お歳暮

お歳暮のお返しは必要?相場とお礼状の内容についてご紹介

更新日:

年末と言えばお歳暮の季節ですね。毎年お歳暮を贈っている方もいれば、今年初めてお歳暮を贈る予定の方もおられるでしょう。それと同時に初めてお歳暮を頂く方もおられますよね。お歳暮の贈り方は知っているけど頂いた時の対応の仕方が分からない方もおられるのではないでしょうか?

この記事では、

・お歳暮のお返しは必要?
・お歳暮のお返しの相場
・お歳暮のお礼状の内容

についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

お歳暮のお返しは必要?

まず根本的な部分ではありますが、お歳暮とは一年の感謝の気持ちを贈り物で表現する風習です。季節の挨拶の意味合いもあり、義務的なものではありません。またお歳暮はお世話になっている目上の相手に贈ることも多いので、本来お返しが必要というマナーはありません。

しかし贈り物を頂いておいて、何もしないというのは少し心苦しいですよね。誕生日プレゼントを貰ったら、相手の誕生日にも何かをしてあげたくなるような気持ちと同じだと思います。

なのでまず頂いたらお礼の言葉を伝えることが大切です。これは目上の相手だけでなく、目下の相手に対しても同じことが言えるでしょう。贈る側も貰う側も気持ちよい状態でいられるよう、どちらの立場でも気を付けたいですね。

お礼の言葉はお歳暮を頂いたら出来れば3日以内に電話や手紙で伝えましょう。目上の相手の場合は電話ではなく、手紙を利用した方が丁寧な対応になります。その場合はがきでも封書でも問題ありませんが、はがきの方が手軽に読んで貰えるでしょう。

とは言えやはり、「贈り物でお礼をしたい」という場合もあるでしょう。もちろん贈り物でお返しをするのは特別マナー違反にはなりません。ただその場合「お返し」としてではなく、こちらも「お歳暮」として贈るのがいいですね。

贈る時期については通常のお歳暮と同じように、12月上旬から12月20日の間に贈ります。12月20日以降になってしまう場合は年明けの1月1日から1月7日の間に届くよう、「御年賀」として贈りましょう。

ここでの注意点としてはお歳暮は基本的に贈り続けるものであることです。お礼の電話や手紙を出すだけなら問題ありませんが、お返しを(お歳暮として)贈る場合は、今後のことを考えていく必要もあります。

スポンサーリンク

特にお互いの経済的な問題も軽視できませんからね(汗)その辺りはじっくり考えておきましょう。親戚や知人であればお互いお歳暮は無しにしましょう、ということもしやすいですしね。因みに僕は基本的にそうしています。

お歳暮のお返しの相場

お歳暮を頂いた方にお返しをしたい場合の金額は、相手から頂いた物と同等か、半額程度の商品が良いとされています。逆に相手よりも高額な物を贈るのはNGです。これは「もうお歳暮は必要ありません」という意味にもなります。相手にとっても負担に感じてしまいますので止めましょう。

因みにお歳暮としてふさわしくない物もあります。

・靴、靴下、スリッパ(踏みつけるの意味)
・はさみや刃物(縁を断ち切るの意味)
・ハンカチ(手巾【てきれ】=手切れで絶交の意味)
・筆記用具(勤勉を勧める意味。特に目上に対してNG)

お返しの際はこれらを避けて商品を選びましょう。

お歳暮のお礼状の内容

電話でお礼を伝える時はお礼状のように、特別かしこまったような言葉を遣う必要はありません。電話で急に「年の瀬もいよいよ押し迫り~…」などと言われても驚かれますよね(笑)

必要最低限の敬語や、普段の相手に対する言葉遣いで問題ないでしょう。お礼状を送る場合はお歳暮の送り状の内容に加えて、感謝の言葉を少しプラスするだけで十分伝わります。

ここでは簡単な例文をご紹介します。

<お礼状の例文>

拝啓 

いよいよ年の瀬も押し迫り、何かとお忙しくお過ごしのことと存じます。
さて、この度はお心のこもったお品を頂戴し、お心遣い心より感謝申し上げます。
寒冷の候、何卒ご自愛の上、幸多き新年を迎えられますようご祈念致しております。
略儀ながら、書中をもちまして御礼申し上げます。

敬具

平成○○年○月○日  自分の氏名

まとめ

お歳暮のお返しをしなければならない、という決まりは無かったんですね。ただお礼の言葉を述べるのは大切なことです。お歳暮を頂いたら早急にお礼を伝えましょう。もしもお返しをする場合には「お歳暮」として、こちらからも贈る形をとりましょう。

また、相手よりも高額の物を送るのはNGでしたね。お礼状の内容は普段のお歳暮の送り状の内容に加え、贈り物をいただいた感謝の言葉を述べましょう。お互い気持ちの良いお歳暮にしていきましょう。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-お歳暮

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。