七夕

七夕の由来を子どもに説明する方法と絵本で三歳児向けの物

投稿日:

七夕の由来を子どもに聞かれた時にあなたはサッと答えることが出来ますか?大人向けの説明の仕方で子どもに話すと上手く伝わらないことがあります。特に難しい言葉は極力噛み砕いた方がいいですね。子どもへの説明が苦手な方でも絵本でのストーリー仕立てだと、子どもにも内容が伝わりやすいですし三歳児にもオススメです。

今回の記事では、七夕の由来の子ども向けの説明についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

七夕の由来を子どもにどう伝える?

日本の伝統行事には七夕も含めてひな祭りやこどもの日などたくさんありますね。それらの行事に子どもが参加することによって、後の世代に伝統行事を伝えていく役割や、子どもの思考力や行動力を育てる目的もあります。

七夕は五節句の一つであり、旧暦の7月7日の夜に行われていたため「七夕(たなばた)」と呼ばれ「しちせき」とも言います。日本には元々、棚機女(たなばたつめ)という伝説もあり、中国の文化である織姫と彦星の七夕伝説が合わさって今の「七夕」の形になっています。

棚機女(たなばたつめ)伝説とは?

棚機女とは機械で織物を織る女性のことであり、日本のお盆前の旧暦7月6~7日にかけて行われていた、禊(みそぎ)のためにその織物が使用されていました。7月6日の晩に棚機女の織った織物を「棚」にお供えして、翌日の7日に身の穢れを清めるために水辺に笹やお供え物を流したという言い伝えが棚機女伝説です。

ここで言う棚というのは神棚のようなもので、「棚(たな)=七夕(たなばた)」という呼び方であったり、七夕伝説の織姫も織物を仕事としていたことから、日本でも受け入れられるようになったのが七夕です。

七夕の由来を子どもに説明する場合は?

基本的に七夕の由来を子どもに説明する時は、日本の棚機女伝説よりも中国の七夕伝説の方が有名なのでそちらを話した方が意味が伝わりやすいでしょう。日本の棚機女伝説については子どもが小学生くらいになってから補足的な役割で話す程度でいいかもしれません。

では七夕伝説についてある程度知っている方もいるかと思いますが、簡単におさらいとして見てみましょう。

【七夕伝説の簡潔な内容】

神の世界には織姫という織物を織る働き者の娘がいました。年頃の女性ではあるが仕事以外に興味を示さないため、神様は牛飼いの青年(彦星)と織姫を引き合わせました。

やがて二人は結婚したものの、仕事もせずに毎日だらけて遊んでいました。それを見かねた神様は二人が二度と会えないように、天の川の東と西に織姫と彦星を引き離しました。

二人は反省して一生懸命仕事をすることを誓ったため、神様から年に一度だけ会う許可が下りました。その日が7月7日です。

織姫と彦星はお互いに会えるその日を楽しみにして、仕事を熱心に行うようになりました。

子どもに説明する場合は上記のように簡潔な方が分かりやすいでしょう。七夕伝説から子どもへ伝えられるメッセージとしては、「だらけていると好きなこともできなくなる」「一生懸命行えば望みは叶う」といった意味合いがありますね。
大人になるための重要な内容でもあるので、是非七夕という機会を通して子どもの教育に役立てたいところです。

七夕の絵本で三歳児でも分かる物はどれ?

七夕に関する絵本は数多くありますが、ここでは三歳児でもストーリーが想像しやすく、七歳児くらいまでが対象の絵本を一冊ご紹介します。

教育画劇が出版している「たなばたものがたり」という絵本がおすすめです。舟崎克彦さんが作、二俣英五郎さんが絵を担当していて、七夕伝説を忠実に再現されていて分かりやすく、絵もくっきりしていてイメージが湧きやすいのが特徴です。麻田枝里さんが朗読している動画もあるので、絵本の内容が気に入ったら購入するとう形を取ることもできますね。

保育園や幼稚園などでも毎年活用することの出来る一冊なので、絵本の読み聞かせで迷ったらこの「たなばたものがたり」を選んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

七夕の由来を子どもに伝えるには日本の棚機女伝説よりも、中国の七夕伝説について話した方が分かりやすいでしょう。話として伝える場合は長々と話すのではなく、出来るだけ簡潔に話すのがポイントですね。

絵本の絵を見せながら読み聞かせすると三歳児であってもストーリーが理解しやすくなるでしょう。絵本のチョイスで迷った時は「たなばたものがたり」を一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-七夕

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。