入園・入学

小学校持ち物の名前シールとスタンプの特徴とひらがなの理由

更新日:

お子さんの小学校入学に当たって持ち物に名前を書きますが、そこで活躍するのが名前シールと名前スタンプですね。用途によって向き不向きもあるので、それぞれどんな特徴があるのか詳しく見てみましょう。また、名前を書く際はひらがなではなく漢字を使ってもいいのかも気になるところですね。

今回の記事では小学校の持ち物に付ける名前についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

小学校の持ち物の名前シールの特徴

名前シールは名前を書いて貼るだけなので、非常にお手軽な定番アイテムであり、耐久性・耐水性に優れた物もあります。

名前シールのメリット

・持ち物に直接名前を書くよりも他の持ち物との統一感があって見栄えが良い
・シールに名前を書いてから持ち物に貼り付けるので文字を綺麗に書きやすい
・シールの剥がれた跡が残らないので持ち物を再利用しやすい(お下がりとしても使える)
・耐水性のあるシールなら歯ブラシやコップなどの水が触れる持ち物にも活用できる
・名前だけ先に書いておけば剥がれても子どもに貼らせることができる(予備シールを持たせておく)

名前シールのデメリット

・布地に対しては粘着力が弱く剥がれやすい
・曲面に対しては多少貼りにくい(シールによってはフィットしない)
・持ち物の種類に合わせてシールの大きさを変える必要がある
・使用頻度の少ないサイズのシールだけが余りがちになる
・気付かぬ間にシールが剥がれてしまうと誰の持ち物か分からなくなる

布地には貼り付きにくいので直接名前を書くか、アイロンで貼り付けるワッペンタイプを使用するのがいいでしょう。

以下の名前シールは注文の際にお子さんの名前を記入すれば、全てのシールに名前を印刷してくれるサービスがあります。名前を書く時間も省けて、字を書くのが苦手な親御さんにもオススメです。また、アイロンで付ける布地用の名前シールもセットになっているのでこれだけで全部揃えられますね。


小学校の入学準備に最適! お名前シール+算数セット用+アイロンシール 【お名前シール3点セット】 シンプルデザイン 名前シール/ネームシール/おなまえシール/お名前/シール/算数セット/算数シール/さんすう/極小/小さい/おはじき/アイロン/無地/【dl_newlife_2017】

スポンサーリンク

小学校の持ち物の名前スタンプの特徴

名前スタンプは一度スタンプを作ってしまえば何度でも使用できるため、コストパフォーマンスに優れる点が特徴です。

名前スタンプのメリット

・経済的にリーズナブル(スタンプ自体を買い足すことが無い)
・インクを付けて押すだけなので名前を書く時間が掛からない
・手書きの文字と違って文字が均一で綺麗に仕上がる
・金属や布地などの様々な材質に対して使用できる
・耐水インクを使用すれば水にも強い

名前スタンプのデメリット

・綺麗にスタンプを押すには多少コツが必要である(特に曲面やツルツルした所に押す時)
・インクが擦れたり滲んだりすることがある
・スタンプを押し間違えると持ち物によってはやり直しが出来ない
・一度押したスタンプを落とす場合、専用の液などを使用しなければならない
・布地に押す場合、物によっては落ちやすい場合がある(靴下など)

名前スタンプは名前シールのように買い足すことが無く、必要なのはインクや押したスタンプを落とす液体程度なので長い期間で見ると経済的です。スタンプをいきなり押す前に不要な物に一度練習してから行うのがポイントで、インクの付き具合も合わせて確認しましょう。名前スタンプも布地には弱い場合があるので、ワッペンなどの違うアイテムを使用するのが良いかもしれませんね。

以下の名前スタンプは12本セットでひらがなだけでなく、漢字やローマ字もセットになっているので小学校の高学年になっても使えます。また、インクやインク落とし用の液体、スタンプの位置決め用の定規などオプションが多く、全部まとめて入れておけるBOXも付いているので単品で買うより断然お得ですね。


お名前スタンプセット[ひらがな・漢字・ローマ字 セット] 布用白インク・アイロン不要油性スタンプ台2個・修正クリーナー付 お名前スタンプ 算数セット スタンプ セット はんこ 入園 入学 保育園 幼稚園 小学校 ギフト 出産祝い 入園グッズ【送料 別途加算】

小学校の持ち物の名前がひらがなの理由

小学校入学の際の持ち物の名前は基本的に「ひらがな」を使用します。ひらがなで名前を書くのは子どもの同級生が見ても、名前が読めるようにするためであり、これは当然の理由だと言えますね。

ほとんどの小学校では入学前の説明会の時に、持ち物の名前にはひらがなを使用するように指示されます。また、お子さん自身が自分の名前をひらがなで読めるようにしておくように言われることも多いようです。

もしも学校の指示を無視して、「うちの子どもの名前は漢字を使っているんだから漢字で書く!」と考えている親御さんがいたらちょっと考え直して欲しいです。お子さんの同級生が皆ひらがなで名前を書いているのに、1人だけ漢字を使用していると目立ってしまいますよね。

こういったつまらない理由でお子さんがイジメに遭ったり、のけ者にされることは珍しくありません。ですからお子さんのことを思うなら学校の指示に従って名前はひらがなで書くようにしましょう。

因みに小学校の授業でお子さんが自分の名前の漢字を習ったら使用しても問題無いでしょう。ただその頃にはお子さんも自分で名前を書けるようになっているでしょうから、親が子どもの持ち物に名前を書く必要も無くなっているかもしれませんね。

仮に学校から持ち物の名前の書き方について何も言われなければ一度確認してみるか、ひらがなで書けばまず失敗することは無いでしょう。

まとめ

個人的には、持ち物に名前を書いて貼るだけの時間があったり、子どもにも貼らせたいのであれば名前シールがオススメです。一方、持ち物の準備の時間短縮を図ったり、長い目で経済的なことを考えるなら名前スタンプがオススメです。

名前シールや名前スタンプにはそれぞれ長所と短所がありますから、どちらか一方だけを選ぶならじっくり考えて決めましょう。ただ、布地に対してはワッペンなど別のグッズを使用した方が無難だと言えるでしょう。

子どもの名前は学校から指定がなければ、漢字ではなく「ひらがな」で書くようにしておきましょう。

スポンサーリンク

-入園・入学

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。