卒園・卒業

卒園式で母親の服装は何色?ストッキングとアクセサリーは?

投稿日:

卒園式や卒業式はその課程を修了した時に行う厳粛な儀式です。親御さんも子どもと一緒に式に参加することがほとんどですが、その際には服装に気を付けたいですね。

オシャレをするという意識よりもその場に適切な服装を選ぶようにしましょう。父親の服装であればほぼスーツ一択ですが、母親となると選択肢がたくさんあって悩みますよね。

今回の記事では、

・卒園式で母親の服装は何色がいい?
・卒園式で母親の服装のストッキング
・卒園式で母親の服装のアクセサリーは何選ぶ?

についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

卒園式で母親の服装は何色がいい?

卒園式では黒や紺系の落ち着いた色を選ぶのがオススメです。卒園式は「修了の儀式」なので華やかな色よりも、締まった暗めの色の方が適切だと言えるでしょう。かといって全体的に真っ黒の物を選ぶと、今度は葬式を連想させるような重たい感じになってしまいます。それを考えると紺色がベストだと言えますね。もしも、もう少し明るい色を着たい場合が全体的にグレーの服装や、羽織る物でグレーや白などを選ぶのがいいでしょう。

僕の甥の公立幼稚園の卒園式では母親の服装は、過半数以上が紺のスーツかアンサンブルで残りが黒系の服装でした。そして白系や着物が少数といった感じでした。ですから紺を選べばまず周りの目を気にしたり、浮いてしまうといったことは無いと言えるでしょう。

服装の色が紺と決まれば全体的にどんなスタイルを選ぶかですが、先ほど述べたスーツやアンサンブルがやはりいいでしょう。スーツはパンツスタイルでもいいですし、派手で無ければワンピースを選ぶのもいいですね。靴は黒系の物を選んで統一感を出し、ヒールが高すぎる物は避けた方がいいでしょう。

あくまで主役は卒園する子どもなので目立ち過ぎないように意識しておきましょう。因みに入園式や入学式では「お祝い」の意味合いもあるので、白やピンクなどの明るい色を選ぶ人が多いので合わせて覚えておきましょう。

スポンサーリンク

卒園式で母親の服装のストッキング

卒園式で履くストッキングは肌色系がベストです。服装が全体的に暗めの色なので黒系のストッキングを履くと重たい印象になりますし、この場合も見る人によっては喪服のような印象を与えてしまうかもしれません。黒のストッキングを卒園式で履くのはマナー違反というわけではありませんが、できれば避けた方がいいでしょう。

もしも、足を怪我していたりアザがあるので肌色のストッキングは避けたいという場合は、ストッキングを2枚履きにしたり、肌色のガーゼや包帯を使用すると目立たなくなりますので是非参考にしてみて下さい。勿論ストッキングが伝線していないかの確認も忘れないようにしましょう。

卒園式で母親の服装のアクセサリーは何選ぶ?

紺系の服装を選ぶと真っ黒では無いにしてもやはり少し暗いイメージになってしまいますね。そこで活躍するのがアクセサリーなどの小物です。特に女性の場合はネックレスとコサージュは欲しいところですね。卒園式のような特別な行事での定番ネックレスはやはり真珠です。高い物でなくてもいいので1つ持っておくと様々な場面で活躍しますから、この機会に手に入れておくのもいいでしょう。

真珠のネックレスの長さは短すぎず、長すぎずがベストです。装着した時に鎖骨を超えるくらいの長さが色んな服装で使用しやすいですね。また、真珠の粒が大きい物は少しいやらしさが出てきてしまうので、大きくても1.5cmくらいまでの物にした方がいいでしょう。

コサージュは紺系の服装なら華やかさを抑えたグレーの物を選んだり、少し春っぽさを出すために白やピンクなどがいいでしょう。夫婦で卒園式に参加する場合に夫のネクタイやチーフと、妻のコサージュの色を同じにしてみるのもオススメです。

女性の必須アイテムである鞄についても黒を選ぶのが無難で、普段使いのような大きな鞄でなければOKです。卒園式などの行事ではあからさまなブランド物や派手な物を選ぶのは避けましょう。鞄に関しては葬式などで使うようなフォーマルの物で問題ありませんよ。また、黒以外の色を使用したい場合は、白やグレー程度の物であれば服装にも馴染みやすいでしょう。

まとめ

卒園式では紺色の服装が王道で、スーツやアンサンブルのスタイルを選べばまず間違いないでしょう。ストッキングは肌色を選び、着用前に必ず伝線していないかチェックしておきましょう。

アクセサリーは真珠のネックレスやコサージュがあると、全体的に少し重たい印象を変えられるので是非取り入れてみて下さい。お子さんの良い卒園式を迎えられることをお祈りしております。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-卒園・卒業

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。