入園・入学

入学祝いのお返しは必要?相場についてとお礼状はどうする?

更新日:

4月と言えば入学シーズンですね。お子さんの入園、入学に当たって親戚から入園祝いや入学祝いを貰うこともあるでしょう。そんな時「お返しをしなきゃ。お返しは何にしよう?」とまず最初に考えていませんか?果たして入学祝いのお返しは本当に必要なのでしょうか。またお返しする場合の相場やお礼状についても気になる項目ですよね。

今回の記事では、

・入学祝いのお返しは必要?
・入学祝いのお返しの相場
・入学祝いのお返しのお礼状

についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

入学祝いのお返しは必要?

一般的に入学祝いのお返しは必要ありません。また、お返しだけでなく内祝い自体も本来する必要は無いものとされています。つまり入学祝いもそのお返しも義務ではなくて「お祝いをあげたい」、「お祝いのお返しをしたい」という「気持ちの現れである」と言えます。

ただ、お祝いを貰ったらお返しをしなくてはいけないという考えは、日本人の相手を思う心理の1つなので自然なことです。ですからあなたがお祝いを貰った感謝の気持ちを、「お返しとして表現したい」と心から思える場合にお返しをするといいでしょう。

また、こういったやり取りを一切行わないようにしているご家庭もあります。特にお返しに関してはお返しし出すと入学祝いだけでなく、お中元やお歳暮などでもお返しをしなければいけない状況になってきます。そうなってくると今度は経済的負担も大きくなってきますよね。

そうならないためにも一度、親族の間で「お返しはしない」などのルールを決めるため、話し合ってみるのもいいでしょう。その場合、お祝いをくれた相手の血縁関係に当たる人がその話を切り出せば、比較的話を進めやすくなるでしょう。

お返しをし出すとキリがなく、事あるごとにお返しをする必要が出てくる点は認識しておきましょう。

入学祝いのお返しの相場

入学祝いのお返しの相場は3,000円から5,000円の割合が多いです。この金額帯を選ぶ人が多い理由は、「お返しは相手から貰った金額の3分の1から半額程度」というのが一般的思考だからです。入学祝いとして貰う金額で多いのがキリの良い1万円が多いですね。その1万円の約3分の1の金額が3,000円、半額が5,000円となります。

お返しの金額はもっと低くても問題無いのですが、逆に高すぎる金額でお返しするのは相手に対して失礼になります。これは感謝の気持ちのお返しというよりも、「貰った入学祝いは必要無いのでお返しします」という意味合いに変わってきます。もちろん現金でお返しするのも当然NGですね。

また、入学祝いのお返しとしてではなく普段からの感謝の気持ちとしてお住いの地方の名物やお菓子、何処か旅行に行った際のお土産程度を相手に贈る方法もありです。こうすれば実質入学祝いのお返しという形に捉われず、他でのお返しも兼ねて相手に感謝の気持ちを伝えることができますので一度検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

入学祝いのお返しのお礼状

入学祝いのお返しをしないとしてもお礼状は送るべきです。正確に言うと入学祝いを貰った子ども本人が、相手にお礼の言葉を伝える必要があるということです。

小学生以下などで子どもが文章を書けないならお礼状は親が書き、子どもには「おいわいありがとう」などの簡単なメッセージカードを書かせたり、入学式の写真を同封するといいでしょう。子どもが既にしっかりとした文章を書けるのであれば、子どもにお礼状を書かせるようにするといいでしょう。

お礼状は書くべきだと上記で述べましたが、もしも入学祝いを貰ったその場に子どもが居合わせていたなら、その場で口頭でお礼を言わせるだけでもいいでしょう。また、お礼状ではなくて簡単に電話でお礼を伝える方法も良いのではないでしょう。

ただ、相手によってはお礼の伝え方による感じ方は様々です。ですから心配であればどんな状況で入学祝いを受け取ったとしても、お礼状は書いておいた方が無難であるとも言えますね。

まとめ

入学祝いのお返しをする人は実際多いですが、必ずしもお返しをしなければいけないというルールは何処にも存在しません。ですからお返しに関しては親族やご家庭でよく話し合って決めるのがベストではないでしょうか。

お返しの相場は「良い物」よりも「気持ち程度」で考えましょう。また、お礼状は書いた方が無難ではありますが、書かない場合は口頭で子どもにお礼を言わせるだけでも最低限しておきましょう。

おすすめ記事とスポンサーリンク

-入園・入学

Copyright© Enjoy Quest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。