お花見

万博公園の花見は夜もできる?バーベキューと露店について

更新日:

一般的に花見は温かい昼間に行うことが多いですが、夜の花見もまた良いものです。昼間とは違った桜の姿を見ることもできるので、夜の花見を未体験の方は是非一度体験して欲しいですね。

そんな夜の花見を大阪で出来る有名な場所の1つが大阪府吹田市にある万博記念公園です。夜の花見は大勢でもデートでも楽しめること間違いなしですね。

今回の記事では万博公園の花見を夜にする場合についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

万博公園の花見は夜も楽しめる?

万博記念公園では「桜まつり」と題して3月下旬から4月中旬まで花見のイベントを行っています。去年は3月25日~4月16日まで開催していて、9時30分~21時までオープンしていましたので今年(平成30年)も同等だと思われます。入園は20時30分までに済ませなければならないので気を付けましょう。

桜まつりの期間中は夜になると「自然文化園の東大路」では、桜がライトアップされて夜の花見も楽しむことが出来ます。赤・青・緑の3色のライトを使って昼間の桜と一風違った幻想的な花見を堪能できますよ。桜のライトアップは18時~21時までで、ライトアップする瞬間を見たい場合は少し早めに行きましょう。

因みに万博記念公園は入園料が必要で、大人250円・小中学生は70円となっていますので合わせて覚えておきましょう。自然文化園の東大路は太陽の塔から少し北東に歩いた場所にありますので、ライトアップされている夜の太陽の塔も一度間近でも見てみるのも良いでしょう。

平成30年の万博記念公園の桜まつりの詳細はまだ出ていませんが、桜の開花状況も随時更新されていくので3月以降にこちらの公式ホームページもチェックしてみて下さい。

【追記】
2018年の桜の開は例年よりも早く、2018年3月20日現在で既に開花し出している所も多いです。大阪の万博記念公園では3月27日から満開予定との情報が出ましたので、お花見をする予定の方は意識しておきましょう。

また、万博記念公園の南側にはエキスポシティがあるのですが、そこにある観覧車のOSAKA WHEEL(オオサカホイール)からライトアップされた夜桜が見れるので、こちらもデートにはオススメですね。OSAKA WHEELは日本一高い観覧車であり、床面がシースルーになっているのが魅力で、所要時間は約18分です。

営業時間は10時~23時で通常の当日チケットは1人1,000円、日時の指定の出来るファスト10チケットが1人1,500円でこちらは待ち時間10分程で乗れます。

OSAKA WHEELの詳細は公式ホームページをこちらからご覧ください。

スポンサーリンク

万博公園のバーベキューは夜も出来る?

万博記念公園の自然文化園の東大路には常設・特設のバーベキュー場があるので花見をしながら夜のバーベキューも可能です。ただし、個人で機材や火気を持ち込んでのバーベキューは一切禁止されているので注意が必要です。

【夜の常設バーベキュー場】

完全予約制で食材のみ自分たちで用意する形になります。夜間の部は桜まつりの期間である3月下旬~4月上旬(例年は4月9日まで)のみ利用可能で、時間は17時30分~20時までです。

料金は大人600円・小中学生300円にプラスでコンロ代600円がかかります。予約は現在既に可能ですが開花状況に合わせて予約したいところですね。

万博記念公園の常設バーベキュー場の詳細についてはこちらの公式ホームページをご覧ください。

【夜の特設バーベキュー場】

予約制または当日空きがあれば利用可能でこちらは手ぶらでOKです。飲み物も用意してくれますが、食材・飲み物の持ち込みは一切禁止されているので注意しましょう。こちらも常設と同じく例年は3月25日~4月9日の間で利用でき、10時~20時30分の間で90分の時間制になっています。(2018年は3月28日(水)~4月15日(日)まで)

1人前1,680円で利用できて追加料金を払って追加オーダー出来ます。特設バーベキュー場は「神戸ゴマルゴ」という外注会社の運営になるので、予約は3月初め頃からスタートします。

万博記念公園の特設バーベキュー場、神戸ゴマルゴの「手ぶらでバーベキュー」の詳細についてはこちらの公式ホームページをご覧ください。

常設・特設どちらのバーベキュー場を利用する場合も予約はしておくべきですね。

万博公園の花見の露店

夜のバーベキューも良いけどもう少しお手軽に食事をしたい方は、夜の時間帯も屋台があるのでそちらを利用するのがオススメです。屋台も自然文化園の東大路の通りにあり、約10店舗以上が出店しています。

屋台で買った食べ物をライトアップされた桜の木の下で座って食べたり、散歩しながら食べられるのも屋台を利用するメリットでもあります。当たり前のことですが食後に出たゴミはポイ捨てせずに、指定の場所に捨てるか持ち帰ることを忘れないようにしましょう。

綺麗な桜を堪能したら利用した周囲も綺麗な状態にして帰るように心掛けたいですね。

まとめ

万博記念公園の夜の花見は赤・青・緑の3色でライトアップされ、バーベキューや露店で食事も可能なのが魅力的ですね。もしも、大阪の夜桜を何処で見るか迷っている場合、万博記念公園を選択肢の1つに加えてみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-お花見

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。