ダーツ

フィットフライトの特徴と初心者向けの形 エアーの違いは?

更新日:

ダーツを始めたての方はシャフトの先端が十字に割れていて、その部分にフライトを差し込んで固定するタイプの物を使用する方が多いですね。しかし、ダーツを投げているとフライトがシャフトからポロポロ外れて、ストレスに感じる・・・なんてことよくありませんか?

そんなストレスを軽減できるのが、COSMO DARTSが販売しているFit Flight(フィットフライト)です。有名な商品で多くのプロのダーツプレイヤーも使用していて初心者にもオススメのフライトで、僕もダーツを始めたての頃に直ぐに買い替えましたがとても快適です。

今回の記事では、フィットフライトについてご紹介します。

  

フィットフライトの特徴は?

フィットフライトは根元には穴が空いていて、その穴にフィットフライト専用のシャフトの先端を差し込む形になります。フィットフライトの特徴は大きく分けて2つあります。

フライトがシャフトから外れにくい

一般的なフライトはシャフトに固定されて左右に動くことが無いため、二本目以降のダーツがフライトに触れるとその衝撃でフライトが外れやすいです。一方、フィットフライトはシャフトに完全に固定されずに左右にクルクル回転するため、フライトがシャフトから外れにくくなります。これによりフライトが外れやすいストレスを軽減することにも繋がるわけですね。

フライトをはめ込む際にカチッとシャフトの窪みにハマりますが、フライトを交換する時は軽く引っ張れば簡単に取り外すことができます。投げているだけでは外れにくく、取り外しもしやすいのが一つ目の特徴だと言えます。

後続のダーツが弾かれにくい

前項目のフライトが回転する特徴から、二本目以降に投げるダーツがフライトに当たった時に弾かれにくくなります。これにより失投を減らしてグルーピングしやすい状況にも繋がりやすくなります。

ダーツは三本ともブルを狙ったりするような状況がたくさんあるので、その時に他のダーツ同士の干渉を減らすことは重要な要素となってきます。後続のダーツが弾かれにくいことは、ハイスコアを狙いやすくもなるというのが二つ目の特徴ですね。

フィットフライトのデメリットは?

フィットフライトのデメリットは専用のシャフトが必要なことと、それに伴う出費が大きくなりがちな点だと僕は思います。販売店や物によって違いますが、フィットフライト3枚セットで540円(税込)、6枚セットで864円(税込)くらいです。フィットフライトのシャフトは、3本セットで756円(税込)くらいなので普通のフライトやシャフトに比べると割高に感じやすいですね。

ネットで購入する場合は送料が発生してしまうケースが多いので、まとめ買いをして「○○円以上なら送料無料」といった店舗を利用するのもいいかもしれませんね。

また、フィットフライト用のシャフトには「スピンタイプとロックタイプ」がありますが、初心者の方はこの意味を知っておかないと購入して失敗する可能性もあります。スピンタイプは文字通り先ほどご紹介した「フライトが回転する半固定タイプ」のことです。

一方、ロックタイプは一般的なシャフトのように「フライトが回転しない固定タイプ」のことで、見た目はスピンタイプに似ています。フィットフライトで回転する物を選びたい場合は、シャフトのタイプは「スピンタイプ」を選ぶようにしましょう。

初心者向けのフィットフライトの形は?

フィットフライトの形は一般的なフライトの形と同じ基準で選んで問題ありません。初心者の方はフィットフライトでも「スタンダード」か「シェイプ」を選ぶのがオススメです。フライトの面積が広くなるほどダーツは安定した飛びをしやすくなり、多少投げ方が悪くても軌道修正する力が働きやすくなります。

この特徴が現れやすいのがスタンダードとシェイプで、初心者だけでなくプロの方でも使用している方が結構多いです。僕が好きな日本の最前線で活躍している村松治樹選手もフライトの形はシェイプを使用しています。彼が使用しているのはフィットフライトではなくフライトLですが(笑)

一方、スーパースリムなどの面積が狭いフライトだと直線的な飛び方になり、フライトが他のダーツに干渉しにくくなるためグルーピングで有利になるといったメリットがあります。その分ダーツの飛びの安定性は下がりやすいので、この辺りはスタンダードやシェイプから使い始めて、気になったらいずれ触ってみるといいでしょう。

僕は途中で「カイト」タイプにしましたが、しっくりこなかったので結局「シェイプ」タイプに落ち着きました。

フィットフライトとエアーの違いは?

「フィットフライト」という物と「フィットフライト エアー」という物がありますが、初めて購入する方はこの違いも理解しておきましょう。ここではフィットフライトを「ノーマル」、フィットフライト エアーを「エアー」と表記します。

簡単に言うとエアーはノーマルを約33%軽量化してしなやかさをプラスしたフィットフライトです。ノーマルより羽の肉厚が薄く柔らかいため、後続のダーツからの弾かれを更に軽減した正に「羽」に近いフライトだと言えます。また、エアーはノーマルと違って透明感があって見た目がクリアでとても綺麗です。

しかし、僕自身も実際にエアーを使ってみて、フライトの耐久性に問題を感じました。商品としては「しなやかさがあるため耐久性も十分」と紹介されていますが、数時間投げただけでフライトの十字部分が裂けることが多かったです。

確かにエアーはグルーピングの邪魔をしにくいですが、劣化が激しくノーマルよりもフライトの買い替えに拍車がかかる印象が拭えませんでした。結局僕はノーマルからエアーにしたものの直ぐにノーマルに戻しました。

気になる方は一度使用しても良いかと思いますが、個人的なオススメはエアーよりもノーマルのフィットフライトですね。

まとめ

フィットフライトの大きな特徴はシャフトからフライトが抜けにくく、グルーピングしやすくなる点が挙げられますね。スピンタイプにするかロックタイプにするかで、その特徴も変わってくるので覚えておきましょう。

フライトの形は初心者でも経験者でも、スタンダードかシェイプを選んでおけばまず間違いないでしょう。他の形状を使用する場合はあなたの好みや投げ方に合わせて、いきなり変えずに徐々に変えた方がいいかもしれません。

フィットフライトエアーを使用する場合は、耐久面ではノーマルに劣ると個人的に感じるので参考程度に捉えていただければ幸いです。

-ダーツ

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。