入園・入学

姪や甥の入園祝いは必要?金額とプレゼントなら何を選ぶ?

投稿日:

4月と言えば入園や入学の時期ですが、それに当たって入園祝いや入学祝いを贈ることも多いですよね。孫に対してお祝いする人はかなり多いようですが、姪や甥の場合もお祝いするべきなのかな?と悩んでいませんか。また、お祝いをする金額の相場や現金ではなく物としてのプレゼントを選ぶなら何が良いのかについても見てみましょう。

今回の記事では、

・姪や甥の入園祝いは必要?
・姪や甥の入園祝いの金額
・姪や甥の入園祝いのプレゼント

についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

姪や甥の入園祝いは必要?

姪や甥に対して入園祝いを必ず渡さなくてはいけないといった決まりは当然ありません。確かに保育園や幼稚園の入園の際、姪や甥にも入園祝いを贈る人はたくさんいます。ただ、それでも「周りの友人や知人は姪や甥に内祝いをあげているから自分もあげないと」といった考えを無理して持つ必要はありません。

その理由は入園祝いなどの内祝いは「気持ち」として渡す物であって、「渡さなければいけない」という物ではないからです。つまり入園祝いや入学祝いは義務的な物ではないということを今一度認識しておきましょう。

入園祝いを渡すか渡さないかと悩む一番の理由は、経済的な問題が大きいからという方も多いでしょう。ご自身の収入的に厳しい、自分の子どもが入園する際に入園祝いをたくさん貰ってしまったので、いざ自分がお祝いする側になると気が重いなど様々でしょう。

こういった場合は何も無理してお祝いをする必要はありません。もしもお祝いをする場合でもあなた自身にとって、大きな負担にならない程度のお祝いで十分です。

因みに僕の場合は姪や甥には入園祝いは渡していません。その理由は当時僕はまだ学生であり、まともな収入も無かったからです。社会人になってからは「入学祝い」はあげましたが、別の姪や甥にも「入園祝い」は渡しませんでした。これには平等にする意味合いや入園よりも入学の方がお祝いに相応しい行事だと感じたからです。

姪や甥の入園祝いの金額

姪や甥に対しての入園祝いの金額は3,000円から10,000円程度で選ぶ人が多いです。因みに対象が孫になると5,000円から10,000円以上と、やや金額も上がっていく傾向があります。ただ、これらもこの金額内でといったルールや決まりがあるわけではありません。ですから入園祝いの金額もあなたご自身の「無理のない気持ち程度」の金額を選びましょう。

僕は姪の小学校の入学の際は5,000円をお祝いとして渡しました。前項目で述べたように僕は入園祝いはあげていませんが、もしもあげていたなら保育園や幼稚園で3,000円、小学校で5,000円、中学・高校・大学のお祝いで10,000円といった設定にしますね。個人的にお祝いできる上限は僕の中では10,000円が限界かなと感じています。

スポンサーリンク

姪や甥の入園祝いのプレゼント

姪や甥の入園祝いをあげる際は何も現金である必要はありません。特に保育園や幼稚園の入園の頃は必要な物も多いですよね。消耗品もたくさんあっても困らないでしょうし、子どもの身体の成長スピードも早いので身に付ける物も貰った両親からすると嬉しい物です。

特に入園後の保育園や幼稚園でも使用できるものだと更に便利ですね。例えば箸や弁当箱、水筒、ハンカチやタオル、文房具などはほぼ必需品ですよね。またウィットティッシュや名札シールなどの消耗品も使う機会が多いですからきっと喜ばれますよ。

キャラクター物を選ぶ場合は姪や甥の好きなキャラクターを事前にリサーチして聞いておきましょう。ただ、厳しい方針のある保育園や幼稚園ではキャラクターが描かれている物(アンパンマンやドラえもん・・・等)の使用を禁止している園もありますから、その場合は自宅等で使用することになります。

そういった園でのキャラクター物の使用が禁止されている理由は、キャラクターで子どもの注意を引くことを避けるためです。つまりキャラクター物以外に対して子どもが興味を示さなくなる可能性があるため、キャラクター物は使わないようにしましょうという考えなんですね。賛否両論ですがよく考えられている方針でもあると感じます。

まとめ

入園祝いは必ずする必要はありませんので「お祝いしてあげたい」という気持ちと経済的なことを良く考えて無理のない範囲で行いましょう。

金額に関しても他人がいくら渡しているのかは1つの参考程度に考えておきましょう。現金以外に物としてのチョイスもお祝いとしてもちろんOKですし、余裕があれば現金と物をプラスして渡すのもいいでしょう。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-入園・入学

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。