こどもの日

初節句のお祝いは必要?相場は甥や姪だといくら?包み方は?

更新日:

5月5日はこどもの日で男の子にとっては初節句であり端午の節句とも言います。子どもの無病息災や長寿を祝う昔からの伝統行事の1つですが、その際にお祝いとして金品をあげることがよくありますよね。

しかし、そもそもお祝いをあげる必要性はあるのか、毎年あげなければいけないのかという疑問も浮かんでくるでしょう。また、お祝いをあげる場合の相場や包み方に決まりがあるのも合わせて確認しておきましょう。

今回の記事では初節句のお祝いの必要性・相場・包み方についてご紹介します。

スポンサーリンク

初節句のお祝いは必要?

一般的に初節句のお祝いを「あげる」方が多いですが、必ずしもお祝いをあげる必要は無いでしょう。その理由はお祝いをあげる義務はそもそも無く、お祝いをあげたいという気持ちが大切だからです。仮にあなた自身がお祝いを「あげなければならない」という考えがあるなら無理してあげる必要は無いと言えます。

また、こどもの日に毎年お祝い金をあげる必要ももちろんありません。お年玉や誕生日、入園入学、卒園卒業など年間通して色んな行事がありますから、毎年あげていると経済的にも厳しくなるのは必然ですね。毎年お祝いをしたい場合は初節句の時にお祝い金を渡して、次の年からはお菓子などの差し入れをする程度でも問題ありません。

その他にもあなたの兄弟家族や義理の兄弟家族の間で話し合って、お互いの子どものお祝いはしないと決めておくのも1つの方法です。話し合う場合は相手方の血縁関係にある者(夫または妻)が切り出した方が話をしやすいでしょう。因みに僕は兄弟家族とは子どものお祝い事全般で、時間や金銭的に余裕がある時にはお祝いをあげるというスタイルを取っています。

初節句のお祝いの必要性について少し否定的になってしまいましたが、これを機会に「お祝いをしてあげたい」という意識に変えていくのもいいでしょう。

初節句のお祝いの相場 甥や姪の場合

実際に初節句のお祝いをあげている方の相場を見てみましょう。甥や姪に対して以外の相場も比較してみました。

お祝いをあげる相手 金額の相場
甥・姪 5,000円~10,000円
10,000円~50,000円
その他の親族の子ども 5,000円~10,000円
友人・知人の子ども 3,000円~5,000円

上記はあくまで目安なので必ずこの金額でなければいけないわけではありませんが、甥や姪に対しての相場は10,000円を上限としている方が多いようです。また、お祝い金にプラスでお祝いの品物を一緒に渡す方もいますが、その分お祝い金を控え目にする方法を取る方もいます。

因みに子どもの日と言えば鎧兜の5月人形を飾ることもありますが、祖父母が孫に対してお祝い金込みで5月人形を買い与える場合もあります。

スポンサーリンク

初節句のお祝いの包み方

まずお札は必ず新札を用意しましょう。これは「お祝いのために用意しました」という気持ちの現れを意味するので、財布に入れてるような旧札を使用するのはNGです。新札は基本的に銀行の窓口で旧札を新札に変えて貰えますが、銀行に設置されてる両替用のATMや郵便局でお願いすると新札に変えてくれることもあります。

お札を裸のままで渡すのも当然失礼に当たるので必ず祝儀袋を使用します。祝儀袋は紅白蝶結びの水引で熨斗ありの物を選びましょう。何度繰り返しても嬉しいお祝い事では蝶結びの物を選びます。熨斗というのは色紙を細長い六角形に折り、細く切った熨斗あわびをその中に貼り付けた物のことです。パッと見るとネクタイのように見えるあれが熨斗です。祝儀袋は10,000円以下は水引や熨斗が印刷された物でも構いません。

祝儀袋の書き方は黒の濃い毛筆や筆ペンを使用し、ボールペンやサインペンの使用は避けましょう。蝶結びの水引の上段に「御祝」または「初節句御祝」と縦書きで書きます。水引の下段にはお祝いをあげる側である「あなたの名前」をフルネームで書きます。ここで書くのは相手の名前では無いので注意しましょう。

水引や熨斗が印刷された祝儀袋の場合裏面の下の方に横書きで「金○○円也」と包んだ金額を漢字で書きます。内袋のある祝儀袋の場合は内袋の表側の真ん中に縦書きで金額を書きます。内袋の裏面の左側やや真ん中辺りに縦書きであなたの住所や名前を書きます。祝儀をあげる相手が身近な親族の場合は住所は省いても構いません。

最後に祝儀袋を開けた時にお札の顔が表になり、金額が直ぐ見える向きで入れれば完成です。

まとめ

初節句のお祝いは必ずしもあげる必要はありませんが、おめでたい事なので心の余裕や経済的な余裕がある場合は一度考えてみましょう。お祝いの相場も様々ですがあなたの無理のない範囲で行うのが大前提ですね。

祝儀を渡す場合お金の包み方にはマナーがあるので覚えておきましょう。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-こどもの日

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。