お花見

桜の見頃はいつで花見は何をするもの?マナーの悪い客とは?

更新日:

春と言えばお花見のシーズンですね。綺麗な桜の花を見ると「今年も春が来たか」と、しみじみ感じることがあります。中にはいつも花見をしないけど、「今年は花見をしようかな」と考えている人もおられるかもしれませんね。

花見の見頃やそもそも花見とは何をするものなのか、馴染みのない人にとってはそういったことから再確認しておきましょう。また、年々増加傾向にあるのが花見のマナー違反です。知らずに知らずにあなたもそうなってしまわないように注意しなければなりません。

今回の記事では桜の花見の心得についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

桜の見頃はいつ?

桜の花見は8分咲きから満開の時期が一番の見頃であり、4月の上旬から中旬にかけてがこの時期に当たることが多いです。

ご存知の通り桜の開花時期はその年の春の気温によって変動します。日本では比較的気温の高い沖縄や九州地方から東北にかけて順に開花し始めるのが一般的です。その影響もあり北海道では5月に開花することもあります。しかし、近年では温暖化の影響もあり毎年のように「例年より早い開花である」と報道されることが多く、見頃の時期が早まることもよくあります。

桜の開花予想や見頃については気象情報会社が3月の上旬から随時「桜前線」と共に報道し出しますから、テレビやスマホなどの各メディアでチェックするようにしましょう。

桜の花は開花して散るまでの期間はたったの2週間足らずなので、「まあそのうち花見しよう」と考えているとあっという間に散ってしまいます。今年は花見するぞ!と考えている場合は3月に入ったらお花見について意識しておきましょう。

【追記】
2018年の桜の開は例年よりも早く、2018年3月20日現在で既に開花し出している所も多いです。大阪の万博記念公園では3月27日から満開予定との情報が出ましたので、お花見をする予定の方は意識しておきましょう。
スポンサーリンク

花見は何をするもの?

花見は桜の花を見ながら弁当を食べるのが伝統行事であり、これを「花見弁当」と言います。また、花見をしながらお酒を飲む「花見酒」も行楽行事のひとつですね。

ですから花見の席では昔も今も変わらず食事をしたり、お酒をたしなむのが主な行いだと言えます。花見の会場によっては屋台が出ている所もあります。その他に近年では読書をしたり、昼寝をしたり、皆で集まってトランプゲームをしたりなど個人の趣向によって様々です。あなたの好きな趣味を取り入れながら花見をするのも、現代ならではの花見の仕方でもあると言えるでしょう。

最近では普段ならカフェでするような女子会を花見の席で行う女性もいますね。以前僕が行ったことのある花見では折り畳みの椅子やテーブルを並べて、ポットで淹れた紅茶やコーヒーを飲んでいる女性たちがいました。何だかその空間だけまるでカフェのような雰囲気でしたが、そういった楽しみ方もおもしろいなと感じたことがあります。

世間的に見ると花見は入学・入社などの歓迎会でお祝いの意味も込めて花見を楽しむ傾向があります。桜の花見は春から心新たに何かを始める人によっても相応しい催しだと言えますね。

【華やかな桜の花に潜む裏事情】

日本では「桜は花の代名詞」と言われているほど馴染み深い植物です。しかし、桜の寿命は短いことから武士のように潔く散っていく様を表現する花だとも言われているのです。命の儚さを桜に例えることが多いので、桜は人の心を狂わせるものだという考えもあるのです。これだけを見ると「お祝いの席での花見なのに不吉だな」と思ってしまうこともあるでしょう。

しかし、桜にはこの意味以外にも桜の花を女性の美貌に例える表現があったり、田んぼの神様として崇めていたという意味合いもあるのです。「万葉集」や「古今和歌集」でも桜について詠った内容の物が多数存在します。桜というのは良くも悪くも人を魅了する花であるということが言えるでしょう。

花見のマナーが悪い客とは?

楽しい花見の席ですがそんな場面でもマナーは必ず存在します。マナー違反をする本人はその行動を悪いと思っていないので、自分ルールで考えてしまい周りが見えなくなってしまっています。

まずマナーとして大前提に他人や周りに迷惑をかけないことが挙げられるので、これを守れない人は花見をする権利は無いと心得ておきましょう。以下のような内容を守れない人のことを花見での「マナーの悪い客」と言います。

【花見のマナーで守るべきこと】

・無人での場所取りをしない(他人との揉め事に繋がる)
・桜の木の枝を折ったりしない(桜の木が痛む原因にもなる)
・騒音に気を付ける(大音量で騒ぐ、歌う、音楽を流すなど)
・飲酒のマナーを守る(未成年は厳禁・一気飲みや煽り禁止・その辺で吐かない・飲酒運転しない)
・喫煙のマナーを守る(未成年は厳禁・ポイ捨てしない・喫煙は所定の場所で)
・バーベキューが禁止の場所ではしない(火気厳禁)
・他人の傍や大勢の中でボール遊びなど危険な行為をしない(他人のお弁当が台無しになったり、怪我の可能性がある)
・お手洗いはトイレで行う(桜の木の下や茂みでもしない)
・ゴミは必ず持ち帰る(特に多い迷惑行為です)

最低限これらのマナーは心得ておきましょう。実際に花見に行ってみると分かりますが、当たり前の内容ですが意外に守られていないことばかりです。

マナー違反が続けばその会場で今後花見が出来ないようになる可能性も十分考えられます。一人ひとりがマナーを心掛けて皆が気持ちよく、楽しく花見できるようにしていきたいですね。

まとめ

花見の見頃はその年によって違いますが大体4月の上旬から中旬辺りです。8分咲きの頃を見計らって予定を組むのがオススメですね。花見では弁当を食べたり、お酒を飲みながら楽しく会話したり、趣味などを取り入れてみるのも良いでしょう。

マナーを守って他人に迷惑を掛けないように気を付けて楽しい花見にして行きましょう。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-お花見

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。