入園・入学

小学校入学で必要な文房具 指定の場合と買い替えはどうする?

投稿日:

小学校から本格的な勉強がスタートしますが、そこで必要になってくるのが文房具です。小学校では筆記の授業がメインになってくるので事前にしっかり用意しておきたいですね。そんな時、必要な文房具は何があるか、小学校からの指定がある場合や買い替えはどうするのか色々と悩むことも多いでしょう。

今回の記事では小学校入学で必要な文房具についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

小学校入学で必要な文房具

小学校の入学の際に必要になってくる文房具は、小学校によって多少異なりますが基本的に以下のような物です。

筆箱

小さい筆箱はかさばらず持ち運びに便利ですが、削りたてで長い鉛筆や定規が入りにくい場合があります。筆箱のサイズは気持ち大きめで文房具の出し入れをしやすい物や、収納が区切られている物が使いやすいですね。

筆箱は箱型になっていて磁石で蓋を閉めるタイプやチャック式の物もありますが、使いやすい方を子どもに選ばせるのもいいでしょう。

鉛筆

鉛筆の芯には色の濃さがあり、HB・B・2B辺りを使う事が多いです。HBはある程度力を入れないと色が薄く感じる場合もあり、学校によっては芯の濃さをBや2Bで指定している場合もあります。

その他の鉛筆を選ぶポイントは丸型の鉛筆ではなく六角形の物を選ぶことです。丸型の鉛筆は転がりやすいので、机から落下することもよくあります。落下すれば鉛筆の芯も当然折れやすいので子どもも授業に集中しにくい状況に繋がる可能性が考えられます。

赤鉛筆

小学校の入学当初は赤のボールペンではなく赤の色鉛筆を使用する場合が多いです。主に重要部分にラインを引いたり自分で丸付けをする際に使用します。

ここで言う赤鉛筆は一般的な塗り絵などで使用する色鉛筆とは種類が違います。「文字を書く用の赤鉛筆」は色が濃く、「色を塗る用の赤鉛筆」は色が薄いのが特徴です。小学校の入学で必要なのは「文字を書く用の色が濃い赤鉛筆」なので覚えておきましょう。

消しゴム

転がりにくい四角い消しゴムを選びましょう。また、ある程度弾力があり力を入れずに綺麗に文字を消しやすい物がオススメです。

消しゴムという名前であっても中には文字が全然消えずに、消した跡が汚くなるような物もあります。特にキャラクター物や色が白以外の消しゴム、鉛筆の裏側に付いている消しゴムにその特徴が現れやすいです。大人が使って使いやすいと思うような消しゴムを選択するのがいいでしょう。

定規

最低でも15cmを測れる定規を用意しましょう。素材はプラスチック・竹・アルミなどがありますが、個人的に使用しやすいのは透明のプラスチックです。その理由は定規を通してノートの文字などが透けて見えるので、線を引く際に目安を付けやすい点が挙げられます。定規の裏側に滑り止めのゴムが付いている物だと、ノートの上で定規が滑りにくいので更に使いやすいでしょう。

定規は筆箱に入らないと面倒なので筆箱のサイズも考えておきましょう。また、学校によっては30cmの定規も用意する必要があります。

ハサミ

ハサミは子どもの手の大きさに合うサイズの物を使用し、刃先が少し丸くカバーの付いた物が安全面でもオススメです。また、ハサミには右利き用と左利き用がある点も忘れてはいけませんね。左利きの子どもが右利き用のハサミを使用していると綺麗に物を切れませんし、ハサミを使用するのを嫌いになる可能性もあります。

また、余裕があればのりが付いても切れ味が落ちにくいハサミを用意しておくと工作の時にも便利でしょう。

のり

大人はスティックのりを使用することがほとんどですが、小学校では水のりを使用することが多いです。水のりの特徴は伸びが良く大量にのりを使用する工作等では便利な点が挙げられます。

水のりは空気に触れていると固まりやすいのでしっかり蓋を閉められて、尚且つ蓋を開けやすい物を選ぶのがポイントです。

その他

小学校では鉛筆類が必須になってくるわけですが、鉛筆キャップがあると怪我の予防や芯の折れを防ぐ効果があり非常に便利です。鉛筆キャップも鉛筆同様に転がりやすい丸型の物は避けるのがいいですね。

また、鉛筆の使用に伴い鉛筆削りも必要になってきますが、教室に一台は設置されているでしょう。ただ、それでも個人で鉛筆削りを持っておくと直ぐに研ぐことができるので、可能なら小型の持ち運べる物を用意しておきたいですね。鉛筆を削れば当然削りカスが出ますので、削りカスを溜めておける物がオススメです。

その他にもセロハンテープや色鉛筆、クレヨンなどが必要になって来る場合もありますので覚えておきましょう。

スポンサーリンク

小学校の文房具の指定

文房具のみならずよくある小学校の指定で多いのは「キャラクター物禁止」ということです。このキャラクター物が禁止の理由は大きく分けて2つあります。

1つ目はキャラクター物で子どもの注意を引くのを避けるためです。例えばキャラクター物の筆箱を待たせて、子どもの勉強意欲を促進できれば一見良いように見えますよね。しかし、それが今後キャラクター物で無くなった場合の意欲の低下や、キャラクター物に気を取られて授業そっちのけになってしまう可能性も考えられます。

2つ目は子どもたちを可能な限り平等にするためです。キャラクター物の使用が自由になると「キャラクター物を使用する子ども」と「キャラクター物を使用しない子ども」が現れるでしょう。そうなると「○○ちゃんは□□のキャラクター物じゃないから」といったようにのけ者にされることも十分あり得ます。

以上の二つの理由からキャラクター物を禁止していることもあるので、これらは保護者も十分理解しておく必要があると言えるでしょう。

その他にも小学校入学の際はシャープペンシル・ボールペンなどのノック式のカチカチと音の鳴る物は、子どもの集中力を阻害するため使用を禁止している小学校も多いですね。

また、学校側が文房具全て指定の物での購入を求める場合や一部指定の場合もあります。この辺りは学校にもよりますし、特に私立の小学校ではそういった指定は多いようです。

ご自身の出費の問題等もありますが学校から指定があった場合は、それに素直に従うよう心掛けた方がいいのは言うまでもないでしょう。

文房具の買い替えについて

特別指定がない物であれば保育園や幼稚園、自宅で使用している物をそのまま使用したり、お下がりでも問題無いでしょう。足りない物だけ新調して今後子どもからこういう物が必要だという要求があったり、子どもの成長に合わせて新調していく方法を取るのも良いでしょう。

指定品があれば小学校入学前に必ず説明がありますから、その前に買ってしまうと買い替えが必要になるケースもあるので気を付けましょう。

せっかく子どもの新しい門出だから全部新しい物で揃えたいと思う親御さんも多いでしょう。その場合は子どもの好きな物を選ぶことも大切ですが、実用性のことも合わせて考えて文房具選びをして行きたいですね。

まとめ

筆箱一つにメインで必要な物が入れられるようにしておきたいですね。そのためにも大きめの筆箱だと便利でしょう。また、文房具のみならず学校側で指定する物が比較的多い点は覚えておきましょう。

文房具は子どもが気持ちよく勉強に集中できるようにしっかりと準備しておきましょう。

スポンサーリンク

-入園・入学

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。