風邪

風邪の予防と対策 引きはじめの症状と早期の対策をご紹介

投稿日:

風邪は引き始めると厄介で、発熱、頭痛、鼻水、喉や節々の痛みなど様々な症状が現れてきますよね。そうなると特に学校や仕事など休みたいけど休めない人にとって非常に辛い状況になってきます。一度風邪をこじらせてしまうと個人差はあるものの、完治するまで時間がかかってしまいます。それを考えると風邪を引かないための予防や対策がいかに大切であるかが分かりますね。

今回の記事では、

・風邪の予防と対策
・風邪の引きはじめの症状
・風邪の引きはじめ対策

についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

風邪の予防と対策

手洗い

外出先から自宅に帰ったり食事の前には必ず手洗いを行いましょう。外出しない時でも他人の手に触れた物にあなたも触れる場合もこまめに手洗いしましょう。手洗いは石鹸を使用して30秒ほどかけてしっかり洗います。特に手の甲、指の付け根や指の間、爪の間や手首も忘れないように隅々まで洗うことを意識したいですね。

風邪などの細菌が手に付着している状態で目や鼻、口などに触れてしまうとウィルスを体内に取り込んでしまうので、清潔ではない手で触らないように意識しましょう。

うがい

手洗い同様に昔から使用されている風邪の予防方法です。基本的に手洗いとうがいはセットで行うと覚えておきましょう。<帰宅した時だけではなく、食事前や定期的に行うといいですね。手洗い同様にうがいも単純な作業ですが予防効果は大きいです。緑茶でのうがいが特に効果的だと言われています。

アルコール消毒をする

アルコールは高い殺菌能力があります。特に自分の手や多くの人が触れるドアの取っ手などにアルコールを吹きかけて、清潔なタオルなどで拭き取るようにするといいでしょう。また、あなた本人しか触れていないような携帯電話やスマートフォンも細菌の宝庫です。定期的にアルコールで濡らしたティッシュなどで拭いて清潔に保ちましょう。

乾燥を防ぐ

風邪などのウィルスは乾燥していると行動が活発になり繁殖しやすくなります。逆に湿っている環境下ではウィルスは弱まります。夏場や冬場の室内は特に乾燥しやすいので湿度計を設置して加湿器や、場合によっては除湿器で湿度調整を行いましょう。

湿度は可能な限り40%から50%はキープしておきたいですね。

マスクを着用する

風邪を引いたらマスクをするのは周りに菌をばら撒かないために大切ですが、風邪を引く前にマスクをして予防しておくことも大切です。街中で風邪を引いていてもマスクをしていない人は当然いますので、自己防衛のためにできるだけマスクをしましょう。

マスクをしているとウィルスの体内への侵入を防ぐだけではなく、自分の吐く息の蒸気で鼻や喉の乾燥を防ぐ効果もありますのでオススメです。可能な限り毎日清潔な新しいマスクに取り換えましょう。

病人と同室に居ないようにする

仕事や学校などやむを得ない場合以外、できるだけ風邪を引いている人の傍に居ないようにしましょう。咳やくしゃみをすると想像以上に菌が散布しますし、手に触れる物にも当然ウィルスが付着します。

あからさまに同室にいることを拒絶するのは相手によっては失礼になりますが、上の項目の手洗いうがい、可能ならマスクもしておくのが良いでしょう。

スポンサーリンク

風邪の引き始めの症状

どれだけ予防をしていても風邪を引いてしまう場合もあるでしょう。そんな時は風邪の引き始めの症状に一早く気付き、風邪を治すことに徹底すれば悪化する前に早く風邪を治すことができます。

「風邪」とは上気道の急性炎症の総称です。つまり、鼻や口などの気管周辺で起こる炎症のことを指します。では風邪の引き始めの症状のサインはどんな物があるのか見てみましょう。

くしゃみ・鼻水・鼻づまり

基本的に人間は鼻呼吸をするため鼻からウィルスが侵入しやすいです。くしゃみ・鼻水・鼻づまりの症状が現れ始めるとそれは風邪の引き始めかもしれません。

疲れが溜まり身体が休まっていないとウィルスの侵入を阻止しにくくなります。また、鼻毛を定期的にカットしている人はウィルスが鼻の粘膜に付着しやすくなっていしまうので、切り過ぎには気を付けましょう。

