夏バテ

夏バテの原因はクーラーかも?クーラー病の症状と解消法は?

投稿日:

夏場の室内での暑さ対策と言えばクーラーによる温度調整を利用する方が多いのではないでしょうか。エアコンは快適な室温にすることが出来る今や無くてはならないものです。しかし、そのクーラーによって体調を崩すこともよくありますよね。そういった症状を未然に防ぐにはどのような対策を行えばいいのか改めて知っておきましょう。

今回の記事では、クーラーによる夏バテについてご紹介します。

スポンサーリンク
  

夏バテの原因はクーラーかも?

日本の夏場は高温多湿なため頭や身体がだるく感じるというのが、夏バテの原因だと考える方が多いのではないでしょうか。もちろんそれらは間違いではありませんが、その夏バテの原因に拍車をかけているのがエアコンである可能性が高いのです。

何故クーラーが夏バテに繋がるのかと言うと、それは屋外と室内の気温差に原因があります。温度の違う場所を行き来することによって身体はストレスを感じたり、自律神経が乱れやすくなります。

暑さによって汗をかくことによる脱水症状も夏バテの一つではありますが、食欲不振や睡眠不足なども自律神経に不調をきたした症状だと言えます。

夏バテのクーラー病の症状は?

クーラー病(冷房病)とは正式な病名ではなく日本特有の呼び方です。特に自律神経が不安定な乳幼児やお年寄り、オフィスなどで薄着しがちな女性に多いと言われています。

室内と屋外が5℃以上の急激な気温の変化があると自律神経である交感神経と副交感神経が上手く働かず、体調不良として症状が現れるものをクーラー病と呼んでいます。

クーラー病による症状は、肩こり・むくみ・身体の冷え・疲労感・鼻炎・頭痛・腹痛・腰痛・食欲不振・睡眠不足・下痢・便秘・頻尿・月経不順などが挙げられます。夏場にこれらの症状が現れた場合はクーラーによる自律神経の乱れから来る「夏バテ」である可能性も十分考えられるので一度ご自身の状況を振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

クーラーによる夏バテの解消法は?

クーラーの温度調整をこまめに行う

夏場の快適な室内温度は25~28℃で、湿度は55~65%だと言われています。この室温・湿度を守りつつ、屋外との気温差が5℃以内になるように時間や日によってクーラーの温度調整をこまめに行いましょう。

そのためにも温度計や湿度計を設置しましょう。湿度が高すぎる場合は除湿器も使用して快適な湿度をキープするのがオススメです。

クーラーの風が直接当たらないようにする

可能な限りクーラーの風が直接当たる場所に長時間居ないようにしましょう。それが難しい場合は薄手の上着を着て肌に直接クーラーの風が当たらないようにするのがいいですね。

夏場に外に出かける時でもそういった上着を持参しておけば、クーラーが効きすぎている室内でも体調を崩しにくくなるでしょう。また冷たい空気は下に行きやすく足から身体が冷えやすいので、夏場であっても靴下を履くという対策もいいですね。

また、風呂上りや睡眠時に暑いからといってクーラーの温度を下げすぎたり、裸で寝たりするのは避けましょう。夏バテだけでなく夏風邪を引く原因にも繋がります。

扇風機を使用する

現在ではクーラーの普及が進んだため昔よりも扇風機を使用する方は減ったように感じます。しかし、クーラーよりも扇風機の方が体調を崩しにくい暑さ対策になります。扇風機だけでは暑くて耐えられない場合は、クーラーも併用して設定温度は高めにしておくのがいいでしょう。

扇風機を使用する場合は動きを固定せずに首振りの状態にして、空気を循環させるのがポイントです。扇風機の風でも長時間当たり続けると目や肌が乾燥することもあるので、適度な時間で一度使用を止めて暑く感じたらまた付けるといった方法も有効です。

軽い運動を心掛ける

夏は暑いから運動なんてしたくないと考えがちですが、身体を動かしてストレスを発散したり血流を促すことはクーラーによる夏バテにも効果的です。暑い状況下でジョギングをするような過酷な運動をする必要は無く、ストレッチをするだけでも十分です。

オススメはお風呂上りにストレッチを行うことです。お風呂でクーラーで冷えた身体を温めて、更にストレッチをすることで血行を良くすることができます。また、ストレッチをすることによって疲れも取れやすくなるので、1日10~15分程度でいいのでストレッチを習慣にしてみてはいかがでしょうか。

身体の冷えない飲食物を心掛ける

夏と言えば冷たい食べ物や冷たい飲み物を欲しやすくなります。ただし、そればかりでは身体の冷えの原因にも繋がりますし、クーラーによって更に体調を悪くしやすくなります。

夏でも温かい飲食物を口にしたり、ショウガ・ネギ・カボチャ・玉ねぎ・ニンニクや香辛料も身体を温める効果があります。こういった物を意識して取り入れてみるのもいいですね。また、冷たい飲み物は氷を入れ過ぎたりしないように気を付けましょう。

まとめ

夏バテの原因は屋外が暑いからだけではなく、室内のクーラーによる温度差にも原因があると言えます。まずはそれぞれの温度差が5℃以内になるようなクーラーの設定温度にしましょう。あなたの意志で設定温度を変更できない場合は薄着の上着を羽織るのが一番簡単ですね。

また、それだけではなく運動や食事にも気を付けることでクーラーによる夏バテを軽減することは出来るでしょう。少しずつあなたの出来る範囲で取り入れて夏バテを解消していきましょう。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-夏バテ

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。