父の日

父の日の義理の父への予算は?プレゼントのオススメと渡し方

投稿日:

母の日には義理の母親にプレゼントを贈ることもありますが、父の日に義理の父親にプレゼントすることも忘れてはなりませんね。とは言え母の日ならカーネーションという有名な選択肢はあるものの、父の日は何を選べばいいのか悩む方も多いのではないでしょうか。実父ではなく義父となれば尚更予算やプレゼント内容、渡し方も気になるところです。

今回の記事では、父の日の義父へのプレゼントについてご紹介します。

スポンサーリンク
  

父の日の義理の父への予算は?

父の日のプレゼントの予算は10,000円以内が相場であり、特に割合としては3,000~5,000円程度のものを選ぶ方が最も多いです。予算に関しては実父でも義父でもほとんど相違がありません。

しかし、ここで注意しなければならないのがあまり高価すぎる物を選ばないことです。

その理由の一つとして相手(義父)に気を遣わせてしまう点が挙げられます。確かに高価な物は誰もがプレゼントとして貰えると嬉しいものですが今後、義父があなたや家族に何かプレゼントをすることになった場合、「それに見合ったプレゼントをしなければ。」という考えを招く原因に繋がります。

二つ目の理由は高価なものを一度プレゼントすると、それ同等のプレゼントを毎年贈る必要があるからです。母の日や父の日などのプレゼントは本来一度だけ贈るものではなく毎年贈るものです。ですから気まぐれで「今年は奮発して高価なものを選ぼう。」という考えは避けた方がいいでしょう。来年以降に明らかな金額を下げたプレゼントをすると「去年よりもプレゼントの質が落ちたな。」と口にせずとも相手は感じることでしょう。

以上の二つの理由から毎年父の日に義父へのプレゼントを贈ることを考えると、高くても一万円以内に収めておいた方がいいと個人的に思います。ただ、この辺りはあなたのご家庭のお財布事情にもよりますから、「毎年この金額程度なら経済的にも問題ない。」と思える金額設定をしましょう。

また、父の日の約一ヵ月前には母の日もありますから、母の日の義母へのプレゼントと父の日の義父へのプレゼントは必ず両方贈るようにしましょう。この理由はどちらか一方だけにプレゼントを贈るのは失礼でもありますし、相手に不満も与えるからです。更には母の日と父の日のプレゼント金額にも大差が出ないように気を付けましょう。

スポンサーリンク

父の日のプレゼントで義理の父へのオススメは?

実父の場合と違って義父へのプレゼント選びは少々気を遣いますが、父の日に義父が貰って嬉しいと思う物は実用品や相手の趣味や趣向に合う物などです。ただ、義父の趣味に関する物はこだわりがある場合もあるので、あなたが詳しい好みを知らなければ避けた方がいいかもしれませんね。

ここでは夏に向けた実用品ギフトのオススメを二つご紹介します。

真空断熱タンブラー

内部が二重構造になっているタンブラーで、冷たい飲み物が冷めにくい・氷を入れても溶けにくい・タンブラーの表面が結露しないなどの特徴がある夏場にピッタリのプレゼントです。更には熱い飲み物を入れても表面が熱くならないので冬場でも活用できるため非常にオススメです。

この手のタイプのタンブラーは僕も実際に使用していますが、他のコップだと不便に思う程の便利アイテムだと感じます。お酒を飲まない方にも喜んで貰えるプレゼントだと言えるでしょう。


【あす楽】≪送料無料、ただし九州・北海道500円、沖縄1000円≫◎JMO-GP2 サーモス真空断熱タンブラー400ml 2個入ギフトセットステンレスミラー仕上げ

甚平

夏場の部屋着や寝巻きとして活躍する甚平ですが父の日に贈る方も多いです。甚平の最大の特徴は汗をかいてもベタ付かずに着心地も楽な点ですね。僕も去年初めて甚平を買って夏場に使用していましたが、本当に甚平は汗で身体に張り付くことが無いので非常に快適でした。

ただ、僕が買った甚平は2,000円くらいの安物だったのでズボンのサイドにポケットが無かったり、トイレの際に使用するファスナーがなかったりと少々不便でした。ですから甚平を選ぶ際はそれらの問題をクリア出来ている以下のような甚平を選ぶのがオススメですね。


品質本位!【日本製・送料無料】全て日本で生産した純国産の甚平。贈り物にも最適です。父の日日本製 花火大会 なつまつり

甚平を義父にプレゼントする際には相手に合ったデザインやサイズを選ぶことが大切です。その辺りがもしも分からなけらば義母にこっそり聞いてしまうのもありでしょう。

父の日のプレゼントの渡し方は手渡し?郵送?

言うまでもありませんがプレゼントは可能な限り手渡しで渡した方が相手は喜んでくれます。あなたの住まいから義父の住まいが近いのであれば直接出向いて渡せるようにしましょう。その際には「いつもお世話になっています。」と感謝の言葉も忘れないようにしたいですね。

もしも、義父の住まいが遠かったり何らかの事情で郵送する場合は、手紙やメッセージカードは必ず添えておくようにしましょう。プレゼントだけを贈るのはこれも失礼でありますし相手も不満に感じることもありますから、一言でもいいので忘れないように注意しましょう。

仮に郵送後にメッセージを添え忘れたことに気付いたら、必ず電話をして普段の感謝の言葉とどんな品物を贈ったのかを伝えるようにするべきですね。

まとめ

父の日の義父への予算は実父と同様の10,000円以内で、3,000~5,000円程度で考えてみるのもいいでしょう。父の日は夏間近なので実用性のある夏に向けてのギフトを僕はオススメします。

プレゼントは可能な限り手渡しで渡すのがベストですが、手渡しの場合も郵送の場合も感謝の言葉を付け加えるようにして、あげる側・貰う側の両方にとって良い父の日となるように心掛けたいですね。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-父の日

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。