インターネット関連

メルカリの危険性とトラブル回避のポイントは?

投稿日:

メルカリと言えばご存知の通り、自分の不要な物をネットで販売できる便利なフリーマーケットアプリです。しかし、メルカリを使用する際にはその危険性を知っておかなければ、僕のようにトラブルに遭った時に混乱することになるでしょう。

今回はメルカリの危険性とトラブル回避のポイントについてご紹介します。

スポンサーリンク
  

メルカリにはどんな危険性がある?

メルカリの危険性は出品者と購入者の間で起きるトラブルがほぼ全てです。そして、そのトラブルを解決する方法は出品者と購入者による双方の話し合いであるため、運営側は基本的に関与してくれず頼りになりません。

これがメルカリの一番の危険性だと言っても過言ではないでしょう。場合によっては被害を受けた側が泣き寝入りすることになるのも珍しくありません。

ではどんなトラブルが実際に起こっているのでしょうか。

出品者側のトラブル

クレームを付けられる

商品を出品する際には現物の状態が分かる写真と説明文を記載しなければなりません。記載された内容に納得して購入者は商品を購入します。

しかし、いざ商品が届いたら購入者から、「商品が説明文と違う。」「不良品が届いた。」などのクレームを受けることもあります。

もちろん出品者側の商品説明に不備があったり誤った商品を送ってしまった場合は、非があることを認めて誠意を持って返品に応じなければなりません。

逆にただ単に購入者側の都合でクレームを付けられた場合は、出品者側の正当性をメッセージで伝えなければなりませんが、返品を拒否して購入者に納得させるのはなかなか難しいです。

購入者から不正なクレームを付けられることを想定して、出品前に商品の写真は出来るだけたくさん取っておくなど、正当性を証明する証拠を残しておくべきですね。

受け取り評価をしてくれない

購入者は商品が届いたらメルカリ上で出品者に対して受け取り評価を行い、出品者も購入者の評価を行ってようやく取引が終了となります。

お互いの評価が終わらないと出品者にも売り上げが入らないのですが、先程のクレームの件や返品を求めて購入者がいつまでも評価してくれない場合があります。

この場合もやはり相手とメッセージを交わして評価して貰えるように交渉しなければなりません。ただし、購入者に商品が届いてから一定期間相手からメッセージの返事もない場合は、運営に依頼してお互いの評価を完了することは可能です。

返品された商品に不備がある

何かしらの理由があって出品者が返品に応じたにも関わらず、返品された商品が壊れていたり別の商品とすり替えられていたりといったトラブルも起こりえます。

輸送中の破損などであれば運送会社によっては保証などもありますが、商品のすり替えなどのトラブルになるとまた厄介です。こういった購入者は平気で嘘を付いてきますからそれを暴く証拠を探したり、またメッセージのやり取りをしたりと面倒なことになります。

購入者側のトラブル

商品説明と実物が違う

購入者側で頻繁に起こるトラブルの代表として挙げられるのが商品説明と実物の相違です。転載画像のみで出品したり画質の悪い写真を使用するなどの行為は禁止されていますし、傷や汚れがあるのに新品同然を謳い文句にするような行為も当然禁止です。

実際に僕自身もこの被害に遭いましたが商品説明にある写真が後々調べると実は転載画像であったり、説明文では「傷や汚れなし」となっているのにいざ届いた商品を確認すると傷や汚れだらけで散々でした。

諦めて取り引きを終了するなら受け取り評価をしてしまっても構わないのですが、何としても返品したい場合は受け取り評価をせずに届いた商品の状態や商品説明の不備について出品者と話し合わなくてはなりません。

返品を拒否される

商品説明と実物が違うなどの出品者側に非がある場合は出品者は返品を拒否出来ません。これもメルカリの規約に記載されているのですが、出品者は何かしらこじつけて返品を断ってくることもあります。

しかし、例え相手が悪くてもメッセージ上で双方の合意が取れなければ返品は出来ません。ですから相手が返品に応じなかったからといって、無断で届いた商品を相手に返送するのも違反行為になってしまいます。

商品が届かない

商品を購入したにも関わらず商品が届かないことがあります。考えられる理由はそもそも購入者側の登録した住所が間違っている、出品者が発送するのを忘れているなどが考えられます。

出品者は発送後にメルカリ上で発送通知を選択することになっていて、購入者側もその通知を受け取ることになります。

数日たっても商品が届かない場合は出品者にそのことを伝えたり、追跡サービスの使える運送方法であれば追跡番号を出品者に聞きましょう。

それでも解決しない場合は運営に連絡して取引のキャンセルを申請することが出来ます。

スポンサーリンク

メルカリのトラブル回避のポイント

メルカリの規約を熟読する

根本的な部分ですが出品者も購入者も利用前に必ずガイドラインはしっかりと読みましょう。何か問題が起きた時に相手に対して「こういった内容の規約がある。」と指摘もできて解決の糸口にもなります。

