年賀状

年賀状の返事は必要?その際のマナーとメールで返信はあり?

更新日:

自分が送っていない相手から年賀状を貰った時、「あ~返事どうしようかな、面倒だな。」と感じたことありませんか?そもそも年賀状って返さなきゃならないものなの?と思うこともあるでしょう。

そんな時は返事をしない、年賀状を返す、「メール」や「LINE」などのメッセージで返事をするなど様々ではないでしょうか。中には、「相手とは特別仲が良いわけではないし返事は必要ない。」なんてことを思う方もいるかもしれませんね。

そういった方も含めて年賀状の返事のマナーについて確認しておきましょう。知っておかないと相手に不快を与えたり、人間関係のトラブルにもなりかねませんからね。

今回の記事では、

・年賀状の返事は必要?
・年賀状の返事のマナー
・年賀状の返事はメールでもいい?

についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

年賀状の返事は必要?

基本的に年賀状の返事は必要です。年賀状は相手の無事や健康を祈ったり、今後のお付き合いのお願いをするのが本来の意味です。ですからこういった相手からの心遣いに対して、感謝の気持ちを表明するのは礼儀です。

年賀状の送り主に対して、「長いこと疎遠だから返さなくても・・・」と思う方もいるかもしれません。しかし、元々年賀状はなかなか会えない相手だからこそ送る挨拶状なんですね。例え相手との関係が疎遠であろうと、お世話になっていなくても返事をした方がいいでしょう。

特に社会人になったり、会社の人間に対して返事をしなければ「この人は非常識な人間だ」と思われる可能性もありますので注意が必要です。ただ、場合によっては結婚などを機に年賀状を送る相手の「人員整理」をしたいこともあるでしょう。

そんな時は返事を送らないという選択肢もありますが、今後のトラブルに繋がる可能性もありますのである程度覚悟を持って行いましょう。

余談ですが郵便局では送り主を指定して受け取りを拒否することもできます。もしも、「この人からの年賀状は非常に迷惑だ。」と不快に感じるのであればそういった対処法もあります。しかし、気を付けなければならないのがそれによって、相手の行動がエスカレートすることです。あまりにも酷い場合には警察に相談することも考えなければなりません。

年賀状の返事のマナー

ここでは返事に対するマナーについてを記載しますので、年賀状の基本的なマナーについてはこちらの記事を参考にして下さい。

スポンサーリンク

年賀状を貰ったら出来るだけ早急に年賀状を返しましょう。年明けに年賀状として扱われるのは1月1日から1月7日までです。1月8日以降になると年賀状ではなく寒中見舞いの扱いとなって、年明けの挨拶が遅れたことになります。

更には年賀はがきの効力も消えて、10円切手をプラスしなければ送れなくなってしまいます。ただ、年賀状は状況にもよりますが、投函から相手に届くまで1~3日程かかりますし、2017年から1月2日は日本郵便では配送休日となっています。ですからもしも1月7日までに届くか怪しい場合、寒中見舞いとして送るのもありです。

また、年賀状の返事を書く時は年賀状を貰ったことに対する感謝の言葉や、新年の挨拶が遅れたことを詫びる言葉を述べるようにしましょう。この言葉があるかないかで相手に与える印象も変わってくるでしょうから大事ですね。

簡単な年賀状の返事向けの例文を用意しました。

【松の内(1月1日~1月7日まで)】

謹賀新年

早々に年賀状を頂きながらもご挨拶が遅れてしまい、誠に申し訳ございません。
健やかに新年を迎えられたこと、お慶び申し上げます。
寒冷の候、何卒ご自愛頂きたく存じます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

【寒中見舞い(1月8日~2月3日まで)】

寒中お見舞い申し上げます

新春のご祝詞を頂きながらもご挨拶が遅れてしまい、誠に申し訳ございません。
良き新春を迎えられたこと、お慶び申し上げます。
寒冷の折、ご自愛の上お過ごし下さいますよう、お願い申し上げます。
本年も何卒宜しくお願い致します。

勿論仲の良い友人や知人に対しては、ここまでかしこまった文章は必要ないので崩して書いてもOKです。

年賀状の返事はメールでもいい?

年賀状の返事をメールやLINEだけで返すのはNGでしょう。やはりこれも失礼に当たります。当然何も返事をしないよりはマシですが、友人相手であっても個人的におすすめはしません。

ただ、メールで年賀状を貰ったことに対するお礼を伝えて、改めて年賀状を送るのはありだと思います。その際は年賀状を送ることを伝えておけば、相手が不快に思うことは少ないでしょう。

メールなどのツールを併用するのはありですが、相手や状況も考えましょう。どちらにせよ、年賀状をくれた相手にはサクッと年賀状を書いて送ってしまった方が色々考えずに済みますよ。

まとめ

今回は年賀状の返事についてご紹介しましたが、結論は年賀状を貰ったら年賀状で返そう!です。少し面倒に思うかもしれませんが、その気になれば10分程度で年賀状は書けますよね。

年賀状を送った相手からすると遅れてでも、送り返して貰えたら嬉しいものです。そういった日本人の思いやりの心を忘れずに、古くからの習慣を続けていけたら素敵じゃありませんか?

おすすめ記事とスポンサーリンク

-年賀状

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。