父の日

父の日に贈る花は何?色の注意点とメッセージカードは必要?

更新日:

母の日と言えばカーネーションを贈ることで有名ですが、父の日にも相応しい花があるのをご存知でしょうか?女性に比べると男性は花を貰う機会は少ないかと思います。ですから今年の父の日にはいつもと違った「花のプレゼント」を考えてみてはいかがでしょうか。近年ではガーデニングを趣味にされている男性も増えていますし、お父さんに花に対して興味を持ってもらえる良い機会にもなるかもしれませんね。

今回の記事では、父の日に贈る花についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

父の日に贈る花は何?

黄色いバラ

父の日に贈る花として最も人気なのが黄色いバラです。日本では「母の日のカーネーション」、「父の日の黄色いバラ」というのが有名です。花屋でも父の日には黄色いバラを売りにしている店舗は多いですね。

父の日にバラを贈る習慣が生まれたのは父の日を提唱した、アメリカのワシントン州のソノラ・スマート・ドッド婦人がきっかけです。ドッド婦人には当時、存命の父親には赤いバラを、亡くなった父親には白いバラを贈る習慣がありました。この習慣がやがて日本にも伝わり、父の日にはバラを贈るようになりました。

父の日のバラの色が黄色に変わったのは、1981年に設立された日本ファーザーズ・デイ委員会(FDC)で開かれた「黄色いリボンキャンペーン」がきっかけです。黄色には「家族の愛情や幸福」という意味があり、父の日の贈り物には黄色いリボンを添えましょうといった内容です。

この黄色いリボンキャンペーンと前述の父の日にバラを贈る習慣が合わさって、「父の日には黄色いバラ」という形に変わっていきました。

ガーベラ

母の日に贈ることもあるガーベラですが父の日にも相応しい花です。黄色いガーベラには「親しみやすい」という意味合いがあります。特に父親と話す機会が少ない方は「本当はもっと色々話がしたい」といったことをアピールすることも出来るでしょう。ガーベラの話題を持ちかけて父親と普段はできない会話をする良いきっかけにもなるかもしれませんね。

また、オレンジ色のガーベラには「元気」「我慢強さ」などの意味があります。父親にいつまでも元気でいて貰いたい思いや、何かと我慢することの多い父親に対してぴったりの色でもあります。黄色とオレンジを組み合わた明るいイメージのガーベラを贈るのもいいですね。

ひまわり

ひまわりは夏の花の印象がありますが、父の日に贈る方も比較的多いです。ひまわりには「親しみやすい」「元気」「憧れ」などの意味合いがあります。比較的小ぶりで鉢植えにも入るサイズのミニひまわりも大変人気があります。紫や白のひまわりもありますが、やはりひまわりに関しては黄色が鉄板ですね。

スポンサーリンク

父の日に贈る花の色の注意点

ここでは「黄色い薔薇」についての注意点をご紹介します。「家族の愛情や幸福」の意味を持つ黄色いバラですが、実はマイナスイメージの意味も複合しているのです。具体的に黄色いバラは「薄らぐ愛」「誠意がない」「嫉妬」などの意味があります。

こうして見ると黄色いバラって本当に父の日に相応しいの?と疑問に感じてしまうこともありますよね。プラスとマイナスの花言葉が複合していると、貰う側もあげる側も悩ましく思う事もあるでしょう。

しかし、全ての花や色に対して言えることですが、大切なのは贈る側の気持ちです。あなたが感謝の気持ちを込めて父親に花を贈ればきっとその思いは伝わります。もちろん菊の花のように明らかに故人に向けて贈る花を存命の父親に贈るのはさすがにNGではありますが(汗)

【父の日の黄色いバラのマイナスイメージを消すには?】

もしも黄色いバラ単色でのマイナスイメージが気になる方は、ピンクやオレンジのバラを混合させて渡しましょう。ピンクのバラには「感謝」「温かい心」の意味、オレンジのバラには「健やか」「信頼」の意味もあるので、黄色のバラと合わせることでマイナスイメージを緩和できるのでオススメです。

その他の注意点としては、生花は世話が面倒だと感じる父親も少なくないことです。もしも、そう思われることが不安であれば「プリザーブドフラワー」という水やりの必要がなく、半永久的に綺麗な状態で保管できる物もあるので、生花よりもプリザーブドフラワーを選ぶといいでしょう。

父の日のメッセージカードは必要?

父の日の贈り物と一緒に是非メッセージカードも渡しましょう。普段言えない言葉を書いてみるのもオススメです。特に黄色いバラを渡す時にはマイナスイメージを打ち消す言葉を添えると誤解を避けることも可能です。ここでは簡単な文例をご紹介します。

お父さんへ

いつもお仕事お疲れ様です。これからも元気で幸せでいられるように黄色いバラを贈るね。

普段口に出来ないけどいつも感謝しています。ありがとう。

○○より

あまり長文でなくてもいいので、あなたの言葉と手書きで書くのがポイントです。文字や文章が下手でも手書きの方がグンと気持ちが伝わりやすくなるので、是非取り入れてみて下さい。

まとめ

父の日には黄色いバラを始め、黄色いガーベラや黄色いひまわりもオススメです。黄色いバラにはマイナスの意味合いもあるので、プラスの意味の強いピンクやオレンジのバラを合わせて渡す工夫をすると良いでしょう。

父の日のプレゼントには手書きのメッセージカードも添えて、黄色いバラのマイナス印象を打ち消したり、普段口頭では言えない言葉を付け加えてみるといいでしょう。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-父の日

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。