ゲーム関連

FF7リメイク何部作?分割のメリットとデメリットは何?

更新日:

2019年6月10日LAのFF7コンサートにて、ファイナルファンタジー7リメイクの発売日が2020年3月3日だと発表されました。

以前からFF7リメイクは「分割作」だと発表されていますが一体何部作になるのか、またそのメリットとデメリットについてご紹介します。

スポンサーリンク
  

FF7リメイク何部作?

以前FF7リメイクは3部作だと噂されていましたが、現時点で何部作で完結かはっきりと決まっていないと公式でも言われています。

今回発表された第1部はブルーレイディスク2枚の容量があり、ミッドガル内を細部まで再現・再構築しているとのこと。既にFF7をプレイした方であればご存知の通り、ミッドガルといえば序盤のエリアです。

FF7リメイクのプロデューサー北瀬氏は第1部の分作は、「ミッドガル脱出までのストーリー」と発表しています。つまり神羅ビルからクラウドたちがバイクで脱出する辺りまでだと予想出来ます。これから広大な世界に旅立つという所で第1部が終了という感じになりそうですね。

オリジナル版FF7のクリア時間はザッと30~50時間くらいだったのですが、リメイクのクオリティと容量では3部作だとしても正直収まりきらないのではないかと感じます。個人的にはFF7の完全なるリメイクを考察すると4~5部作くらいは最低限必要だと考えています。

スクエニはFF7リメイクを1本のゲームとしてまとめてしまうと、ストーリーなどをダイジェスト化することになってしまい、それではリメイクする意味が無いと発言しています。ですからクオリティの高いFF7リメイクを製作するには、分割する以外に方法は無かったというのが分かります。

FF7リメイクが最終的に何部作になるかは今後の公式からの続報を待つしかなさそうです。

スポンサーリンク

ファイナルファンタジー7リメイク公式ページはこちら

FF7リメイク分割のメリットとデメリット

FF7リメイクの分割のメリット

【ゲーム製作側】

・ハイスペックで細部までリメイクされたFF7をユーザーに提供出来る

・次の分割作を発売するまでに多くの製作時間を得ることが出来るので作り込める余裕が生まれる

【ユーザー側】

・ハイスペックで細部までリメイクされたFF7をプレイ出来る

・映画のような感覚で次回作を楽しみに待つことが出来る

正直FF7リメイクの分割のメリットはユーザー側にはほぼ無いと思います。高クオリティで出すためには仕方ないという製作側の意図があるため当然かもしれません。分割作ということはストーリーの特定の所まで進めると、「to be continued」となって次回作まで待つことになりそうですね。

現段階でFF7のリメイクをどこまで製作出来ているのか分かりませんが、第1部が発売されてから第2部をプレイ出来るまでは最低でも半年から1年は待つことになるでしょう。(実際はもっとかかりそう)

RPGであるにも関わらずこのようなゲームスタイルは前代未聞では無いでしょうか。これを楽しみに待てるかどうかはプレイヤー次第となりそうです。

FF7リメイクの分割のデメリット

【ゲーム制作側】

・分作にするため一本完結のゲーム以上にユーザーが満足出来る内容でリメイクしなければならない

・次回作までに期間が空くためユーザーが離れてしまう可能性がある

・制作費用がかなりかかっているので販売価格も高くなる

【ユーザー側】

・次回作が出るまでストーリーを進められないストレスがある

・次回作までに期間が空くため他のゲームに流れてしまう(1作目で気に入らなければ続編を買わない可能性もある)

・分割作なのに1作品ごとに高い出費が必要(第1部の通常版で税込9,698円)

・データ容量が多くなるためPS4本体のストレージ対策が必要

FF7リメイクの分割商法は製作する上では仕方ない部分ではありますがデメリットは多いです。一本の作品として完結しているゲームの方がユーザーにとってはプレイしやすいし好まれるのは当然でしょう。製作側からするとある種「新たな挑戦」ですね。

ただやっぱりストーリーの進行の問題ですが分割作だとしても、全ての分作が出来上がってから販売して欲しかったというのが正直な意見です。製作側がユーザーに対してFF7リメイクの発売を待たせ過ぎたため、見切り発射で発売を早めたようにも感じられました。

また、第1部の通常版で税込9,698円とPS4ソフトの中でも高額な分類でもあり、仮に3部作だとしても約3万円になります。いずれ全編まとめたフルバージョンを販売するでしょうから、特にライトユーザーにとってFF7リメイクは気軽にプレイしにくいタイトルかもしれません。

データ容量に関しては第1部はブルーレイディスク2枚分なので下手すると100GB近く必要になるかもしれません。第1部でこのレベルなので続編のことを考えるとFF7リメイクだけでPS4のデータ容量がパンパンになる可能性も考えられます。

ファイナルファンタジー7リメイク公式ページはこちら

まとめ

FF7リメイクは現状では何部作か公式でも発表されていませんが、長くても5部作までの間には収まるであろうと予想しています。

分割作であることはユーザー側にとって負担になるのは間違いないですね。プレイスタイルは発売ごとに1作ずつプレイするのも良し、全編販売されてから一気にプレイするのも良しといった形になるでしょう。

分作であることに不満点はありますが個人的にFF7リメイクにはかなり期待していますし楽しみです。続報があれば追記していきたいと思います。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-ゲーム関連

Copyright© Enjoy Quest , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。