夏バテ

赤ちゃんの夏バテの原因と症状 対処法はどうすればいい?

投稿日:

夏バテという言葉をよく耳にしますがこれは何も大人だけの症状ではありません。当然赤ちゃんも夏バテになるわけですが、大人と違って赤ちゃんは自分で意志を伝えるのが困難ですし、自分で環境を変えることはできません。

ですから周りの大人が赤ちゃんの夏バテに一早く気付き、対処してあげなければなりません。赤ちゃんが夏バテにならない予防をしたり、症状が酷くならない内に対策をしてあげましょう。

今回の記事では赤ちゃんの夏バテについてご紹介します。

スポンサーリンク
  

赤ちゃんの夏バテの原因と症状は?

赤ちゃんの夏バテの原因

・室内と屋外の温度差による自律神経の乱れ
・質の良い睡眠が取れていない
・冷たい飲み物などによる胃腸の不良

実はこれらの夏バテの原因は赤ちゃんだけでなく大人にも当てはまります。特に赤ちゃんと大人が同じ環境で生活している場合はクーラーによる影響が大きいかもしれません。

大人が夏バテだと感じた場合、同様に赤ちゃんも夏バテになっている可能性があるので注意が必要です。もちろん赤ちゃんも大人も夏バテにならないためには食事、睡眠、生活環境をトータルして見ることが大切ですね。

赤ちゃんの夏バテの症状

元気がない

元気がなくボーっとしていたり、日中でもずっと横になっている場合は夏バテかもしれません。特にハイハイしたり自分で動ける年齢の赤ちゃんでこの症状が見られた場合は要注意です。

食欲が無い

普段食欲旺盛だったのにある時から食が進まなくなることもあります。場合によっては水分すら取りたがらないこともあるので脱水症状に陥ることもあります。唇が渇いている場合は脱水症状の可能性も考えられるのでチェックしてみましょう。

下痢や嘔吐をする

冷たい食べ物や飲み物は消化不良になりやすく、下痢や嘔吐の原因にも繋がります。暑い時期であっても冷たい物の摂り過ぎは大人以上に注意が必要です。

熱がある

赤ちゃんは大人よりも体温が高くて汗をかきやすいです。体温調整の機能も弱いためクーラーなどで汗が冷やされると発熱しやすいです。熱が出るのは言わば風邪の症状でもありますが、夏風邪も夏バテの一つだと言えます。

寝付き・睡眠の質が悪い

部屋の温度が快適でないと寝付きにくくなってしまいます。室内が暑い、あるいは寒いと睡眠を阻害する要素になります。また、騒がしい場所や明るすぎる環境での睡眠もあまり良いものではありません。

スポンサーリンク

赤ちゃんの夏バテの対処法は?

クーラーの温度を調整する

大人でも夏バテの原因のトップを占めるのがクーラーによる室内と屋外の温度差です。具体的に言うとクーラーの設定温度は屋外との温度差を5℃以内にするのがオススメです。例えば外の温度が32℃ならばエアコンの温度は27℃以下にしないといった形です。その理由は5℃以上の温度差があると自律神経が乱れて夏バテを引き起こしやすいからです。

また、クーラーの風が出来るだけ直接肌に触れないようにして、身体が冷えすぎるのを避けましょう。節電などで設定温度を高めにすることもあるかと思いますが、その場合は扇風機を併用したり工夫するのが良いでしょう。部屋に温度計を設置して特に赤ちゃんの睡眠時の室温には気を配りましょう。

規則正しい生活を心掛ける

赤ちゃんにも規則正しい生活リズムが大切で、特に大切なのは睡眠のタイミングです。生後3~6ヵ月になると赤ちゃんは昼夜の識別が出来るようになってきます。少しずつ寝かし付ける時間を調整していき、成長ホルモンの最も分泌される午後10時~午前2時の間は寝られるようにしてあげましょう。

この時間に質の良い睡眠を取ることは非常に重要で、日中の疲れを取りやすい睡眠時間帯でもあるので、朝寝や昼寝の時間を長く取り過ぎないように可能な限り調整していきましょう。新生児や1~3ヵ月までの赤ちゃんは睡眠の調整は難しいので、あまり気にする必要はありません。

食事を変えてみる

赤ちゃんの食欲が無くてあまり食べてくれない時は、口当たりが良くて食べやすい食事に変えてみましょう。リンゴを擦り下ろした物や冷たいスープ、ゼリーのような感覚で食べられる茶碗蒸しなどがいいですね。

冷やして食べる物は冷やし過ぎには注意しましょう。食欲が回復してきたら普段の食事を少しずつ混ぜて栄養も考えて行きましょう。

水分をこまめに摂る

脱水症状にならないためにもこまめに水分補給をさせましょう。一度にたくさん飲ませるのではなく、少量でもあげる頻度を増やした方がいいでしょう。外出する場合は水分を摂らせてから外出し、出先でも与えるのを忘れないようにしましょう。

また、大人が飲むスポーツドリンクを赤ちゃんに与えるのは基本的にNGです。確かに塩分や糖分が含まれているので夏場の水分補給には優れますが、赤ちゃんにとっては虫歯の原因や腎臓に負担がかかりやすかったりします。離乳食が始まる生後6ヵ月頃までの水分補給はミルクや母乳だけで十分で、それ以降の赤ちゃんには水や麦茶がオススメです。

まとめ

赤ちゃんの夏バテも大人と同じような原因が考えられます。飲食物、睡眠、エアコンなどの生活環境に気を付ければ夏バテの予防や改善に繋がるでしょう。

しかし、夏バテだと思っていたら実は違う病気である可能性も考えられるため、一度専門医に診て貰うことも重要なのでその点は忘れないようにしたいですね。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-夏バテ

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。