こどもの日

こどもの日と端午の節句の違いは?意味を簡単に子どもに説明する方法

投稿日:

5月5日は「こどもの日」でもあり、「端午の節句」の日でもあります。このことから「こどもの日=端午の節句」と認識している方が多いのですが、実はそれぞれ別のものであり正確にはイコールでは無いんですね。それぞれの日の違いを知っておき、子どもに聞かれた時にスムーズに答えられるようにしておきたいですね。

今回の記事では、こどもの日と端午の節句の違いと説明についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

こどもの日と端午の節句の違いは?

「こどもの日」は日本で定められた祝日であり、子どもの人格を尊重して男の子の健やかな成長を願う日のことです。一方、「端午の節句」は伝統的な年中行事を行う季節の節目のことで、菖蒲(しょうぶ)という植物を使用した厄払いを行う日です。

こどもの日の意味と由来

こどもの日は日本で1948年に制定されましたが、その際に国や地方公共団体の意見や要望を元に5月5日が選ばれました。その理由の1つとして端午の節句が5月5日だったことが挙げられます。

昔は子ども自身が持つ権利や人格を軽く見られていて、子どもは社会的地位としても曖昧な存在として捉えられていました。それらを改善するために子どもを国の宝として大切にして、心身ともに健康に育つようにという意味で子どもの日が作られたわけです。また、実はこどもの日は産んでくれた母親に感謝する日でもあります。

因みに「こども」を漢字で書くと「子供」と書きますが、「こどもの日」にはひらがなが使用されています。この理由は子どもは「小さなお供え物」では無いといった意味があります。つまり、ひらがなを使用するのも子どもの人格を重んじているからだと言えます。僕は幼児教育の大学に通っていましたが、そこでも「子供」という漢字は使用しないように教わりました。

端午の節句の意味と由来

端午の節句は別名「菖蒲(しょうぶ)の節句」とも言い五節句の中の1つであり、唐の時代の中国から始まった5月5日の伝統行事です。日本には奈良時代に伝来した後、江戸時代に五節句は公的な行事や祝日として制定されました。

昔から奇数は縁起が良い日(陽)、偶数は縁起の悪い日(陰)とされていました。しかし、奇数が重なると偶数になってしまうことから、月日が重なる日(桃の節句の3月3日や端午の節句の5月5日)に邪気を払うことで縁起の良い日となるという考えが生まれました。

菖蒲(しょうぶ)とはサトイモ科の多年草のことで、元々中国では菖蒲を煎じて飲んだり薬草として使用していました。また、菖蒲の良い匂いで厄を払う効果があるとも言われていて菖蒲湯に浸かることも有名ですね。

因みに日本の江戸時代の武家社会では菖蒲を尚武(しょうぶ:武道や軍事を大切にする考え)とかけて、男の子が生まれると跡継ぎができたことを喜び、兜や鎧を飾ってお祝いをしていました。これが現代の五月人形を飾るようになった始まりでもあります。

スポンサーリンク

こどもの日の意味を簡単に説明するには?

こどもの日の意味を子ども相手に説明する場合は、分かりやすい言葉を使って簡潔に伝えるのがポイントです。

子ども:「こどもの日ってどんな日?」
あなた:「○○君の体と心が元気に育つように日本の偉い人が決めたお祝いの日だよ。」
子ども:「何をする日なの?」
あなた:「五月人形や鯉のぼりを飾ったり、柏餅やちまきを食べたりするよ。」
子ども:「他には何をするの?」
あなた:「実はお母さんを大事にする日でもあるんだ。○○君が元気でいられるようにお母さんにいつもありがとうと言ったり、お手伝いもしてあげようね。」
子ども:「分かった!」

上記は父親が話すパターンですが、母親が話す場合は「○○君がお手伝いしてくれるとお母さんも元気でいられるよ。」といったように言葉を変えるのがいいでしょう。

端午の節句の意味を子どもに伝えるには?

端午の節句について説明するとなると、こどもの日を説明するよりもやや難しい言葉が出てきがちですが、こちらも噛み砕いた言葉で話しましょう。

子ども:「端午の節句って何?」
あなた:「5月5日はこどもの日だけど端午の節句の日でもあるんだよ。端午の節句の5月5日はお祝いの日だけど、それを羨ましがって悪い鬼が寄ってくる日でもあるんだ。」
子ども:「え、鬼が来るの?どうやって追い払うの?」
あなた:「柏餅やちまき、菖蒲(しょうぶ)っていう草にも鬼を追い払う効果があるよ。今日は柏餅とちまきを食べて菖蒲を入れたお風呂に入ろうね。」
子ども:「良かったー!これで鬼を追い払ってお祝いできるね。」

柏餅やちまき、菖蒲湯などあらかじめ当日までに準備しておけばこういった会話ができますね。全て用意する必要はありませんがせっかくのお祝い行事なので、それらの物の中で何か1つは準備しておきましょう。

まとめ

こどもの日と端午の節句はどちらも無病息災を願う意味が込められていますが違う部分もありましたね。それぞれの違いを覚えておけば咄嗟に子どもに聞かれても答えられるでしょう。

五月人形や鯉のぼり、柏餅やちまき、菖蒲などを用意して5月5日は子どものお祝いを出来るようにしておきたいですね。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-こどもの日

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。