようですが、徳川将軍家で「袴着」の儀式が行われて、子どもの成長をお祝いした日が11月15日だったようです。江戸時代から庶民の間でも七五三が広まったことを考えると、この理由が有力でしょう。

また、15日は鬼宿日(きしゅくにち)と言い鬼の出歩かない縁起の良い日とされていて、旧暦では11月は冬至の月でもあり十二支の始まりの月とも言われています。

鬼の宿る日と書いて鬼宿日。パッと見では厄日ではないかと思ってしまいますが、そうではないんですね。また昔から「七五三」はそれぞれの数字を足すと15になる、ということも言われていますよね。

七五三は数え年か満年齢どっち?

現代では七五三のお祝いの年齢は、数え年でも満年齢でもどちらで行ってもOKです。ただ、昔の正式な形では七五三は数え年で行われていました。数え年というのはご存知かと思いますが、生まれた年を1歳としてカウントする年齢の数え方ですね。

しかし、七五三では子どもに袴や着物を着させるかと思いますが、身体が小柄だと衣装が合わせにくい問題もあります。また、子どもが2人以上いてそれぞれが数え年と満年齢の場合、まとめて七五三を行いたい理由などもあり、そういった観点から見ても満年齢で行う方も増えています。

七五三のお祝いをする日と同じように、数え年か満年齢かも特にこだわる必要はなさそうですね。

まとめ

七五三の基本的な部分はこれらを頭に入れておけば問題ないでしょう。

近年では七五三のお祝いをしない家庭も中にはあるようですが、子どもが無事に成長していくことは容易なことではありません。色んな要素が重なって健やかに育っていくわけですから、是非とも七五三というお祝いの機会を大切にしたいものですね。

あなたにとっても、子どもにとっても良い七五三を迎えられますように。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-七五三

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。