お歳暮

お歳暮はいつまで続けるべき?やめる時のマナーと例文

更新日:

あなたはお世話になっているお相手に、お歳暮を贈っていますか?本来お歳暮は一度贈り始めたら継続して行くものですから、毎年贈り続けるのがマナーですよね。しかし、それでも「そろそろお歳暮を贈るのを止めようかな。」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回の記事では、

・お歳暮はいつまで続けるべき?
・お歳暮をやめる時のマナー
・お歳暮をやめる時の例文

についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

お歳暮はいつまで続けるべき?

冒頭で述べた通りお歳暮は贈り続けるのが礼儀でしたね。しかしお歳暮を辞退したい場合も当然ありますし、それは悪いことでは無いのです。お歳暮を止める場合の節目は三年と言われています。それが過ぎると更に止めにくい状況にも繋がりますので、頭に入れておきましょう。

辞退したい理由は相手と疎遠になったり、贈る相手が多く経済的に厳しい、「お世話になった」ではなく「お付き合い」として贈っている、など様々だと思います。

あなたがそのように考えている場合、相手側も止めるきっかけを探しているかもしれません。両者の負担になるお歳暮は、お歳暮として成り立っていないのでは?と僕は思います。

もしもあなたがお中元とお歳暮を贈っている場合、まずお歳暮だけを贈るようにしてみるのも一つの方法です。これは特別マナー違反にはなりませんので、参考にしてみて下さい。

お歳暮をやめる時のマナー

いきなり何の連絡も無しでお歳暮を止めてしまうのは基本的に失礼な形になるでしょう。多少なりとも相手にお世話になったことがあるから、今までお歳暮を贈ってきたわけですし、やはり最後まで感謝の気持ちを大切にしつつ、相手に不快を与えないようにしたいものです。

お歳暮を止める時には最終的に文面で伝えると、穏便に済ませられるでしょう。また相手が両親や親族、知人であれば、口頭で伝える事もしやすいのではないでしょうか。では、どのようにしてお歳暮を取り止めていくのか、例を挙げてみました。

<例>

お歳暮の送り状やお礼状などに、「これからはお気遣いなく」というような内容を書いて送ります。今回を最後のお歳暮として商品を贈る場合は、普段より高価な物(倍額)を選びます。(これは今回でお歳暮を終わりにしますという意味を表します。)

それからはお歳暮を贈ったり返したりはせずに、旅行などの際のお土産などを不定期の贈り物として贈るようにします。失礼にならない様に少しずつ頻度を減らして、最終的に贈るのを止めます。

スポンサーリンク
値段を上げるのではなく、逆に年々お歳暮に贈る商品の値段を下げて行き、最後に贈る時に「これからはお気遣いなく」の文章を添えるのもいいでしょう。
また、以前のお歳暮で終わりにしたいことを伝えているにも関わらず、未だに相手からお歳暮が届く場合は、相手にその意思が伝わっていない可能性があります。そんな時はもう一度その意思を伝えるか、相手と疎遠の関係にあるならばそのまま贈らない決断をしなければならない場合もあります。

時には優しさだけの付き合いは、捨てなければならないこともあるでしょう。でなければ今後も贈り続けて行かないといけませんし、何よりあなた自身が大変な思いをすることになりますから。お歳暮の本来の意味を忘れないで下さいね。

因みに年賀状を送っていないのであれば、年賀状に切り替える方法を取ってみるのもいいのではないでしょうか。

お歳暮をやめる時の例文

では、お歳暮を止める際の例文をご紹介します。

<相手からもお歳暮が届く場合>

拝啓
師走の候、ますますご清祥のことと心よりお喜び申し上げます。
さて、この度はお歳暮の品を頂戴いたしまして、誠にありがとうございます。
日頃ご無沙汰ばかりしておりますのに、心苦しく思っております。
今後はどうかこのようなお気遣いなさいませんよう、お願い申し上げます。
寒冷の候、何卒ご自愛の上、幸多き新年を迎えられますようお祈り申し上げます。
略儀ながら書面にてお礼とお願いを申し上げます。

敬具

平成○○年○月○日  自分の氏名

<相手からはお礼状だけの場合>

拝啓

年の瀬もいよいよ押し迫りましたが、いかがお過ごしでしょうか。
日頃より○○様には多大なるご配慮にあずかり、心より御礼申し上げます。
そのような折に、誠に恐縮ではございますが、本年をもってお歳暮のご挨拶をご遠慮させて頂きたく存じます。
どうか○○様もお気遣いなさいませんよう、今後もお付き合い頂きたくお願い申し上げます。
寒冷の候、何卒ご自愛の上、幸多き新年を迎えられますようお祈り申し上げます。
略儀ながら書面にてお礼とお願いを申し上げます。

敬具

平成○○年○月○日  自分の氏名

状況や相手に合わせて言葉を選びましょう。

まとめ

お歳暮を止める場合はなかなか切り出しにくいものです。しかし、いつまでも形式的に送り続けるのは失礼でもあります。

少し勇気はいりますがお互いのことも考えて、穏便に済ませられるようにしていきましょう。最後までお世話になったという気持ちは忘れないようにしたいですね。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-お歳暮

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。