こどもの日

五月人形は誰が用意する物?値段の違いと種類についてご紹介

投稿日:

こどもの日に五月人形を飾るのは伝統行事ですが、そもそも誰が買う物なのか悩んでいませんか?あなたの夫婦の間で購入するのか、或いはあなたのご両親か、相手方のご両親か・・・選択肢は様々です。また、五月人形の購入の際に気になるのがやはり値段や種類でもあるので、その辺りについても知っておきたい部分ですね。

今回の記事では五月人形の用意についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

五月人形は誰が用意する物?

本来五月人形の用意は父親方の家庭、つまり旦那側のご両親が用意するものだとされています。この理由は五月人形は武家で始まった習慣であり、息子が生まれて「跡継ぎが出来た」という意味で甲冑を飾ってお祝いをしたのが始まりだからです。一方、雛人形は娘が寂しくないように、嫁入り道具として嫁側のご両親が用意していました。

しかし、近年では五月人形も雛人形も嫁側のご両親が用意する家庭が増えています。実はそれらの日本の風習には必ずしもこうでなくてはならない、という決まりが定められているわけではありません。今と昔では時代背景も違いますから「誰が用意するのか」についても移り変わる事があるんですね。

また、地域によってどちらのご両親が用意するのか傾向の違いも見られます。五月人形の用意は北海道や関東は旦那側、関西は嫁側の両親が用意することが多いです。因みに雛人形に関してはどの地域でも嫁側のご両親が用意することが多いですね。

さて、五月人形を誰が用意するのか選択肢が増えてくると悩みも増えてきますが、オススメの決め方は2パターンあります。

1つ目はご両家と話し合って決める方法です。あなたのご家庭で飾る五月人形ではありますが、独断で決めてしまうとご両家の間でのトラブルにも繋がる可能性があります。出来ればご両家で集まる機会を設けられればベストですが、難しい場合はまずそれぞれの血縁関係にある者が両親に相談してみましょう。その後、ご両家同士の意見を取り入れて話し合って決めるのがベストな方法では無いでしょうか。

2つ目はご両家に五月人形を用意して貰わずに、あなたのご家庭内で購入する方法です。ご両家同士で仲が良い家庭ばかりでは無いでしょうし、親に迷惑を掛けたくないという理由からこの方法を取る方もいます。ただその場合もご両家には「自分たちで五月人形を用意するから要らないよ」ということは伝えておきましょう。せっかく自分たちで五月人形を購入したのに、何も聞かされていないご両家から更に五月人形を貰ったら正直困りますよね(汗)

どんな方法で五月人形を用意するにしても、ご両家の親には面倒でも必ず話をすることが重要だと言えますね。また、お下がりがある場合はご両家にある五月人形を貰い受けるのもありでしょう。

スポンサーリンク

五月人形の値段の違いは?

五月人形の相場はおよそ5~15万円程度です。ただ、五月人形の値段は種類によっても大きく違い、安い物だと3万円程度、高い物だと100万円する物もあります。値段が高いとその分サイズも大きくなる傾向もあり、飾る場所の問題も生じますから必ずしも「高い物ほど良い物」とは言い切れません。

因みに僕が子どもの頃に飾っていた五月人形は、兜・鎧・刀・弓が一式揃っている26万円程度の物でした。母方の祖父母が購入してくれて一式飾った時のスペースは約120cm四方のサイズ感です。最近になって親に聞いてみて知ったのですが、そんな高い物だったとは知りませんでした。ただ、有難い話ではありますがそこまで高くなくて良かったのにと少し感じました。

五月人形は高い買い物なので経済的な問題も当然ありますから、あなたのご家庭内やご両家とよく話し合って値段も決めるのが良いでしょう。

五月人形の種類

五月人形は「兜飾り」「鎧飾り」「武者人形」の3種類に分類されます。どれを選ぶ場合でも購入する前に必ず飾る予定のスペースを測定しておきましょう。それぞれの特徴は以下のようになっています。

兜飾り

五月人形を兜のみで飾るパターンです。その特徴として挙げられるのは比較的場所を取らないことです。マンションなどの集合住宅や部屋が狭い場合でも飾れるので近年では大変人気があります。手に乗せられるサイズから実際に頭に被れるサイズまで様々です。

相場は約5~10万円程度で甲冑一式の物に比べると断然安いです。

鎧飾り

兜・鎧・刀や弓などの小道具が一式揃った物であり、その特徴は豪華さや迫力があることです。その一方、兜飾りに比べると必然的にサイズ感が大きくなってしまいます。ただ、鎧飾りに関しても近年では小型の物もあり、約40cm四方のスペースで飾れる物も増えています。

相場は約5~15万円程度で五月人形の中では最も高価な物です。

武者人形

桃太郎や金太郎、牛若丸などの人形が兜や鎧を身に纏っている五月人形のことです。その特徴は人形には子どもに降りかかる災いを身代わりする役割があるという点です。この考えは昔からあり、雛人形にも同等の意味合いが込められています。武者人形の大きさに関しては兜飾りのサイズから鎧飾りのサイズまで様々です。

相場に関しては約5~10万円前後ですが、鎧飾りより比較的安めの傾向があります。

まとめ

五月人形を用意する際はご両家の両親と一度話をするのがオススメです。片方の両親には話をしておらずに「聞いていない」といったトラブルにならないようにも気を付けましょう。五月人形の値段は種類やサイズによってピンキリです。焦って決めてしまわずにじっくり考えて納得できる物を選びたいですね。

ご両親に五月人形の用意を一任する場合は最低限、五月人形の種類と希望のサイズだけは伝えておきましょう。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-こどもの日

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。