のどの痛み・咳・たん

鼻と喉は繋がっているため鼻の症状と平行して発症しやすいです。また、飲食する際も口からウィルスが侵入する可能性は高いです。

のどの痛み・咳・たんが出るようになったら風邪の合図かもしれません。特にタバコを吸う人はタバコの煙が100%乾燥した空気なので、ウィルスが気管周辺で繁殖しやすくなります。

発熱・寒気・頭痛

喉周辺や顔が火照った感じがある場合、ウィルスに反応して体温が上がっている可能性があります。また、それに合わせて身体全体に寒気が表れる場合もあります。頭痛の症状がある時も同様にウィルスが比較的身体の深部まで到達している可能性が考えられます。

身体のだるさ・節々の痛み

上記の症状がなくても何となく身体のだるさを感じたり、首や肩、腰などが痛み出したら風邪の症状かもしれません。ただ単に疲れているだけの場合もありますが、それらを感じ始めたら風邪かもしれないと認識しておきましょう。

風邪の引きはじめ対策

風邪を引き始めた時に一早く治すための基本は以下の4つです。

十分な栄養

風邪の時には身体に十分な栄養を与えて、ウィルスに対抗する力を付けることが大切です。風邪の時にはタンパク質、亜鉛、ビタミンAやビタミンCをしっかり摂りたいですね。

「風邪の時にはビタミンC」とよく聞きますが、実はビタミンCは汗や尿から排出されやすく、ほとんど吸収できません。特に空腹時にビタミンCを摂ると吸収が悪くなるので、食後にビタミンCを摂るようにしましょう。

また、十分な栄養が大切であると述べましたが、食欲が無い、お腹が痛い、下痢気味などの場合は無理に食事は摂らない方がいいです。それらの症状は胃腸が弱っている身体からの合図なので、無理に食べると消化不良を起こして風邪の治りも悪くなります。風邪の時には食べ物の消化にかなりのエネルギーを使うので、その分ウィルスと戦う抵抗力が弱まってしまう点には注意が必要です。

身体を温める

厚着をしたり、お風呂に入って体温を上げましょう。体温が1度上がるだけで免疫力が数倍に上がります。風邪などのウィルスは熱にとても弱いので身体を冷やさないようにしましょう。

よく発熱するとおでこを冷やしたり、氷枕を使用したりしますが実はあまり良くありません。一時的に熱が下って症状が緩和するかもしれませんが、風邪が治ったわけではないんですね。少し辛いですが自然に熱が下がるのを待った方が風邪の治りは早いと言えます。

風邪の時に入浴する場合は無理に入る必要はありませんが、風呂上りにはしっかりと水分補給をして湯冷めする前に床に就きましょう。

十分な睡眠

当然ですが人間は睡眠時が一番身体が休まります。寝ている間は最小限のエネルギーしか使わないので、風邪のウィルスを排除しようとする力が高まります。

生活スタイルによって睡眠に時間を割けない場合もありますが、出来るだけ7時間は寝れるようにしたいですね。

老廃物を出す

風邪の時の排出物にはウィルスを含んでいますので、うがいをしたり、鼻水、たん、汗、排尿、排便など出せる物は全て体外に出しましょう。

また、風邪を引き始めた場合も最初の項目で述べた「風邪の予防と対策」の内容はしっかりと行うようにしましょう。

まとめ

風邪を引いてしまうと治すのも大変で生活にも支障が出てしまうので、予防が一番大切であることは言うまでもありませんね。ただ完璧な予防は難しく、風邪を引いてしまうことも当然あります。そんな時はあなた自身の身体に現れた風邪の症状に一早く気付き、身体を労わることが重要です。

予防や対処法は当たり前で簡単なことですが、これらを全て実行するのは意外と難しいです。出来る事を1つでも増やして意識的に行い、風邪とは無縁の生活を心掛けていきたいですね。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-風邪

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。