逆に見落としてしまうと知らぬ間に加害者になっていたなんてこともあり得ます。情報弱者になってしまうと相手が悪くても泣き寝入りしてしまうことにもなりますので気を付けたいところですね。

因みにメルカリでは3N(No cancel、No claim、No return)を記載することは禁止されています。出品者側が勝手に作ったマイルールなどもNGです。

出品者と購入者の間でとにかく話し合う

繰り返しになりますがメルカリの方針として出品者と購入者の間で起きたトラブルは、いきなり運営側が仲介して問題を解決してくれることはまずありません。事務局に問い合わせても必ずといっていい程、「双方で話し合って下さい。」と言われます。

そこで大事なのがどんな理由があろうとも最後まで冷静に丁寧な言葉で、誠意のある態度でメッセージをすることです。

取り引き相手とメッセージのやり取りをする際に気を付けなければならないのは、メッセージのやり取り全てが「証拠」になるということです。

運営は基本的に動いてくれないと言いましたが、長期間に渡って双方の話し合いが収束しない場合にようやく問題に介入してくれます。

そうなった時に運営側がまず見るのが購入者と出品者の間で交わされたメッセージ内容です。仮に取り引き相手が悪かったとしても暴言を吐いたり、威圧的なメッセージがあると運営はその発言者を擁護できなくなる可能性があります。

僕自身も相手とのメッセージのやり取りでイライラしていましたが、とにかくキレた態度を見せたら負けです。そうなってしまうと相手の思う壺ですから気を付けましょう。

相手側の非のある証拠を提示する

例えば僕が購入した時の「商品説明と実物が違う」というトラブルの場合、出品者は「梱包前には傷や汚れは無かった。あなたが付けた傷である可能性も0では無い。」とまで言われました。

メッセージのやり取りの場では写真を添付出来ないので、届いた商品の写真を撮って相手に状態を見て貰うために確認用としてメルカリに出品しました。(商品説明に画像確認用、購入不可と記載し、購入されないように最大値の値段設定にする。)

それを購入者に見て貰い「この状態を傷が無い状態だとお考えでしょうか。」「商品が届いてものの数時間でこれほどの傷や汚れがつくのは常識的に考えてあり得ない。」と説明することが出来ます。

その他にも商品説明で現物写真を使っていないことや説明文がおかしいことを伝えます。メルカリの規約を読んでいればそういった内容も説得力のある発言にすることが出来ます。

僕の場合はこれで返品を渋っていた相手を納得させることが出来ました。また、相手とメッセージをするのと同時に事務局にも相手の違反行為やその証拠を提示しましょう。

初めの内は運営側も「事実関係が分からないため双方の話し合いを続けて下さい。」と事務的な返答をしてきますが懲りずに何度も送り続けていると仲介してくれるようになります。もっと早く動けよと思いますが・・・。

悪質なユーザーと取引しない

出品者、購入者共に悪質なユーザーと取引しないのは大前提ですが、見抜くのは難しいですし基本的に出品者側は購入者を選べません。これはメルカリが購入者を承認制にしていないからです。一応取り引きキャンセルは出来ますがこれも双方の合意が取れた場合が主です。

ですから怪しいと感じたユーザーがいたらブロックしてしまうのも一つの方法です。ブロックの判断材料としては取り引き評価が悪い、プロフィールが書いていない或いは信用できない内容、商品ページでのコメントで不快なユーザーなどが挙げられます。

そもそもメルカリを利用しない

元も子もありませんがメルカリで相手とのトラブルを100%回避する方法は「利用しない」という選択以外にあり得ません。悪質なユーザーを完璧に排除するのは不可能であり、セキュリティー面やメルカリの運営の仕方にも問題があります。

メルカリの利用をこれから考えている方は、トラブルが起きて当たり前という認識は持っておいた方がいいでしょう。そしてその際の対処法は必ず調べておきましょう。

「メルカリが大手で有名だから安心」といったことはありません。僕自身初めての取り引きで早速トラブルになったくらいですからね。

まとめ

メルカリは手軽であるが故にトラブルは常に起こりえますし、場合によっては自分自身が知らない間に加害者になることもあります。

個人的にメルカリはオススメ出来ませんがどうしても利用する場合は、規約をしっかり読んで何か問題が起きた時に直ぐに対応出来るようにしておきましょう。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-インターネット関連

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。