母の日

母の日のカーネーションは何色?カーネーション以外の花は?

投稿日:

あなたは母の日のカーネーションといえば何色を思い浮かべますか?多くの方は赤いカーネーションを想像するのではないでしょうか。母親に「感謝」の意を込めてカーネーションを贈るわけですが、カーネーションにも色が様々あってそれぞれ違った花言葉が存在します。

赤色以外のカーネーションを選ぶのはいつもと違った新鮮さを感じられますが、色に込められた意味を知っておかないと「そんなつもりじゃなかったのに・・・」となる可能性も考えられます。

今回の記事では、カーネーションの色とそれ以外の花と色についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

母の日のカーネーションの色は何色がいい?

花の色によって花言葉に違いがありますが、花の種類によって共通した意味合いもあります。カーネーションの色に関係なく共通してるのは、「女性の愛」「純粋な愛情」という意味を持つことです。ですから母の日にカーネーションはピッタリなんですね。では、母の日に相応しいカーネーションの色と避けた方がよい色について見てみましょう。

母の日に相応しいカーネーションの色

【赤】
赤色は「母への愛」「熱烈な愛」といった意味合いがあり、母親に対する愛情を表現する色です。カーネーションの色で迷ったら赤色を選べばまず失敗することは無いですね。

カーネーションを母の日に贈る習慣が出来る前は「哀れみ」という意味がありましたが、現在赤色は「愛情」という意味が強いので問題ありません。

【ピンク】
ピンクは「感謝」「気品」といった意味合いがあり、ありがとうという気持ちを上品に伝える時に相応しいですね。ピンクは女性らしい色でもあると言われているので、他の花でもピンクは女性へのプレゼントで使用されることが多い印象です。
【青】
青色は「永遠の幸福」という意味合いがあり、母親に長生きしてもらいたいといった気持ちを込めることが出来ます。青色は落ち着いた印象を与えることも出来るので、普段忙しい母親に選ぶのもいいかもしれませんね。
【紫】
紫色は「誇り」「気品」といった意味合いがあり、クールな印象の母親にピッタリの色です。紫色のカーネーションの意味を母親に伝えることによって、普段会話が少ない母親ともそこから話が広がるかもしれませんね。

母の日に避けるべきカーネーションの色

【濃い赤】
濃い赤色は「欲望」「私の心に哀しみを」といった意味があり、母親に対してというよりも贈る側の欲求が主張されるネガティブなイメージになります。感謝を伝える母の日にこの色をチョイスするメリットは無いでしょうから避けた方がいいですね。
【白】
白色は「尊敬」「純潔の愛」といった意味がありますが、「私の愛情は生きている」「愛の拒絶」といった意味も含んでいます。前者の意味合いは素敵ですし白は綺麗な色ですが、亡くなった母親に贈られることもあります。誤解を招かないように白は選ばないのが無難ですね。
【黄】
黄色は「美」「友情」といった意味がありますが、「嫉妬」「軽蔑」「愛情の揺らぎ」といった意味もあります。黄色もマイナスな印象が強いですし、母親に対して友情というのも少しおかしいので避けるべきカラーですね。
【オレンジ】
オレンジ色は「純粋な愛」「あなたを熱愛します」といった意味がありますが、どちらかというと「恋人に対する愛情」の意味になります。ポジティブな意味合いではありますが、オレンジ色は母親に対して贈るカラーでは無いと言えるでしょう。
【避けた方がいい色を選びたい場合は?】
あなたの母親が好きな色のカーネーションを選びたいなどの場合は、渡す際に「お母さんが好きな色を選んだだけで、マイナスな意味合いで渡すわけじゃないよ。」とフォローの言葉を添えるようにしましょう。こういった一言が有るか無いかで印象が変わってきますから忘れないようにしましょう。
スポンサーリンク

母の日にカーネーション以外の花は?

母の日に贈る花はカーネーションでなければならないわけではありません。その他にも母の日に相応しい花もたくさんあり、実際に贈っている方も大勢います。毎年カーネーションだと贈る側も貰う側も飽きてしまうこともありますので、たまには違った花を選んでみるのもいいでしょう。ここでは3種類に絞ってご紹介します。

バラ

贈り物の花と言えばバラをイメージする方も多いですが、愛情の意味のある母の日にも最適です。バラを選ぶ際のオススメカラーは赤・オレンジ・ピンクです。赤は「愛情」「情熱」、オレンジは「信頼」「絆」、ピンクは「感謝」「温かい心」といった意味があります。

一方、避けた方がいい色は白やオレンジで、白は「純潔」という意味が葬儀のイメージカラーでもあり母の日にはマッチしません。

蘭(らん)

蘭は「優雅な女性」「美人」といった意味合いがあり、いつまでも綺麗な母親であって欲しいという思いも伝えられます。

蘭のオススメカラーはピンクや黄色です。ピンクは「女性らしさ」「あなたを愛している」といった意味があり、黄色は「元気」「幸福」といった意味があります。母親に対していつまでも女性らしく、元気に長生きして欲しいという思いを込められます。

白色は「清純」という意味がありますが母の日には少し微妙ですね。白は店舗の開店などのビジネスシーンなどで使用されることが多い印象なので、母の日には人気のあるピンクや黄色を選ぶのがいいでしょう。

向日葵(ひまわり)

ひまわりは大きな花を咲かせたり、色合いが黄色であることから明るいイメージのある花です。「情熱」「あなたは素晴らしい」などの意味合いがあり、母親の愛や偉大さを表現できる花でもあります。意外にも白色や紫色のひまわりもありますが黄色がやはり鉄板です。

ひまわわりは夏の花という印象がありますが、母の日の時期である5月にも贈り物として用意できます。ミニヒマワリという少し小ぶりの物もありますので、サイズを気にする人にとってもオススメです。

まとめ

母の日に贈るカーネーションの色は「赤・ピンク・青・紫」の中から母親をイメージしたものを選ぶのがオススメです。逆に「濃い赤・白・黄・オレンジ」は特別な理由が無い場合避けた方が無難かもしれませんね。

カーネーション以外の花でも「バラ・蘭・向日葵」などは母の日にも相応しいので、そういった別の花を選んでみると母親にとっても新鮮味があるでしょう。最も大切なのは「気持ち」なので、あなたの母親に対する「感謝」を贈る花に込めて母の日をお祝いして下さいね。

スポンサーリンク


-母の日

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。