飲食

モンハン酒場天王寺に行ってきた感想 混み具合とメニュー

更新日:


現在モンスターハンターの世界をイメージしたモンハン酒場が大阪天王寺に出店中です。実際に行ってみた感想や、込み具合、メニューについてご紹介します。

2018年8月20日~10月21日までの期間限定なので是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク
  

モンハン酒場天王寺に行ってきた感想

一番の感想はモンハン好きなら間違いなく楽しめる場所だということです。店の雰囲気は木材を基調とした落ち着いた雰囲気で、至る所にモンハンの展示物が飾られています。店内のBGMももちろんモンスターハンターのものが使用されています。

モンハンの世界の集会所をイメージした店内に心躍ることでしょう。まずは店舗の様子を写真と共に簡単にご紹介します。因みに店舗内は撮影可能ですが、他のお客さんが出来るだけ映り込んだり迷惑にならないように気を付けましょう。

店舗の場所は「ホテルバリタワー天王寺店の3階」にあります。エレベーターでは行けないので1階から階段を利用しなければならない点は注意が必要です。(僕もエレベーターに間違えて乗りました。)

店舗までの階段にはモンハンの様々な設定画が飾られています。やっぱりキリンシリーズは最高ですね。

セルレギオスのチャージアックスと防具がお出迎え。

クエストボードをイメージした掲示板には来店したハンターのプロフィールが貼られています。

ネルギガンテの防具と肉焼きセット。肉焼きセットは触ってもオッケーですがその他の展示物はお手を触れないように。

天上天下無双刀が好きです。でもギルドナイトセーバーの方がもっと好きです。

円形のテーブル席の真ん中にはアイルーが。アイルーってこんなに大きかった?(笑)2~4人席が20ほどあります。

中央席にはPS4とテレビモニターが4台ずつあります。個人のアカウントデータでプレイすることも出来ます。その場合来店前にPSNのアカウントIDとパスワードをメモしておきましょう。また、オンラインストレージにセーブデータをアップロードしておく必要もあるので覚えておきたいポイントですね。

良かった点

常設された店舗ではないですし、こういった場所に行く機会は滅多にないので行けて良かったです。料理やドリンクにもこだわっていて、見た目も味もなかなかの物でインスタ映えもグッドです。

リアル集会所のようにモンスターハンターワールドをプレイすることも出来るので新たな狩り仲間と出会えるかもしれません。

また、日替わりコースターやランチョンマットのノベルティも貰えるので記念品にもなります。カラフルなのは甘いポップコーンで店内で持ち帰り用も売っています。

もちろんグッズの販売も行っているのでお土産にもなりますね。購入は各席のタブレットで注文する形になってます。因みに写真のグッズは参考用に置かれている物なので触らないように注意されました。

更には抽選イベントも行っていて当たればモンハングッズを無料でゲット出来るチャンスもあります。僕が行った時の抽選商品はイャンクックのパーカーで、当たった場合はサイズも選べるという良心設定でした。(抽選権利は料理を注文した人のみだそうです。)是非「激運」スキルを発動させてアイテムをゲットして下さい。僕は「悪運」スキルが発動していましたけど(笑)

そして自分と同じようにモンハン好きな人が同じ場所に集まっているというのが何より嬉しく感じました。モンハンに出会えてよかったと思えましたし、モンハンを振り返る切っ掛けにもなりました。

悪かった点

予約して来店するのが基本なのですが滞在可能時間に制限があることがあります。混雑時は90分の時間制で60分でラストオーダーとなります。僕も予約して行きましたが90分で退店という形になりました。

料理の調理時間も考えるとゆっくりと飲食をして、更に設置されているPS4でモンハンワールドをプレイして・・・となると時間はほとんどないかと思います。

僕もゲームをプレイする予定でしたが結局触れませんでした。ゲームのクエストの時間も考えると結構厳しいですね。ですから飲食をメインにするのか、あるいはゲームのプレイをメインにするのか考えてから来店するのがオススメです。複数回行く予定がある場合は別々で考えた方が良さそうです。

また、これは仕方ない部分かもしれませんが、料理の値段はリーズナブル!・・・というわけにはいきません。僕は2名で来店して料理4品とドリンク4品で税込8,030円でした。

来店するとギルドカードというスタンプカードが貰えて、注文する料理の数や来店回数によってノベルティをゲット出来るのですが、これをクリアするのはかなり大変です。一体いくら使えば貰えるんだろ・・・というレベルなので気軽に入手出来ると考えている人は注意して下さい(笑)

滞在可能時間と料金設定がもう少し良心的ならもっと良かったのにと素直に思いました。

スポンサーリンク

モンハン酒場の混み具合は?

