目の悩み

パソコンやスマホの疲れ目の原因は?対策とストレッチ方法

更新日:

近年ではパソコンやスマートフォンは、必要不可欠のツールとなってきましたね。この記事を見ているあなたもそれらのツールを利用されて見ているかと思います。

しかしそれに伴って、体の不調を感じる方も多いのではないでしょうか?特に一日中、長時間ディスプレイを見て作業するのは、目にもかなりの負担がかかります。僕自身も目がよく疲れます(汗)

今回の記事では、

・パソコンやスマホによる疲れ目の原因
・パソコンやスマホによる疲れ目の対策
・目の疲れに効果のあるストレッチ方法

についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

パソコンやスマホによる疲れ目の原因

まず、近距離に目のピントが合い続けることが疲れ目の原因だと言えます。目の中には水晶体というカメラのレンズのようなものがあります。近くを見ると水晶体が分厚くなり、遠くを見ると薄くなります。この水晶体を調整するのが毛様体筋という筋肉で、近くを見る時に収縮して遠くを見る時に緩みます。

つまり、近くを見る時は毛様体筋が常に緊張状態にあるのです。この目の緊張状態が続くことによって毛様体筋に負担がかかり、目の疲れやピントが合いにくいなどの症状に繋がります。

また、最近よく耳にするブルーライトも原因の一つと考えられます。ブルーライトは目で見える光(可視光線)の中で、目の奥の網膜まで直接届く非常に強力な光です。

実はブルーライトは紫外線に一番近い波長の光で、人体に影響を与えやすい光でもあります。ブルーライトはパソコンやスマホだけでなく、テレビやLEDのライトなどにも使用されています。

これだけ聞くと恐ろしいですよね(汗)でも知識として認識しているだけでも、今後の自分の行動を見直すこともできるので覚えておきましょう。

また、ドライアイも目の疲れの原因と言われています。これは年齢を重ねたり、まばたきの回数が減ったり、ストレスなどにより涙の量が減少して目の表面が乾燥する現象です。僕自身も極度のドライアイなのでかなり苦労していています。

パソコンやスマホによる疲れ目の対策

ディスプレイまでの目の距離を離す

近距離になればなる程、目の緊張状態は強まります。街中でスマホを触る人を見てみてください。ものすごく近い距離で画面を見ている人が多くありませんか?意識するまで僕もそうでした(笑)

スポンサーリンク

ディスプレイを見る時はパソコンは最低50cm以上、スマホは最低30cm以上は離して見るようにしましょう。離れすぎて見にくい場合は表示される文字のサイズを大きくしてみるのもいいですよ。

適度に休憩をする

1時間に5~15分ほど休憩をはさみましょう。これは厚生労働省でも推奨されています。休憩中は遠くの外の景色を見るよう意識してください。室内であれば室内の一番遠くを見ましょう。

そんなに休憩する時間が無い!という方は、1分でいいので目を閉じてみてください。個人的にはこれだけでも楽に感じました。

ブルーライトを軽減する

簡単にできるのがディスプレイの明るさを下げることです。屋外では明るくしないと見にくいですが、室内だとかなり暗めでもしっかり見えますよね。まずはこれをやってみましょう。

他にもディスプレイにブルーライトカットのフィルムを貼ったり、ブルーライトカットの眼鏡を利用する方法もあります。僕はブルーライトカットの眼鏡をかけて、作業するようにしています。少し黄色っぽく見えますが慣れれば問題ありません。楽天の通販で3000円程度で購入した物ですが、眼鏡をかけない時より疲れがマシになりました。

もちろん個人差もあるかとは思いますが、まだ試したことのない人は購入してみてはいかがでしょうか。眼鏡屋さんならもっといい物があるかも。

ドライアイを軽減する

一番手軽にできるのは目薬を使用することです。現在ドライアイ向けの目薬が市販でも販売されています。コンタクトレンズ着用状態でも使用できるものもありますね。普段から目薬を全く点さない人は一度試してみてはいかがでしょうか。また、まばたきを意識的に行うのも効果的です。

目の疲れに効果のあるストレッチ方法

簡単にできるストレッチ方法をご紹介します。

目を強くつぶって10秒間キープ

目を大きく見開いて、目だけを上に向けて10秒間キープ

目を強くつぶって10秒間キープ

目を大きく見開いて、目だけを下に向けて10秒間キープ

目を強くつぶって10秒間キープ

目を大きく見開いて、目だけを右に向けて10秒間キープ

目を強くつぶって10秒間キープ

目を大きく見開いて、目だけを左に向けて10秒間キープ

目から10cmくらいの距離に人差し指を立てて、
指先を見つめて10秒間キープ

そのまま目は指先を見た状態で腕を伸ばしていき、
伸びきった所で10秒間キープ

これを数回繰り返す

まとめ

目の疲れは現代人の悩みの一つといっても過言ではありません。パソコンやスマホなどを利用せずに生活できれば、健康的にはいいでしょうがそういうわけにはいきませんよね。

ならばそれらのツールの悪影響や対処法をしっかり理解して、上手く付き合っていきましょう。酷い症状がある時は医師に相談しましょう。

あなたも無理せず、時々目を休ませてあげてくださいね。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-目の悩み

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。