お中元

新婚で義理の両親へのお中元は必要?準備時期と義実家の相場

投稿日:

結婚を切っ掛けにお中元について考え出す方も多いのではないでしょうか。お中元は日頃の感謝の気持ちを贈り物に託す日本伝統の風習です。特に今後長いお付き合いとなる義理の実家にはやはり贈るべきなのかな?と悩む事もありますよね。

今回の記事では、新婚で義理の両親へのお中元についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

新婚で義理の両親へのお中元はどうする?

新婚で義理の両親へのお中元を考える時に大切なのは、そもそもお中元を贈るべきかどうかということです。根本的な部分ですが本来お中元は気まぐれで贈る物ではないので、あなたが毎年無理なく贈ることが出来るのかどうかが重要なポイントだと言えます。

これが何を意味するのかというとお中元を贈り始めると毎年手間暇がかかり、経済的な負担も掛かるということです。意外に思うかもしれませんが実際にお中元を贈り始めたものの、やっぱり途中で送るのを止めたいと考える方も少なくないのです。その一番の理由は義理の実家への贈り物は年間通して見ると、義実家へ行く際の手土産、子どもへのお年玉、母の日や父の日、父母の誕生日、そしてお中元やお歳暮などたくさんあるからです。

贈り物を贈る機会が増えてくると日頃の感謝の気持ちを表現するはずのお中元も段々と義務化していき、あなた自身もしんどくなってくる可能性があります。ですからお中元を贈る際にはお中元以外の義実家への贈り物の負担についても合わせて考えて、優先順位を決めてから贈るかどうかを考えてみてはいかがでしょうか。お中元は送らずにお歳暮だけを贈るようにした方が負担も減り、その一年間の感謝の気持ちを表現できるのでこの方法を取ってみるのもいいかもしれませんね。

お中元などの贈り物について考える際は独断で決めてしまわずに、必ず夫婦間で話し合うことが大切なのでどちらかに任せっきりにならないようにしましょう。今後の夫婦間や義実家とのトラブルにも繋がる可能性があるので気を付けましょう。また、義理の両親と話し合って「お互いにお中元やお歳暮などは送らないようにしましょう」と決めておく方法もあります。その場合義理の両親と血縁関係のある夫、または妻が話を切り出すとスムーズに話を進めやすいでしょう。

因みに僕には結婚している兄と姉がいますが、兄は義理の親にお中元を贈っていますが姉は贈っていません。兄弟間でも考え方が違うので「必ずこうでなくてはならない!」と考えを凝り固まらせる必要はないでしょう。

お中元はあくまで「日頃の感謝の気持ちとして是非贈り物をしたい」という気持ちが前提なのでこれは忘れないようにしたいですね。

スポンサーリンク

お中元を準備する時期はいつ?

義理の実家へお中元を贈ることが決まったら、まずお中元を贈るべき期間を把握しておきましょう。お中元は夏の贈り物ですが地域によって贈る時期が多少違います。関東では7月上旬~7月15日、関西では7月下旬~8月15日までに届くように送るのが一般的です。

ポイントは上記の期間の間に届くように送ることなので、この期間に入ってから準備していては遅いですね。百貨店などでお中元の商品を売り出すのは6月上旬頃からなので、関東では遅くても6月下旬までに、関西では7月中旬までには準備しておきましょう。

また、近年では地域によるお中元を贈る期間の差がなくなりつつあるようです。初めてのお中元を贈る際にもしも不安であれば、一度あなたのお住いの地域の友人や知人で、既にお中元を贈ったことがある方に相談してみると良いでしょう。その他にも百貨店のスタッフに直接お中元を贈る期間の傾向を聞いてみる方法もありますので参考にしてみて下さい。

義実家へのお中元の相場は?

義実家へのお中元の相場は大体3,000~5,000円程度です。5,000~10,000円程度で選ぶ方もおられますが、あまり高い物を選ぶと相手にも気を遣わせてしまったり、あなたのご家庭の経済的な負担も大きくなるのでよく考えて選びましょう。

お中元の値段は毎年大きく変えていくものではありませんので、例えば3,000円程度の物を選ぶと決めたら毎年この値段の物で構いません。むしろ3,000~5,000円の金額の幅であっても毎年ころころと変えてしまうと、商品の種類によっては相手側に商品の質の違いが分かってしまう場合もあります。金額を落とした場合、口にはせずとも「去年よりも質が落ちた。」と捉えられる場合もあるかもしれませんので注意しましょう。

因みにお中元は日頃の感謝の表明と共に、「贈った物を活用して暑い夏を乗り切って下さい。」という意味合いもあります。ですからビールや飲み物、そうめんなどの夏にピッタリのギフトを選んでみるのがいいかもしれませんね。基本的に物として残る物よりも飲食物などの消耗品の方が喜ばれやすいので参考にしてみて下さい。

まとめ

新婚で義理の両親へのお中元を考える時は、まず贈るか否かをしっかり夫婦間で話し合うことが大切です。あなたの他の兄弟や友人・知人がどのようにしているのかを参考にしてみるのもいいでしょう。

義理の両親にお中元を贈ると決めたら送る時期を守って、毎年無理のない金額設定をしておきましょう。お中元を贈るのが義務化しないように感謝の気持ちは忘れないようにしたいですね。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-お中元

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。