僕は火曜日の19時の予約で行きましたが空席は結構ありました。ただし、曜日や時間帯によってかなり差があると思います。僕が90分制となったということは次の時間帯の予約もそれなりにあったということが考えられます。

モンハン酒場の公式サイトやモンハン酒場の公式Twitterでも空席情報が掲載されているのでそちらを確認してみて下さい。営業時間内に電話して聞いてみるという方法もあります。

基本的には事前にネット予約が必要で、申し込みには「MUチケ」の会員登録(無料)が必要です。当日の予約はネットの他にも電話、店頭でも行っています。詳しくはモンハン酒場公式サイトをご覧ください。

営業時間は月~金は17時~23時、土日祝は11時~23時です。

モンハン酒場の公式サイトはこちら

モンハン酒場の公式Twitterはこちら

モンハン酒場天王寺のメニューは?

モンハン酒場のフードメニューは公式サイトで一覧が見れますので事前にチェックしておきましょう。モンハン世界のように金額は「ゼニー」で表わされており、1ゼニーは1円です。フードの名前はどれも個性的ですね(笑)

店舗での注文は各テーブルに置いてあるタブレットで行うのですが、料理のイメージ画像が見れないのでどんな料理か分かりにくいです。料理の画像を見たい場合は公式サイトのメニュー一覧に画像も掲載されているので、注文する際は面倒ですがそちらを参考にしてみて下さい。

僕が実際に注文した料理は以下のものです。

ジンオウガトニック(750ゼニー)とパオウルムーのカシスビア(790ゼニー)です。どちらもアルコールドリンクです。ジンオウガトニックは爽やかなパッションフルーツ系で、上に乗っている黄色いのは雷を模した飴細工です。比較的飲みやすい印象でした。

パオウルムーのカシスビアはシャンディ・ガフのような感じで、上から見ると泡の感じが正にパオウルムー。因みにこの顔の部分は紙っぽい感じで、咬んでみたけど食べれなさそうでした(汗)アルコールは結構キツめです。

ネルギガンテ(790ゼニー)というアルコールドリンクです。カルーアミルクのような感じで上にネルギガンテの角を模した巨大なマシュマロが2つと、尻尾(?)を模した小枝のようなチョコが乗ってます。こちらもアルコールが強めです。

イビルジョー(1,070ゼニー)というノンアルコールドリンクです。なんと1リットルの大ジョッキで出てきます。サイズを知らずに頼んで飲みきれませんでした(汗)マスカットシロップにアイスティーとジンジャエールが入ったティーソーダのような味わいで美味しいです。

大きなパイナップルがジョッキに刺さっていて、インパクトは正にイビルジョー。アルコールバージョンの歴戦イビルジョーというものもあり、こちらも1リットルです。

上手に焼けました!こんがり肉(880ゼニー)です。丸っと純粋な肉のように見えますが、実はハンバーグが骨にくっついている感じになっています。ケチャップソースとマスタードが付いていてお肉の味もグッドです。

イャンクックのから揚げ(790ゼニー)です。ガチの鳥の脚が添えてあるから揚げですが脚は食べれません(笑)。から揚げはジューシーで美味しいです。

クルルヤックの卵料理(930ゼニー)です。器をタマゴの殻に見立てたオムライスで、写真では分かりにくいですがかなりボリュームがあります。個人的に一番気に入った料理で、味も美味しかったので是非食べてみて欲しい一品です。

土砂竜の泥んこビーフシチュー(1,240ゼニー)です。泥の中から頭だけ見えているボルボロスを模したビーフシチューで、頭の部分はバケット(パン)です。語彙力がありませんがこちらも美味でオススメです。

キリンの落雷パフェ(790ゼニー)です。キリンの雷をイメージした飴細工がパフェの上に刺さっています。生クリームの中にはバニラアイスが潜んでいます。生クリームの量もガッツリです。

まとめ

モンハン酒場は視覚、味覚、聴覚でモンスターハンターの世界観に浸れるスポットです。開催期間も短いので是非この機会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

きっとあなたもモンスターハンターが今以上にもっと好きになることでしょう。僕も出来れば期間中にもう一度行ってみたいです。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-飲食

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。