目の悩み

視力の低下の原因は遺伝?病気の可能性と防ぐ方法は?

投稿日:

視力の低下は多くの人が抱える悩みの1つではないでしょうか。周りを見ても視力補正のために眼鏡やコンタクトレンズを使用している人が非常に多いように感じます。あなたは「視力の低下は遺伝する」というのを聞いたことがありますか?

確かに僕自身を含め自分の家族も全員視力が悪く、視力の悪い友人などに聞いてもやはり家族全体的に見て同じ傾向がありました。果たして視力の低下と遺伝の事実関係はどのようになっているのでしょうか。また、視力の低下は防ぐことができるのかも気になりますね。

今回の記事では、

・視力の低下の原因は遺伝?
・視力の低下は病気の可能性も
・視力の低下を防ぐ方法

についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

視力の低下の原因は遺伝?

親の視力が悪いと子どもの視力も悪くなる傾向は確かにあります。これは医学会の統計的に見てもそういった結果が出ています。しかし、視力の低下の遺伝性について実ははっきりしたことは分かっていないのが現状です。

遺伝子による身体に及ぼす影響は非常に大きく、例えば血液型は親の血液の遺伝子を子どもは色濃く受け継ぎますよね。では視力の低下も同じように遺伝には抗えないのでは?と感じるかもしれませんがそんなことはありません。

つまり視力の低下は親から必ず遺伝して、子どもも必ず視力が悪くなるとは断言できません。逆に親の視力が良くても子どもの視力が悪くなる場合も当然在りえます。

視力の低下は血液型のような先天性だけの要因だけではなく、後天性の要因も関係していることが言えます。生活環境に気を付けていれば視力の低下を未然に防げる可能性も十分にあると言えるでしょう。

視力の低下は病気の可能性も

前項目で述べたように単純に視力の低下だけが遺伝する場合もありますが、目の病気が遺伝することもあり、視力の低下や見え方にも支障が出ます。祖父母の遺伝子から受け継ぐこともあるので、あなたの親が発症しておらず健康的な目であっても油断はできません。では、どんな目の病気が遺伝するのか見てみましょう。

屈折異常

水晶体という目の中のピントを調整するためのレンズのような機能が上手く働かない先天性の症状です。屈折異常は近視、遠視、乱視の3種類あり、屈折異常自体が病気であるとは断言できません。屈折異常は比較的よく見られる症状だと言われており、眼鏡やコンタクトレンズの補正力で改善することが可能です。

色覚異常

正常な人と比べて赤や緑の識別能力が劣る症状です。普段自分が見ている景色が「通常」だと感じるため、自覚症状を実感するまで時間がかかる場合があります。現状治療は難しいと言われていますが、色の識別を補正する眼鏡は販売されています。

斜視

別名ガチャ目やロンパリとも呼ばれ、物を見た時に片方の目は対象に向いているが、もう一方の目は上下左右など違う方向を向いてしまう症状です。斜視は視力としては問題なくても3D映像などの飛び出す感覚や、迫ってくる感覚を認識しづらくなります。また、左右の目が違う方向を向いていることで、美容的な観点から偏見を受ける可能性もあります。手術で治療することは出来ます。

白内障

水晶体の内部が白く濁る病気で、これにより視界が見えにくくなり、視力の発達にも大きな影響を及ぼします。早急な発見と手術が必要で、子どもが白内障と診断された場合は親の検査も必要です。白内障は遺伝だけではなく後天性のものもあります。

緑内障

眼圧が高くなることで視力が低下する目の病気です。白内障と共に緑内障もよく耳にする名前ですね。どのようにして眼圧が高くなるのか解明されていませんが、緑内障も遺伝する可能性を秘めているのは間違いありません。こちらも近親者に緑内障の人がいる場合は注意が必要です。

スポンサーリンク

視力の低下を防ぐ方法

最初の項目で先天性の視力低下は変えようがありませんが、後天性なものは生活環境によって防ぐことは可能だと述べました。視力低下を防ぐ生活環境は継続していく必要がありますが、意識的に取り入れていけるようにしましょう。では視力低下を防ぐための生活環境で意識する点を見てみましょう。

目を酷使しない

視力を低下させないための一番の方法は、やはり目を酷使しないことです。特にパソコンやスマホ、ゲームなどの近くの物を見る機会が増えた近年では、遠くの物にピントを合わせづらい環境になっています。可能な限り1時間に10~15分は目を休めるようにしましょう。1分間目を閉じたり遠くの景色を見るのも効果的です。

血行を良くする

眼の中の毛様体筋という水晶体の厚さを調整をする筋肉や、眼の周りの筋肉が凝り固まると視力低下に繋がります。筋肉は基本的に温めると柔らかくなるので、ホットタオルやホットアイマスクで目を覆い血行を促しましょう。

入浴時にしっかり温まったり、目の周りをマッサージするのも良いですね。マッサージの際は目の周りは非常にデリケートなのでマッサージオイルを使用したり、強く押したりしないように気を付けましょう。

瞳に潤いを与える

涙の量や質が悪くなるとドライアイなどの眼のかすみにも繋がり、視界がぼやけて視力が下がる場合があります。市販や眼科で処方される目薬を使用しましょう。目薬の点しすぎは逆に良くないので、一日の使用回数は正しく守りましょう。「ティアーレ」や「ソフトサンティア」という目薬が有名です。

太陽の光を浴びる

眼球自体が前方に伸びてピントの焦点が合わなくなり、視力の低下を招くこともあります。太陽光に含まれるバイオレットライトを浴びる事によって、網膜にあるEGRIという遺伝子が眼球が前方に伸びるのを防いでくれます。夕方の太陽光でも十分効果はありますが、太陽光を直接見るのは網膜に悪影響を及ぼすので絶対に止めましょう。

まとめ

視力低下の遺伝的要因は確かに強いですが、生活環境の影響も同じくらいあります。後天的なものは変えていくことが出来るので、大変ではありますが意識していきたいですね。

一度視力が下がると元に戻すのは容易ではありませんから、普段から視力が下がりにくい環境を気にかけていきましょう。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-目の悩み

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。