TV番組

名倉潤が鬱病で休養。病気の原因と今後の活動は?

投稿日:


ネプチューンのメンバー名倉潤(50歳)がうつ病のため8月1日より休養することが発表されました。

今回は名倉潤の病気の原因と今後の芸能活動についてご紹介します。

スポンサーリンク

名倉潤が鬱病で休養。病気の原因は?

名倉潤は昨年6月に頸椎椎間板(けいついついかんばん)ヘルニアの手術を行いましたが、その時の侵襲によるストレスで鬱病を発症していました。

侵襲とは生体の内部環境のバランスを崩す刺激のことを指します。つまり、普段体験しない投薬・注射・手術などの外的ストレスを過剰に感じることによって鬱病の症状が現れたということです。

椎間板ヘルニアは手や足に痺れが現れたり激しい痛みを一日中感じるため精神的にも滅入ってしまうほどの病気です。また手術が成功しても再発しやすいのがヘルニアの特徴でもあるので、手術の侵襲によるストレスに加えて先の生活に対する大きな不安もあったはずです。

頸椎椎間板ヘルニアの手術自体は成功していて回復の傾向にあるとのことです。手術や鬱病になったのは去年のことですがそれらを公表したのは今回が初めてです。

名倉潤は鬱病発症から一年以上経過していますが休むことなく芸能活動を続けてきたため、鬱病に関しては回復出来なかったので今回活動休止することを決断したというわけです。

スポンサーリンク

名倉潤が鬱病で休養。今後の活動は?

現段階では8月1日から約2ヵ月間、鬱病のリハビリをした後に芸能界に復帰すると発表しています。

スポーツ報知は名倉潤の妻である渡辺満里奈(48歳)から以下のようなコメントを受けています。

「この度、夫・名倉潤の休養に関しまして、皆さまにご心配をおかけしております。たくさんの励ましのお言葉、ありがとうございます。

日頃より支えて下さっている関係者のみなさまには、大変なご迷惑をおかけして申し訳ありません。そしてご理解を頂き、ありがとうございます。

皆さまのご理解が本人の心の安心となっております。心より感謝申し上げます。」

「まずはゆっくりと過ごすのが一番の養生ということですので、家族で体調と向き合いながらゆっくり過ごしたいと思います。」

スポーツ報知より引用

僕自身も椎間板ヘルニアになったことがありますが、人生に絶望を感じる程の下肢の痛みと痺れが一年も続き精神的にも病んでいました。そんな時に大切だと感じたのがゆっくりとした療養の時間と家族の支えでした。これらがなければ僕も鬱病になっていた可能性が高いです。

ですから名倉潤には約2ヵ月の休養と期限を決めてしまわずにもっとじっくり休んで貰いたいです。家族の理解と支えを受けながら鬱病がしっかりと回復したらまた元気な姿をTVでも見せて欲しいと思います。

まとめ

名倉潤の鬱病の原因は昨年行われた頸椎椎間板ヘルニアの手術時の侵襲によるストレスから来るものです。

8月1日から約2ヵ月間鬱病の治療のため芸能活動を休止するとのことですが、ゆっくりと焦らずに治していって貰いたいですね。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-TV番組

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。